ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU

すっげー、めちゃめちゃ強ぇじゃねぇかガイキング
ようこそ大空魔竜
君は、あの時俺を助けてくれた…。君達の事がずっと知りたかったんだ。ガイキングってなんなんだ?それに、街を襲ったあの怪物は一体?
それを知ったら後戻りは出来ませんよ
あぁ、それでもいい。俺は全てを知りたい!
ガイキング、『オレが選ばれた戦士!?』心の炎が燃え上がるぜ!

大空魔竜が敵に襲われています。急いで、ダイヤ君!
任せとけ!…ん?何?ドックが塞がれた。これじゃガイキングが出撃できない
あと十秒で爆発です!
父さんは必ず生きている。救いに行くと心に決めたんだ
ガイキング、『旅立ち…さらば母さん!』心の炎が燃え上がるぜ!

これからいよいよ、ダリウス界へ向かうわよ、ダイヤ君
異世界への扉、デスクロスポイント。この先に俺の未来が待ってるんだ
ちょっときついけど、我慢できるよね?
な~に、大丈夫…って、うぅ…。あぁ、それに変な影が近づいてくるぜ!
こんな時に敵が
ガイキング、『行くぜ! ダリウス突入作戦』心の炎が燃え上がるぜ!

これがダリウスの町か。あ?この手配書って、リチャードさんじゃねぇか?
馬っ鹿!大声出すな!って、まずい。変装がばれた
ダリウス軍が町を破壊してる。何て奴らだ、許せねぇ!
その前にここを何とか脱出しねぇとな。これじゃ袋のネズミだ
ガイキング、『おれたち悪者!?』心の炎が燃え上がるぜ!

ダイヤ、そろそろあなたの仕事を増やすわよ
え?ガイキングのパイロットだけじゃないの?
どのセクションも人手不足なのよ。思う存分大空魔竜を駆け巡ってもらいます
働かざる者食うべからず。腹くくってやるしかないか
大変、機械室のチューブが破損したわ
それってガイキングが発進できないって事?
ガイキング、『どうする!? 出撃不能!!』心の炎が燃え上がるぜ!

海だ!ビーチだ!そしてギラギラの太陽!もう泳ぐっきゃないっしょ!
ダイヤ君、あくまで資材調達なんですから、あんまりはしゃぎ過ぎないようにね
堅い事言いっこ無しだぜ、ルル
炎が迫ってくる。あれはレンテス。ガイキングと同じ炎の巨人です
炎の巨人?確かに似てる
ガイキング、『激突! 誇り高き決闘』心の炎が燃え上がるぜ!

ほっんとにダイヤの奴むかつく~。このペルプでも喰らいやがれー!
か、体が…って、こんな時に敵!しかもなんて速さだ
いいか、お前の持つ炎の力と、ピュリアの操縦テクニックが一つになった時、ガイキングは無敵の空の王者となる
ガイキング、『史上最小の強敵』心の炎が燃え上がるぜ!

リーさんは昔、ガイキングに乗ってたんだって?
ダイヤ、人には知られたくない事があるんだ
亀の形をした魔獣。何てでかい奴なんだ
け、結局俺はこいつに勝つ事は出来ないのか?
リーさん、諦めるな。諦めたら終わっちまう
ガイキング、『明日に向かって撃て!』心の炎が燃え上がるぜ!

ルルが戦場に?って、冗談だろキャプテン?
いいえ、この任務は私にしか出来ない事。だから心配しないで
わかったよ。だけど俺も行く。ルルは俺が守る
ありがとう、ダイヤ君。黒い炎が来る、怖い…。いやぁーー!
どうしたルル!?大丈夫か!?
ガイキング、『ルルの危機! 海底の恐怖!!』心の炎が燃え上がるぜ!

さぁ、始めようか、赤き炎の戦士よ
強い。何てパワーだ
ダイヤ、そいつはダリウスの北の将軍、ノーザだ。お前が相手をするにはまだ早すぎる
でもキャプテン、決闘を申し込まれた以上、俺は逃げない!
ほぅ、少しは骨があるようだな。俺をもっと楽しませてくれ
ガイキング、『激震!! 将軍ノーザ襲来!』心の炎が燃え上がるぜ!

デスクロスポイントが完成してしまう!
…っ!ノーザの力は圧倒的だ。何とか力の差を埋めなければ
無茶しないでダイヤ君
俺の全てを懸けて、あいつを倒す!あの能力を使ってでも
約束破っちゃやだよ。絶対使わないって約束したよね?
ごめんルル…。でも俺はみんなを守りたい!
ガイキング、『命がけ!? 禁断の逆転技』心の炎が燃え上がるぜ!

お願いダイヤ君、もうあんな無茶な戦い方はやめて
駄目だよルル。俺は家族を、父さんを守るため、何度だって戦う
お父さん?
あぁそうさ。キャプテンは俺を守るために自分を犠牲にしてくれた。きっとキャプテンは俺の父さんだ。今度は俺が父さんを助ける!
ガイキング、『衝撃! キャプテンは父さん!?』心の炎が燃え上がるぜ!

副長とキャプテンの出会いは遊園地だったのね、ロマンチック~
でもルル、副長は何で大空魔竜に乗る事にしたんだ?
きっとキャプテンのマスクがかっこよかったのよ
そうかな~?…あ、ガイキングの修理中に敵が。こんな時に
こんな事もあろうかと、遊園地で考えついた新システムよ
ガイキング、『遊園地バトル! ローサの休日』心の炎が燃え上がるぜ!

ジャンっていう冒険家が、漁師の村で地上人を見たって
地上人?父さんかもしれない
待ってダイヤ君、ダリウス軍が山ごと町を爆破しようとしている
もしあの中に父さんがいたら…。俺行ってくる
ダイヤ君、あと二分しかないよ。それにあのジャンって人、何か怪しい
父さぁぁーーーーん!
ガイキング、『危険な逃亡者!! 父さんの手がかり!』心の炎が燃え上がるぜ!

リーさんが敵の採掘場で行方不明になったって?
民間人がどうしてここにいる?それに何故私を助けた?
怪我してたしな。それに、あんたみたいな綺麗なお嬢さん見捨てていけねぇって
軽薄な…。しかし何故味方のドロイド兵が私を襲うのだ?
落ち着けって。ここを脱出するのが第一っしょ
ガイキング、『包囲網突破! リーと女豹!』心の炎が燃え上がるぜ!

これは大きな賭けになるな。大空魔竜の戦力に、切り札をもう一枚プラスしようと思う
もしかしてあの人を呼ぶつもりですか?私は反対です
キャプテン、ルルがだいぶ嫌がってるけど、あの人って誰なの?
大空魔竜44番目のクルー、死神と呼ばれた男だ
俺の知らないクルーが…
ガイキング、『敵か味方か!? 危険な新戦力!』心の炎が燃え上がるぜ!

ディック、あなたは本当に味方なの?それとも敵なの?
退屈な地上では味わえない興奮を楽しむ。それだけの事さ
恐ろしい大きな黒い炎が近づいてくる。ダリウスに何かが起こっている
見よ、今戦いの歴史が変わる
あ!ガイキングが!このままじゃダイヤ君が死んじゃう!
ガイキング、『超兵器! ダリウスの切り札』心の炎が燃え上がるぜ!

みなさん、明日はガイキング最後の日になります。楽しみにしてて下さい
ディック、お前が始めから一緒に戦っていれば!
ふっ、俺は警告したはずだ。お前達がそれを無視したんじゃないか
ダイヤ君の炎がほんの僅かしか感じられない
このままじゃダイヤが死んじまう!
ガイキング、『新皇帝の罠! ガイキング処刑!!』心の炎が燃え上がるぜ!

無人島に、ウィンダリウムという鉱石が隠されている。それを探し出してきてもらう
この変てこマシーンで?
特訓を兼ねてレース形式にする。一位には豪華な商品を進呈しよう
ダイヤ君、ダリウス軍も鉱石を狙って動き出したみたい
何だって?鉱石と商品は俺の物だ。誰にも渡さないぜ!
ガイキング、『ミニミニマシン! 秘宝争奪猛レース!!』心の炎が燃え上がるぜ!

ダイヤ君、ダイヤ君。占ってあげるね
ルル、随分張り切ってるな
ダイヤ、気をつけろ。ルルの占いは外れない
そんなこたねぇだろ、占いだぜ
大空魔竜とガイキングが大変な事になっちゃうかも
何!?
あ、大空魔竜に向かって巨大な何かが落ちて来る!
本当に大変だ!
ガイキング、『占い的中100%!? ズバリ言うルル!!』心の炎が燃え上がるぜ!

ガイキングが敵に奪われたって!
コクピットにはダイヤ君の他に三人
まさかあいつら…。後でとっちめてやる!
戻ってきた。無事だったのね。でも、何かおかしい
どうしたんだダイヤ?ガイキングが大空魔竜を攻撃するなんて。それにあいつら一体どこにいるんだ?…いた、敵戦艦の中だ
ガイキング、『燃えろ3バカ!! 奪われたガイキング!!』心の炎が燃え上がるぜ!

サコン先生
逃げ出すなんて、そんなに私が迷惑かい?
俺、声だけしか知らないから探しようがないよ。せめて顔がわかれば
静君、君の気持ちはありがたいのですが…
大空魔竜に敵反応。暗殺部隊のようです
お願いだよ先生、返事してくれ。あんたの命が危ないんだ
ガイキング、『サコン脱走!? 静(シズカ)に迫る暗殺部隊!!』心の炎が燃え上がるぜ!

大空魔竜のクルーから、アイドルを発掘する。みんな一人ずつ候補者を出すんだ
キャプテン、今はそんな事してる場合じゃないだろ
聞けダイヤ。戦場においてアイドルの存在は、戦士の癒しとなる。戦力のみが戦いの基本ではない
わかったよキャプテン。俺のアイドルを決めるぜ!
ガイキング、『戦場を駆けるピンクのカバ!! アイドルは誰だ?』心の炎が燃え上がるぜ!

アイドルを目指す情熱が、激しく渦巻く大空魔竜
今の私に迷いはない。アイドルは私よ!
私も負けてらんないね。絶対に勝つ!
あの二人、すっげぇ気合いだ。さすが年季が違うぜ
でも本当に本当にアイドルになるのは…
ふっ、この俺だ
えー!?
ガイキング、『地獄に堕ちたクルーども! アイドルは君だ!!』心の炎が燃え上がるぜ!

何だ、あの機体は?凄いパワーだ
まさか、蘇るなどと…
キャプテン、説明してくれ。何で大空魔竜に似てるんだ?
そんなはずはない。敵があれを起動させる事は不可能だ
ふっふふ、見せて差し上げますわ。かつて帝都を震撼させた、暗黒の使者の勇姿を
ガイキング、『悪夢の序曲! よみがえる大地魔竜!!』心の炎が燃え上がるぜ!

大変だ、ルルがプロイストに捕まった
何だと!?ルルをどうするつもりだ?
敵から通信が来ています。天空島に来いと
天空島…。あれが狙いか
キャプテン、俺も行くよ
いや、一人で行く。これは私がやらなければならないのだ
ガイキング、『暴かれた黒い過去! ガリス哀しみの仮面!!』心の炎が燃え上がるぜ!

あっはっはっは。哀れなガリス
ルル!どうして君が?
あら?教えて差し上げましょうか?忌々しい裏切り者と、呪われた小娘の物語
うるさい!
まぁいいでしょう。クライマックスはこの最強の悪魔で、あなた達を滅ぼしてあげますわ
ガイキング、『罪と罰と呪いの子! 愛憎の天空魔竜!!』
心の炎が燃え上がりますわ
わ!

「魔獣が不要?そんな、不要?ふざけるな。教えてやる、誰が最も優れた者かを
 大地魔竜よ僕に従え、バルキングよ、邪魔者を粉砕しろ
 この手に勝利を、栄光を。全ては僕の物だ。みんな跪けー!」
ガイキング、『食らえ必殺のフルコース! 最後に笑うサスページ!!』心の炎が燃え上がるぜ!

お父さんの思い、私が受け継ぐ!
あら、可愛らしいキャプテンだこと。大地魔竜、天空魔竜、出撃なさい!ガリスのいない大空魔竜などクズ同然ですわ
それはどうかな?油断してると痛い目にあうぜ!
私にはクルーのみんながいる。決戦です!大空魔竜、出撃!
ガイキング、『二代目は13歳! 総力戦だぜキャプテン・ルル!!』
心の炎が燃え上がるわ!
え…?

お前らはこの最悪の兵器で、惨めに焼き尽くされるんだ。圧倒的な力の差を嘆きやがれ!
強い奴が勝つんじゃない、胸の炎を最後まで絶やさなかった奴が勝つんだ。こんなにみんなから火ぃつけられて、俺が燃えないわけにはいかないよなぁ!
ガイキング、『見よ! 讃えよ! ひざまづけ! 荒神(あらがみ)グレート降臨!!』心の炎が燃え上がるぜ!

「一体どうなっちまったんだ?デスクロスポイントに巻き込まれて…
 大空魔竜がいない、みんなもいない、ガイキングもこのまんまじゃろくに戦えない
 こんな時に敵が来たらやられちまう
 それにしても、この海…、あの空…
 あれ、誰かいる。あ、お前は…!」
ガイキング、『武器ナシ弾ナシ親友アリ! 二人ぼっちの地上戦!!』心の炎が燃え上がるぜ!

ダイヤ君、僕に何か出来る事あるかな?
ナオトは怪我しないように、安全な所にいてくれ、危ないからな
そうそう、戦いは私らに任せとけって、お坊ちゃん
…確かに凄い怖いけど。…でもみんな戦ってるし。僕だってダイヤ君の力になりたい
ガイキング、『さよなら純情! ちょい不良(ワル)ハートに火をつけろ!!』心の炎が燃え上がるぜ!

この町にだけは、もう戻らないと思っていたんだ
ディック、ここで一体何があったの?
ルル、そろそろ狭い鳥籠から出て、飛び立とう
急にどうしたの?ここに来てから何か変よ
聞いてくれ、君という天使に出会う前の俺と、悪魔のようなあの男の事を
ガイキング、『NEXのはらわた!! 狼の街に天使の接吻を…』心の炎が燃え上がるぜ!

さぁ、最終計画の始まりですわ。帝都よ、そして民よ、その悲鳴を私の理想のために捧げなさい!
きっと父さんはここにいる。俺は命を懸けて守るぜ!
はぁっ!ゴミが無駄なあがきをするんじゃねぇ!もう始まっちまったんだよ、破滅がよぅ!
ガイキング、『大虐殺! 大展開!! 神よ、帝都が沈む…』心の炎が燃え上がるぜ!

父さん、俺だよ!ダイヤだよ!やっと会えた…
待ってダイヤ君、ダリウス軍から奪ったデータに、お父さんは敵の協力者だって
嘘だ…。そんなはずはない!
うふふふふ。愛する者に裏切られる、それは耐え難い苦しみ
ガイキング、『再会・裏切りの父! こんなに愛してるのにぃぃッ!!』心の炎が燃え上がるぜ!

父さん、どうしてダリウスなんかに!?
私には、やるべき事がある
だからって!何で!?俺にはわかんないよ!
弱いな、ダイヤ。また負けるのか、あの時のように。お前は、自分がやるべき事をしろ。私には私の戦いがあるのだ。さぁ、お前の強さを見せてみろ
『息子よ』

プロイスト!人はなぁ、一人だけじゃ生きていけねぇんだ!自分以外を認めない奴に、俺達は負けない!
俺に父上を殺させておいて、何を言いやがる!引き裂いてやる、何もかも!
俺には大空魔竜のクルーが、地上の人々が、父さんがいる。その力を今感じるぜ!
ガイキング、『みんな、燃えろ』心の炎が燃え上がるぜ!

姉御が一番!
私がいないと、本当駄目だもんな
もう、怪我すんじゃねぇぞ
飯もいいもんだな
ありがとうございます
先生、ヘラ掃除
わかりましたよ、静君
ま、こんなもんっしょ
歌でも歌うか
やっと肩の荷が下りるわ
みんな、よくやった
出会いと別れがあったけど
大空魔竜に会えてよかった
ガイキング、『君の地球・君の未来』
さぁ、行こうぜ!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : ガイキング LOD 大空魔竜 田中真弓 進藤尚美 川上とも子 大川透 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)