キディ・グレイド

光と影、生と反
あらゆる事象に存在するもう一つの姿
二律は常に背反する
次回、キディ・グレイド『Tight/Bind』

完全なる自由などという物は存在しない
囚われの者が逃れた先は、違う形をした別の檻
次回、キディ・グレイド『Prisoner/Escort』

胸の鼓動が時を刻む
加速する事はあっても、止まる事はない
停止が意味する言葉は、死
次回、キディ・グレイド『High/Speed』

肉体の疲弊は束の間の安らぎを求める
けれど一時の休息は常に危険と背中合わせ
次回、キディ・グレイド『Day/Off』

鏡が映し出す虚像と実像
対となる右と左が逆転する時、光と影もその位置を変える
次回、キディ・グレイド『Twin/Star』

契約の日、乗り越えるべき壁が大きく立ちはだかる
飛び越すか、よけるか、それとも打ち破るか
次回、キディ・グレイド『Trial/Child』

人が扱うには大きすぎる力
反乱の時、人は渦巻く力にもてあそばれる
次回、キディ・グレイド『Forbidden/Instrument』

密かに忍び寄る、獲物の背後から優しい顔をして
気付いた時には、もう
次回、キディ・グレイド『Mirage/Snare』

忘却は罪、忘却は救い
二つの顔を持つヤヌスの女神
見せているのは、残酷な笑顔
次回、キディ・グレイド『Rebirth/Slave』

束縛からの解放
重い鎖から解き放たれる瞬間、厳格なる自由が襲いかかる
次回、キディ・グレイド『Set/Free』

どこかで誰かが生まれる時
どこかで誰かが死んでいる
決して止まる事はない
決して終わる事はない
次回、キディ・グレイド『Frozen/Life』

宿命という名の糸が繋ぐ、人と人
差し出された手は、握り合うのか?殴り合うのか?
次回、キディ・グレイド『Conflict/Destiny』

堅く冷たい鎧がその奥に隠している何かは
いつもとても柔らかく、そして熱い
次回、キディ・グレイド『Steel/Heart』

壊れる
守ってきた大事な物が失われる
全てが無に帰る時、自分自身も無に帰る
次回、キディ・グレイド『Break/Down』

失った物、捨て去った物
それらは路傍に点々と続く
あたかも、残された足跡のように
次回、キディ・グレイド『Look/Back』

新たな城に、新たな王
匂いを変えた風が吹き、水も流れる向きをたがえ、集う人の顔も変わる
次回、キディ・グレイド『Phantasm/Reborn』

笑い顔、泣き顔
様々な見えざる仮面に隠された素顔のその内側で、表情を歪めている
次回、キディ・グレイド『Unmasked/Face』

奪われても、塗り替えられても、心さえ手放さなければ傷はいつか癒える
取り戻す時は、今
次回、キディ・グレイド『Take/Revenge』

蘇る日々と、流れ始めた新たなる時
結びつかない不協和音が、今という瞬間を支配する
次回、キディ・グレイド『Lost/Days

扉が開く、二度と閉じる事のできない扉が
運命を握るのは、一本の鍵
次回、キディ・グレイド『Nouvlesse/Ark』

大いなる力を振るう者
人の目に映った姿は、神か?悪魔か?
だが、その心を知る者はいない
次回、キディ・グレイド『Demolition/Titan』

失われる
全ての始まりと全ての終わりが重なりあう時、あらゆる物が消え去っている
次回、キディ・グレイド『Annihilation/Zero』

一瞬の積み重なりが時の流れとなる
その一瞬に込められた人の心が、未来を形作る
キディ・グレイド最終話『As Time Goes By』
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : キディ・グレイド キディグレイド 永田亮子 平野綾 若本規夫 ひよひよ 志茂文彦 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)