機動戦士Vガンダム (あらすじ)

『白いモビルスーツ』
地球を汚染させてしまった人類が、宇宙に移民をして、それに十分馴染む時代となっていた
しかし人類は、この宇宙でも地球上と同じ様に戦争の歴史を繰り返していた
それは自らの愚かさを直して新しい環境に適応しようとする、人の本能がさせている事なのだろう
こんな人類でも、宇宙に暮らす事ができると信じなければ、人の歴史は、あまりにも悲しい

『マシンと会った日』
地球を汚染してしまった人類が宇宙に移民する時代になっても、地球上と同じ様に戦争の歴史を繰り返していた
それは新しい環境に適応しようとする、人の本能がさせている事だと思いたい

『ウッソの戦い』
地球を汚染してしまった人類は、宇宙に移民する時代になっても、地球上と同じように戦争の歴史を繰り返していた
それは、新しい環境に適応しようとする人の本能がさせている事だと思いたい

『戦いは誰のために』
地球を汚染させてしまった人類が、宇宙に移民をしてそれに十分馴染む時代となっていた
しかし人類は、この宇宙でも地球と同じように戦争の歴史を繰り返していた
それは自らの愚かさを直して、新しい環境に適応しようとする、人の本能がさせている事なのだろう
こんな人類でも、宇宙に暮らす事ができると信じなければ、人の歴史はあまりにも悲しい

『ゴッゾーラの反撃』
ウッソがクロノクルの攻撃をかわせたのも用心深かったからだ
地の利もあった
しかしこれからの大人達の戦争は、カサレリアで行われる物ではない
だからウッソが機械の戦いに巻き込まれていくのを、シャクティは心底恐れるのだった

『戦士のかがやき』
ウッソ・エヴィンは、敵の中にガリー・タンという大人を目撃してしまい、戦場という場所が人を狂わすのではないかと恐れた
そうではなく、人の執念が戦場を作り出すのではないかとも疑うのだ
しかし、ウッソは…

『ギロチンの音』
なし

『激闘! 波状攻撃』
地球を汚染してしまった人類が、宇宙に移民する時代になっても、地球上と同じように戦争の歴史を繰り返していた
それは、新しい環境に適応しようとする人の本能がさせている事だと思いたい
敵は叩ける時に叩かなければならない
しかしウッソには逃げて行く敵まで倒す事はできなかった
その事が原因ではないのだが、オイ・ニュング伯爵はギロチン台にかけられて、ウッソはいてはならない所にいる自分を見つけていた

『旅立ち』
自分の能力に自信もないウッソは、大人達の戦争の手伝いなどしたくはないのだ
しかしラゲーンの基地に入ったピピニーデンの攻撃で、マーベットが危機に陥れば、手伝ってしまうのがウッソなのだ
そうして強くなっていってしまう

『鮮烈! シュラク隊』
カサレリアに戻ったウッソは、カテジナがクロノクルを好きなんだと感じた
クロノクルもそうなのだ
しかしウッソ達のためにスパイになるつもりもあったカテジナには、カサレリアの温もりが嫉妬を感じさせるものだった

『シュラク隊の防壁』
モビルスーツを持ち出したウッソは、ラゲーンの監視に引っかかって危機に陥ってしまった
それを救ってくれたのは、オリファーの指揮するシュラク隊だった
ウッソは自分が兵器を持ち出した意味を思い知った

『ギロチンを粉砕せよ』
ベチエンの戦闘でシュラク隊のヘレンが戦死した
戦いの中で一瞬の強気が自らの命を絶つ事になったのだ
ウッソがそれを知ったのは、南に向かうコースに入ってからだった
ウッソは命の儚さに泣いた
ゴメスの輸送機部隊は西に向かおうにも、針路を塞がれていたのだった

『ジブラルタル空域』
なし

『ジブラルタル攻防』
ウッソ達がアーティ・ジブラルタルにいる頃、ザンスカール帝国の宇宙艦隊にリガ・ミリティアに力を貸す地球連邦軍の小さな部隊が攻撃を仕掛けていた

『スペースダスト』
お葬式が、ウッソに戦場という物を意識させる事になった
それでもシュラク隊やウッソは、宇宙に行くためのマスドライバーのレールを破壊する事なく戦おうとした
その中でケイト・ブッシュは、カテジナの乗ったシャトルを守るために散っていった
ウッソは、泣いた

『リーンホース浮上』
スペースダストからシャトルを守るために初めて宇宙空間に出て行ったウッソは、漂流中の敵パイロットと出会ってしまった
人は、理解し合えるという確信も、危険な敵かもしれないという恐れの中で揺れ動くのだった

『帝国の女王』
ハイランド
それは地球に電力を送っていた巨大な太陽電池で、現在は使われていない
ウッソ達は、このハイランドに暮らす家族達と合流していた

『宇宙艦隊戦』
なし

『シャクティを捜せ』
ハイランドを目指すリーンホースがベスパの艦艇に捕捉されたのを知って、ウッソとマーベットは救援に駆けつける事になった
ウッソはそこで初めて、宇宙の組織戦の恐ろしさを体験するのだった

『決戦前夜』
なし

『戦略衛星を叩け』
なし

『宇宙の虎』
なし

『ザンスカール潜入』
なし

『首都攻防』
なし

『敵艦と敵地へ』
なし

『マリアとウッソ』
リーンホースJr.と別々になってしまったウッソは、ザンスカール本国に帰る敵の宇宙艦隊に紛れ込んで港にまで入ってしまった
しかし無事であるわけがなく、ウッソは女王マリアを盾にするしかなかった

『宇宙を走る閃光』
ウッソはザンスカール帝国の女王からシャクティの説得を頼まれたが、それを断ったためにギロチンにかけられそうになった
オデロ達の力でギロチンから逃げ出す事ができても、新しい敵が立ち塞がるのだった

『大脱走』
ビッグキャノンによって、ザンスカール帝国の主力宇宙艦隊を叩いたリーンホースJr.も消耗していた
後退するにしても戦力も十分に無かったために、サイド2内の別のスペースコロニー・マケドニアへ退避する事にした
しかしマケドニアのスペースコロニーも、ザンスカール帝国の勢力の下にあった

『新しいスーツV2』
捕虜収容所で結婚式をあげたのも、監視兵を油断させるための作戦だった
そのマケドニアに空襲があったために、リーンホースJr.のクルーは脱出に成功した
しかしウッソはアインラッドを使うモビルスーツに捕まってしまった

『母のガンダム
ウッソは新しいガンダムを手に入れる事ができた
その機体の開発にあたって、母親のミューラも関係してると知って呆然とした
リガ・ミリティアの大人達が、それを内緒にしていたのかもしれないという事実は、辛い物だった

『モトラッド発進』
なし

『ドッゴーラ激進』
月面での戦闘でウッソの母親が捕らわれる一方、オリファー・イノエは、自らの機体を敵戦艦に激突させて散っていった
しかし地球に向かって発進したモトラッド宇宙艦隊を追うリーンホースJr.は、マーベットに悲しむ時を与える事はなかった

『海に住む人々』
なし

『巨大ローラー作戦』
なし

『母かシャクティか』
海中から現れたモトラッド艦隊は町と人を踏み潰しつつ、北上を開始した
地球を綺麗にする作戦だという
ウッソ達は核爆発を利用してまで、その足を止めようとした

『母よ大地にかえれ』
クロノクルの戦艦に潜入したウッソとオデロは、シャクティとウッソの母と出会いながらも、シャクティを連れ出すのがやっとだった
モトラッド艦隊は、より戦力を厚くして北米大陸を目指していた

『逆襲ツインラッド』
ウッソの母が死んだ事は残酷な事であった
しかし戦争は終わったと知らされた
戦いのない日は、人々にとって優しい事なのだったが

『北海を炎にそめて』
カサレリアに向かう途中、ヨーロッパを目の前にしてウッソ達ホワイトアークはモトラッド艦隊の一隻の攻撃を受けた
アインラッドを水上で使うドゥカー・イクとレンダの戦隊だった
ウッソ達は彼らを追い払う事に成功したが、彼らは次の戦いを用意していた

『光の翼の歌』
停戦協定を破ってホワイトアークを襲ったドゥカー・イクのモトラッド巡洋艦エムも、ウッソ達ガンダムチームの敵ではなかった
V2ガンダムは内に秘めた力を発揮し始めたようだった

『超高空攻撃の下』
カサレリアに向かうウッソ達に、ベスパの残党部隊が仕掛けて、自分の実力を知るウッソは苦戦した
V2の光の翼がなかったら、ウッソは大量殺人を犯すところだったと反省できるようになっていた
カサレリアは一夜の静けさを手に入れる事ができた

『父のつくった戦場』
カサレリアに聞こえた鈴の音は、超高空に舞う巨大なモビルスーツの物のように聞こえた
しかしそれはウッソ達を誘うように宇宙に消えて行った
ウッソは母の墓に別れを告げると、リーンホースJr.と共に宇宙に向かうのだった

『鮮血は光の渦に』
リガ・ミリティアの新しい旗艦になったジャンヌ・ダルクに、ウッソの父親ハンゲルグ・エヴィンがいた
ウッソは母の死を報告しながらも、父が変わってしまった事に動揺していた
しかしピピニーデンの宇宙艦隊が押し出して来た時、ウッソは父親の前で自分の成長した姿を見せ、父親の気をひこうとしていた

『戦場の彗星ファラ』
ウッソ達シュラク隊はピピニーデンの艦隊を叩く事に成功した
しかしウッソはルペ・シノの声を聞いて疲れた
そしてエンジェル・ハイロゥの空域に入ったリガ・ミリティアの艦隊は、鈴の音に包まれ、押し込められていた

『愛は光の果てに』
リーンホースJr.とジャンヌ・ダルクを中心としたリガ・ミリティア艦隊に力を貸す地球連邦軍も加わって、エンジェル・ハイロゥを潰す作戦が開始された
しかしそれを守るベスパの前衛に、ファラのザンネックがあった
ウッソのV2がそれを撃破しても、戦線が動く事はなかった

『幻覚に踊るウッソ』
ザンスカール帝国のカガチが建造するエンジェル・ハイロゥの空域に紛れ込んだホワイトアークは、女王マリアの近衛師団のモビルスーツと出会ってしまった
その二人のパイロットと戦わなければならなくなったウッソ達は、そこに大人達の愛の形を見てしまうのだった

『タシロ反乱』
完成したエンジェル・ハイロゥの運転が開始された
キールームに入ったマリア・ピァ・アーモニアとリングに眠るサイキッカー達の祈りは、人の心に直撃するようだった
ウッソは現実と幻覚の間で戦わざるを得なくなったが、オデロ達の力がウッソを助けた

『女達の戦場』
エンジェル・ハイロゥの防衛は、ムッターマ・ズガンの宇宙艦隊を中心に展開していた
リガ・ミリティアの艦隊がこれを突破できない間に、タシロ・ヴァゴはカガチに一人反乱を起こして、マリアをさらった

『消える命 咲く命』
エンジェル・ハイロゥを中心にした戦場は大きく広がっていた
その中でウッソは、ファラ・グリフォンの抵抗を突破する事ができた
しかしそれはマーベットが妊娠していたからだ
その事がこの戦場を大きく支配している事を、男達は知らなかった

『天使の輪の上で』
タシロとマリアの乗る戦艦に迫ったウッソは、マリアを巻き添えにしながらもタシロを討つ事ができた
その事がウッソを激しく後悔させる事になった
しかし戦場は、一人の少年パイロットの気持ちを思いやる事なく、決戦になだれこみつつあった

『憎しみが呼ぶ対決』
なし

『天使達の昇天』
なし
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 機動戦士Vガンダム Vガンダム ガンダム あらすじ カテジナさん ショタ 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)