機動戦士ガンダム (あらすじ)

ガンダム大地に立つ!!』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した
戦争は膠着状態に入り、八ヶ月余りが過ぎた

ガンダム破壊命令』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『敵の補給艦を叩け!』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『ルナツー脱出作戦』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『大気圏突入』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『ガルマ出撃す』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『コアファイター脱出せよ』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『戦場は荒野』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『翔べ! ガンダム
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『ガルマ 散る』
人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた
地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった
宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた
人々は自らの行為に恐怖した

『イセリナ、恋のあと』
宇宙世紀0079、宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた
この戦いでジオン公国と連邦は総人口の半分を死に至らしめた
人々はその自らの行為に恐怖した

『ジオンの脅威』
人類の全てを自らの独裁の手に収めようとするザビ家のジオン公国は、月の向こうに浮かぶ巨大な宇宙都市国家である
デギン・ザビ公王は、その実権を長男のギレン・ザビに譲り渡して開戦に踏み切った
万全の準備をして戦いを挑んできたジオン軍の前に地球連邦軍はなすすべもなかった
ジオンの攻撃を避けてサイド7を脱出したホワイトベースは、少年達の手によって地球へ降りたった
そして、ザビ家の末弟ガルマ・ザビを討ち取り、今、太平洋上にある

『再会、母よ…』
人類の全てを自らの独裁の手に収めようとするザビ家のジオン公国は、月の向こうに浮かぶ巨大な宇宙都市国家である
その独裁を撃破すべく地球連邦軍は、地球上で、宇宙で、執拗な抵抗を続けていた
一方、ジオンの宇宙巡洋艦の攻撃を逃れたホワイトベースは、宇宙都市サイド7を脱出して地球に降りたった
しかし連邦軍と連絡の取れぬまま、少年達は戦い続けなければならなかった
それは恐怖の連続であった

『時間よ、とまれ』
全ての人類を自らの独裁の手に収めようとするザビ家のジオン公国は、月の向こうに浮かぶ宇宙都市国家である
ザビ家の総帥ギレン・ザビは人類を己の前に跪かせるべく、地球連邦に戦いを挑んできた
ジオンの攻撃を避けて宇宙都市サイド7を脱出したホワイトベースは地球に降りたった
しかし、少年達には束の間の休息もなかった
ことに母との別れを背負ったアムロにとって、ただ疲れを重ねるだけの事であった

『ククルス・ドアンの島』
宇宙世紀0079、ルナ2と呼ばれる第二の月は、宇宙都市建設に使う鉱物資源を手に入れるために運ばれてきた小惑星である
その隣に七番目の宇宙都市サイド7が建設され始めて二年目、ジオン公国と地球連邦軍の戦争が始まった
この大戦で四つの宇宙都市の群れが消滅し、わずかサイド6のいくつかの宇宙都市が残るのみである
そしてジオン公国を名乗る宇宙都市の群れは、地球から最も遠い所にあった
そこの総帥ギレン・ザビは叫ぶ、地球連邦の軟弱を討てと
あたかも人類を救うのは彼のみであるかのように

『セイラ出撃』
宇宙世紀0079、地球の周りにはいくつもの宇宙都市が建設され、人々はそこを第二の故郷として暮らしていた
宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、人類を自らの独裁に収めんものと地球連邦に戦争を仕掛けてきた
ジオンの攻撃を避けて宇宙都市サイド7を脱出したホワイトベースは地球に降りたち、そして、今…

アムロ脱走』
「リュウさん、スタンバイOK」
「おう」
アムロ、ドッキングスタンバイ、いいか?」
「行きます、リュウさん。5、4、3、2、1」
「レーザーサーチャー同調。5、4、ガンダムBパーツ投下」
「コアチェンジ、ドッキングゴー」
少年達は訓練を続けながら中央アジアへと進んでいた
サイド7以来、終わる事のない戦いの日々が続く

『灼熱のアッザム・リーダー』
「リュウさん、スタンバイOK」
「おう」
アムロ、ドッキングスタンバイ、いいか?」
「行きます、リュウさん。5、4、3、2、1」
「レーザーサーチャー同調。5、4、ガンダムBパーツ投下」
「コアチェンジ、ドッキングゴー」
ホワイトベースを脱走したアムロには、こんな訓練をする事もないのかもしれぬ
一方、月にあるジオン公国の前進基地、グラナダから戦艦グワジンが発進した
ザビ家の長女、すなわちジオン軍宇宙攻撃軍総司令キシリア・ザビ少将の旗艦である
キシリアは、地球連邦軍にとってもジオン軍にとっても最も重要である資源の発掘にあたっている、マ・クベの下を訪れようとしていた
戦いはホワイトベースと関係なく進んでいた

『ランバ・ラル特攻!』
「リュウさん、スタンバイOK」
「おう」
アムロ、ドッキングスタンバイ、いいか?」
「行きます、リュウさん。5、4、3、2、1」
「レーザーサーチャー同調。5、4、ガンダムBパーツ投下」
「コアチェンジ、ドッキングゴー」
空中ドッキングを完成させるために仲間と訓練を重ねた日々
あのような時は、ホワイトベースを離れたアムロにはもう二度と帰ってこないのか?
戦場をさまようアムロに、後悔に似た思いが走るのだった

『死闘! ホワイト・ベース』
「リュウさん、スタンバイOK」
「おう」
「アムロ、ドッキングスタンバイ、いいか?」
「行きます、リュウさん。5、4、3、2、1」
「レーザーサーチャー同調。5、4、ガンダムBパーツ投下」
「コアチェンジ、ドッキングゴー」
少年達は一致団結して生き抜こうとしていたが、我侭と苛立ちがお互いの仲を気まずい物にしていた
しかし、敵の攻撃はそんな少年達とは関係なく迫りつつあった

『激闘は憎しみ深く』
ここは、地球で最大の鉱物資源を押さえているマ・クベ大佐の本拠地である
地球連邦軍は、この基地を叩くオデッサ作戦の準備を着々と進めていた
ホワイトベースはこの作戦に参加すべく西へと進んでいたが、ランバ・ラル隊の攻撃はまだ終わってはいない

『マ・クベ包囲網を破れ!』
宇宙世紀0079、地球の周りには巨大な宇宙都市が建設されていた
それらは建設された順番にサイド1、サイド2と呼ばれ、七番目のサイドが建設されて二年目、ジオン公国と地球連邦軍との戦争が勃発した
この大戦で四つのサイドが破壊されて、わずかサイド6が残るのみであった
少年達の乗るホワイトベースは中央アジアをヨーロッパへと直進していた
マ・クベの鉱山基地を撃破しつつ

『マチルダ救出作戦』
オデッサ作戦を前にホワイトベースは、善戦むなしく大破、不時着した
一度は引き上げたジオン軍の攻撃隊ではあったが、またいつ襲撃してくるかわからなかった

『迫撃! トリプル・ドム』
大破したホワイトベースを救助するために連邦軍より出発したミデア輸送隊は、グフとドダイ要撃爆撃機に襲われた
急を知って駆けつけたアムロ達は、ガンダムのパワーアップのためのGパーツの助けを借りてこれを殲滅した

『オデッサの激戦』
マ・クベ隊の守る特殊鉱物資源の基地に対して、地球連邦軍の攻撃が決定された
オデッサ作戦の開始である
レビル将軍は全軍をマ・クベ隊に向けて発進させるのだった
ホワイトベースはマチルダ隊の協力を得て戦線に復帰をしたものの、マチルダを始めとして、多くの犠牲を強いられたのだった

『復活のシャア
オデッサ作戦は地球連邦軍の勝利に終わった
これによってジオン軍はヨーロッパから大幅に後退して、戦いは新しい方向へと進む

『女スパイ潜入!』
なし

『大西洋、血に染めて』
ホワイトベースはシャアの攻撃を退けて北アイルランドを後にした
しかし、その中にシャアの密令を受けた少女が潜んでいた
ミハル・ラトキエ、決してスパイを職業とする少女ではない

『ジャブローに散る!』
それは、素人ゆえの悲しい出来事であったかもしれない
しかし、戦火の中に散っていったその若い命の事は、決して小さな事ではなかった
カイ・シデンの深い悲しみを慰める事など誰にもできはしなかった
ホワイトベースは南米大陸に入った
地球連邦軍本部ジャブローへ向かうために

『小さな防衛線』
北米を発進したガウの編隊は、シャア大佐を伴って地球連邦軍本部ジャブローを奇襲した
しかしガンダムの活躍を始め、連邦軍の奮戦によってともかくも撃退した
だが、あのシャアがこのまま引き下がるだろうか?

『ザンジバル、追撃!』
不敵にもシャアは地球連邦軍本部ジャブローに潜入した
しかし、カツ、レツ、キッカの活躍とガンダムの追撃の前に撤退せざるを得なかった

『強行突破作戦』
シャアの指揮するザンジバルと接触をしたホワイトベースではあったが、これを討ち取る事はできなかった
ガンダムがモビルアーマー、ビグロを殲滅するにとどまったのである

『コンスコン強襲』
ホワイトベースを迎え撃つドレン大尉率いる三隻のムサイは、ガンダムの活躍によって突破された
そして、ホワイトベースはサイド6へ進路を取った
しかし…

『宿命の出会い』
ドズル将軍旗下のリック・ドム12機は、ホワイトベースのチームワークの前に敗れさった
しかし領空外の浮きドックで修理を受ける事もできず、サイド6に引き返したホワイトベースにとって、そこもまた安住の地ではなかった

『ソロモン攻略戦』
サイド6を脱出するホワイトベースに対して、コンスコン機動隊の攻撃は執拗を極めたが、ガンダム以下各機の活躍によってこれを退ける事に成功した
しかし、本格的な戦闘はこれからである

『恐怖! 機動ビグ・ザム』
地球連邦軍第三艦隊の宇宙要塞ソロモンに対しての総攻撃は、ソーラ・レイシステムによって一つの突破口を開いた

『テキサスの攻防』
ソロモンの攻略戦が終わった。ドズル中将旗下の宇宙攻撃軍は事実上壊滅した
ジオン公国にとっては予想だにしなかった敗北であった
デギン・ザビ公王は、ドズルにしてもっともな事であるよ、とギレンに答えたという
ギレンはその公王に怒りを覚えつつも、きら星のごとく居並ぶ高官達の前で叫んだ
ア・バオア・クーを最終防衛線として連邦を撃つ、と

『再会、シャアとセイラ』
今、ホワイトベースとマ・クベ艦隊はテキサスゾーンの漂流物に身を隠し、互いの位置を確認できないまま対峙していた

『ニュータイプ、シャリア・ブル』
シャアとセイラの出会いは、それぞれの思いの食い違いをはっきりさせただけであった
ザンジバルはワッケインのマゼランを撃破して、テキサスを脱出
ホワイトベースもまた、ソロモンに帰還をした

『エルメスのララァ』
ガンダムはシャリア・ブルのブラウ・ブロを撃退はした
しかし、ガンダムの機能はすでにアムロの意思に反応しきれなくなっていた
アムロの反射神経と戦闘力が拡大して、今までのガンダムの機能では不十分である事がわかったのだ
直ちにガンダムの動力系の整備が始められたが、それで解決のつく問題とは言えなかった

『光る宇宙』
「しかし、連邦軍の戦力とて底をついております。すなわち、グラナダ、ア・バオア・クーを抜く力はないとなれば直接我が本国を強襲するでしょう、あのレビルなら考えそうな事です」
「だからこそ戦争回避の努力をせねばならぬものを」
「そのためのソーラ・システムです。一挙に連邦を葬ってみせますよ、父上」
「できるものかよ。なぁ、ガルマ」
デギン・ザビ公王は自らの意志にはずれた局面を打開すべく、ジオン公国を発進した
無論ギレン・ザビ総帥の知るところではない

『宇宙要塞ア・バオア・クー』
なし

『脱出』
なし
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 機動戦士ガンダム ガンダム アムロ シャア 永井一郎 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)