韋駄天翔

俺、山登翔
いきなり変な世界へ飛ばされちゃったけど、わくわくしてしょうがないんだ
だってここMTBの世界なんだぜ
だけど、違法ライダーの一味と間違えられて捕まっちゃうなんて、この先一体どうなっちゃうんだよ…
次回、韋駄天翔『大脱走! 砂丘の戦い』
燃えろ、フレイムカイザー!

まこっちゃん、助けてくれて、ありがと~
このホースケがついとれば、Xシティへの道案内はバッチリじゃ
じゃがこのXゾーンてのは、色んな奴がおるのぅ
翔、気をつけるのじゃ
影身のシンは得体の知れない技を使うそうじゃ
次回、韋駄天翔『衝撃! はじめての敗北!?』
燃えろ、フレイムカイザー!

あの仮面の奴が言ってた天才的な修理名人って、一体どんな人なんだろう
早くその人に会って、フレイムカイザーを直さないと、今度韋駄天バトルになったらちょっとやばいかも
って、あー!俺のフレイムカイザーをどこへ持ってくんだー!
次回、韋駄天翔『とり戻せ! オレのMTB
燃えろ、フレイムカイザー!

山登翔は火山の町へ向かったか
気をつけろ、Xゾーンでは何が起こるかわからない
少しの油断が危険を招く
心配していた通り、毒グモ団の奴ら、何か仕掛けているな
山登翔に伝えておけ、簡単に勝てると思うなと
次回、韋駄天翔『炎の火山バトル!!』
燃えろ、フレイムカイザー!

な…何て設備なんだ、ハイパーブレーンっていうMTBチームは
今までバトルしてきた相手とは比べ物にならない
翔、僕は絶対反対だよ
あんなハイテク集団と戦えるほど、僕らの設備は整ってないんだから
やるなら勝手にやってよね
次回、韋駄天翔『ハイテク集団の挑戦』
燃えろ、フレイムカイザー!

おい、翔、聞いてるのか?
おい、駆、まこっちゃ~ん!
う~、どいつもこいつもわしを邪険にしよって
こうなったら家出してやるぞえ
綺麗なお姉さんがいっぱいいっぱいいるおうちにね
ぐふふふふ…
次回、韋駄天翔『アウッ! MTBの墓場』
燃えろ、フレイムカイザー!

また洗濯しなきゃならないの?
翔達ったら遊んでばっかで、ちっとも役に立たないんだから
あ~あ、家にいればこんな事しなて済むのにな
…あ、何、この霧は?
お父さん、お母さん、どうしてここにいるの?
一体どうなってんの?
次回、韋駄天翔『ネプチューン登場!』
走れ、ネプチューン!

雪山で出会った子連れライダーのゲンさん
雪山のバトルは予想以上にハードだぜ
それなのに、またあの仮面の奴がしゃしゃり出てきやがって
お前は一体何者なんだ?
俺達の敵なのか、味方なのかどっちなんだよ?
次回、韋駄天翔『仮面少年の正体!』
燃えろ、フレイムカイザー!

ここは俺達が住んでた町に似てるな
それにアキラって、家が俺と同じ弁当屋だなんて他人とは思えない
よ~しアキラ、特訓だ!
町を荒らすマッドドッグスを倒すんだ
お前の戦いに、俺も協力するぜ
次回、韋駄天翔『最強の敵、出現!』
燃えろ、フレイムカイザー!

Xシティに行くために、船に乗せてもらえたのは良かったけど、この船さっきから妙な事ばかり続いて絶対変だよ
ひょっとして、裏で誰かが仕組んでるのかも
ねぇ、翔ってば、話聞いてる?
駄目だ、完全に船酔いしてる…
次回、韋駄天翔『船上バトル! チームSTの罠』
燃えろ、フレイムカイザー!

うひょ~!ここじゃ!ここなんじゃ!
わしが言っておった夢の超高級リゾートは
何でも揃う素敵な町
しかもMTBライダーなら何をしてもタダという、まさにこの世のパラダイスじゃ
何?なんか様子がおかしいのぅ
次回、韋駄天翔『憧れのゴールドセレブリゾートシティ』
燃えろ、フレイムカイザー!

俺はチームSTの事を探るため、ここにやって来たのだが、しくじった
ミスターティーチャーに騙されて捕まってしまうとは
山登翔、挑発には乗るな
俺の事は構わずにゴールへ向かえ
次回、韋駄天翔『学校バトル! 炸裂、韋駄天クロス!』
吠えろ、サンダーエンペラー!

俺達は空中に線路がある炭鉱の町へとやって来た
そこでとっても仲の良い兄妹にあったんだ
妹はサヤちゃんと言って、兄貴思いの凄くいい子なんだ
でも、その兄貴の様子が変なんだ
何かわけがあるのか、隼のゴウ?
次回、韋駄天翔『フレイムカイザーを倒した男!?』
燃えろ、フレイムカイザー!

Xシティの場所を探すため、水の都アクアパレスにやって来た私達
そこの宮殿のプリンスが何か手掛かりを知ってるらしいんだけど、どうもチームSTの一員らしいの
でも、そんな事構ってられないわ
私が潜入して聞き出してくる
次回、韋駄天翔『MTBの王子様』
走れ、ネプチューン!

おいまこと、旅を続けたくないって突然言い出すなんて、我儘すぎるぞ
そりゃあXシティに行くためには、あと何ヶ月もかかるって聞かされたら落ち込むのはわかるけど…
だからって酷いじゃないか、俺達のトレーラーのパーツを隠すなんて
次回、韋駄天翔『雨の中の死闘、目覚めよネプチューン』
燃えろ、フレイムカイザー!

ユウキさんに教えてもらった鍾乳洞のトンネル
そこを通れば大きな山脈を超えなくてもXシティに行けるんだ
でも、このトンネルって恐ろしい魔物が出るって噂があるらしいんだよね…
ねぇ、やっぱり怖いから遠回りしていこうよ~
次回、韋駄天翔『ついにわかった! チームSTの秘密』
燃えろ、フレイムカイザー!

ネプチューンの力が、思ったより早く目覚めてしまったな
だがこれ以上お前達が旅を続けていくのは危険だ
半人前のライダーがXシティに行っても怪我するのがオチだからな
どうしても行くというのなら、Xシティに行ける資格があるかどうか、俺がお前達をテストしてやろう
次回、韋駄天翔『新たな刺客! 試練の兄妹バトル』
吠えろ、サンダーエンペラー!

おい獅堂、お前のテストだってちゃんとクリアしたのに、この俺がまだ未熟だって言うのかよ?
そうやっていつもいつも偉そうにしやがって
わかった、そんだけ言うなら、どっちが強いか韋駄天バトルではっきりさせようぜ
お前なんかに負けるもんか
次回、韋駄天翔『対決! フレイムカイザーVS.サンダーエンペラー』
燃えろ、フレイムカイザー!

ふふふ、忍者ライダー孤影参上
チームシャークトゥースに歯向かう者は俺が倒す
韋駄天バイクに乗っていようが、俺の手にかかれば他愛もない
獅堂京一を血祭りにあげた今、次は山登翔、お前の番だ
覚悟するがいい
次回、韋駄天翔『強敵! 忍者ライダー孤影』
切り裂け、エアロシザース!

翔君、ここがXシティの入口よ
だけどXシティに入るにはライセンスが必要なの
ライセンスを持っていない者が町に入るには、別の入口にいる門番の兄弟との韋駄天バトルに勝たないといけないの
力なき者は去れ
その入口にある言葉通り、かなりの実力者らしいわ
次回、韋駄天翔『Xシティの門番』
燃えろ、フレイムカイザー!

は~、長く苦しい旅だったけど、やっとXシティに入る事ができたぜ
ここでゴールドエンブレムを十枚集めれば、俺達は元の世界へ帰れるんだ
だけどこの町は、チームシャークトゥースに支配されていて、町の人達は困っているみたいなんだ
牙舞、卑怯な事はやめるんだ!
次回、韋駄天翔『やったぜ到着! Xシティ』
燃えろ、フレイムカイザー!

Xゾーンで韋駄天バトルトーナメントが開かれる事になった
翔にまこと、獅堂さんもエントリーされていて、三千人の参加者の中から選ばれた十六人で優勝を争うんだ
だけど主催者が牙舞って事は、チームシャークトゥースに有利にできてるに違いない
気をつけてね翔
次回、韋駄天翔『韋駄天バトルトーナメント開幕!』
燃えろ、フレイムカイザー!

次の対戦は、私と翔のバトルになるなんて、これも牙舞の陰謀ね
全くやる事が汚いんだから
でも、翔はそんな事お構いなしで、純粋にバトルを楽しみにしている
よ~し、私も精一杯頑張るわよ
こっちにはユウキさんだってついてるんだから
次回、韋駄天翔『激突! フレイムカイザーVS.ネプチューン』
走れ、ネプチューン!

山登翔、順調に勝ち進んでいるようだな
待っていろ、お前が決勝で戦う相手は、この俺、チームシャークトゥースの大幹部、鮫島大牙だ
今度の俺の相手は、たまたま予選をクリアしただけの奴らしいが、手は抜かない
次回、韋駄天翔『ハンマーヘッド! 6台目の韋駄天バイク』
勝つのは俺だ!

遂に獅堂と決着をつける時が来た
あいつは凄く強敵だけど、俺本当に嬉しいんだ
だって、獅堂と戦いたいって、ずっと思ってきたから
だけどあいつには、秘密の技があるらしんだ
え~い、どんな技か知らないけど、俺は絶対負けない
次回、韋駄天翔『必殺! 獅堂スペシャル』
燃えろ、フレイムカイザー!

私は騎士ライダーのアーサー
身分を隠してバトルしてきましたが、次はBブロック決勝
正々堂々と、本気を出して勝負させてもらいますよ
私は優勝して、目的を達成しなくてはならないのです
あの方のためにも
次回、韋駄天翔『激闘! ハンマーヘッドVS. エアロシザース』
砕け、ハンマーヘッド!

韋駄天バトルトーナメントも、遂に決勝戦
相手は忍者ライダーの孤影
でもあいつ、アーサーを爆弾なんかでリタイヤさせやがって、そんな卑怯者だとは思わなかったぜ
そんな奴に俺達のエンブレムは絶対に渡さない
何としても、俺が優勝するんだ
次回、韋駄天翔『陰謀の決勝戦』
燃えろ、フレイムカイザー!

許せ、山登翔、卑怯な手を使った事を
俺はこんな事はしたくはないのだ
だが、妹の菊が牙舞に捕まっていては、俺にはどうする事もできん
お前達が何を言おうが、チームシャークトゥースに従うしかないのだ
次回、韋駄天翔『ファイナルバトル! 優勝は誰の手に?』
切り裂け、エアロシザース!

俺様が主催した韋駄天バトルトーナメントの優勝者が山登翔だと?
ちっ、孤影も兄貴も使えねぇ
あいつらの持っているゴールドエンブレムを奪う俺様の計画が狂っちまったぜ
ま、最初からあいつらには期待してなかったけどな
こうなったらあの手を使うだけだ
次回、韋駄天翔『突入! Xタワー』
引き裂け、ブラッディファング!

牙舞、必ずお前達の手からゴールドエンブレムを取り返してみせる
そのゴールドエンブレムには俺達の、Xゾーンの人達の願いが詰まっているんだ
Xシティをお前達の好き勝手にはさせない
牙舞、MTBライダーとしての誇りを、お前に見せてやるぜ!
次回、韋駄天翔『最終決戦! フレイムカイザーVSブラッディファング』
燃えろ、フレイムカイザー!

やったぜ!遂に牙舞をやっつけて、封印の扉に着いたぞ
この扉を開けば、俺達の知らないXゾーンの全ての秘密が明らかになるんだ
そして俺達は、元の世界へ帰れるんだ
そうだよね、ユウキさん?
え、どうしたんだユウキさん、その格好は?
次回、韋駄天翔『さよならXゾーン』
燃えろ、フレイムカイザー!

何で獅堂だけがXゾーンから戻って来られないんだ?
それにユウキさんが最後に言いかけた言葉は、一体何だったんだ?
このままじゃ気になって眠れないぜ
そんな時、Xゾーンの使者だという謎の奴らがやって来た
も~、こうなったら韋駄天バトルで勝負してやるぜ!
次回、韋駄天翔『新たなる強敵、その名はチームX』
燃えろ、フレイムカイザー!

僕、もう何が何だかわからないよ
いきなり謎の敵が現れて、その一人がタイガー・ジローだったなんて
でも、こうなったらXゾーンに戻って真相を確かめるしか無いね
僕はユウキさんがくれたMTB図鑑で、Xゾーンへの戻り方を調べてみるよ
次回、韋駄天翔『再びXゾーンへ!』
燃えろ、フレイムカイザー!

山登翔達が、Xゾーンに戻ってきたようだな
しかし残念だが、すでに手遅れだ
お前達にはもう何もできない
我々は鮫島牙舞のシャークトゥースとは比べ物にならない強大な組織だ
無駄な抵抗はやめて、おとなしくプラチナエンブレムを渡す事だな
次回、韋駄天翔『衝撃! 生きていた翔の父』
戦え、インペリアルタイガー!

僕あゆむ
ダークエンブレムを貼られると、悪い心に操られちゃうなんて、大変な事だよ
伝説の島、インペリアルアイランドに行って、早くみんなを助けなきゃ
僕はもっと強くなって、お兄ちゃんの役に立てるように頑張るからさ
え!?僕と韋駄天バトルで勝負?
次回、韋駄天翔『爆走! インペリアルDC!!』
爆走!インペリアルドラゴン!ぶっちぎりだぜ!

インペリアルアイランドに向かう途中で、古~いお屋敷に閉じ込められた僕達
どうも気味が悪いと思ったら、ここはチームXのアジトだったんだ
まこと、あゆむ、ホースケ?
駄目だ、みんなダークエンブレムを貼られて、ゾンビみたいになっちゃった!
どうしよう翔!?
次回、韋駄天翔『恐怖のダークエンブレム』
燃えろ、フレイムカイザー!

Xゾーンの真の支配者はこの俺様だ
これ以上チームXの奴らに俺の邪魔はさせねぇ
山登翔、俺と手を組め
俺達にはこの世界を思い通りにできる力があるんだな
見ろ、ここが俺達の新しい拠点だ
次回、韋駄天翔『牙舞の誘惑、フレイムカイザー大ピンチ!』
引き裂け、ブラッディファング!

チームXはプラチナエンブレムを奪うために、どんな手を使ってくるかわからない
うかつに妹・菊に会うのは危険だ
あ、あいつは、山登あゆむ
それが何故菊と一緒にいるんだ
ふん、威勢だけは一人前だな
俺と韋駄天バトルで勝負してみるか?
次回、韋駄天翔『白熱! インペリアルDC VS.エアロシザース』
切り裂け、エアロシザース!

え~、ピクニックなんて久しぶり
たまにはチームXとの戦いを忘れて、のんびりランチにしましょう
あ、何かしらこの甘~い匂いは?
あ~、美味しそう
あむ…え~?これを食べちゃうと永遠の眠りにつく…って、え~!?
次回、韋駄天翔『ナナシの森の悪玉菌』
助けて、ネプチューン!

私はユウキ様の命を受けて、インペリアルアイランドに潜入しました
しかし、思っていた以上にここは過酷な場所です
生半可な気持ちでは、辿り着く事はできません
翔君、私と韋駄天バトルをして下さい
私に勝てば、インペリアルアイランドへの道をお教えしましょう
次回、韋駄天翔『アーサーへの挑戦! 幻の島への道』
砕け、ハンマーヘッド!

チームXの本拠地、インペリアルキャッスル
そこに、獅堂君、いいえ、チームXのリーダーが待っているのね
あの城へはみんなで力を合わせなくては行く事ができないわ
鮫島牙舞君、あなたも私が立てた作戦に協力してくれるわね
次回、韋駄天翔『韋駄天バイク大集合! チームXとの決戦!』
燃えろ、フレイムカイザー!

嘘でしょ?お兄ちゃんがチームXのリーダーで、しかもこんな卑怯な手を使うなんて
やっぱり、ダークチェンジしているって事なのね
待ってて、私が必ずお兄ちゃんを元に戻してみせるから
あ、どうしよう、翔とお兄ちゃんのバトルが始まっちゃった
次回、韋駄天翔『翔VS.獅堂! 魂を賭けたバトル!』
走れ、ネプチューン!

父さん!何故ここに!?
やっぱり父さんは俺が小さい頃に亡くなったんじゃなかったんだ
俺嬉しいいよ、父さんに会えて
…え?嘘だろ?父さんがチームXの総帥だなんて
それに俺と韋駄天バトル?
そんな事できるわけないじゃないか
やめてくれ父さん!
次回、韋駄天翔『衝撃の再開! インペリアルX出現!』
燃えろ、フレイムカイザー!

インペリアルXの圧倒的な強さは、俺もわかっていた
しかし、あんなに簡単にプラチナエンブレムが、山登翔が負けてしまうとは…
一体この先、Xゾーンはどうなってしまうんだ
…っ、まずい、ここにいては危険だ、ひとまず脱出するぞ
一旦引き返して態勢を整えるんだ
次回、韋駄天翔『第二の島現る! 世界崩壊の始まり』
吠えろ、サンダーエンペラー!

インペリアルアイランドを脱出したのはいいけれど、これから僕達どうなっちゃうんだろう
あ、チームXの残党が来た!
え!?僕が全員相手に韋駄天バトル?
うん、わかった、やってみるよ
だって僕はお兄ちゃんの弟だもん
次回、韋駄天翔『大襲撃! チームX VS.インペリアルDC』
飛び出せ、インペリアルドラゴン!

翔、試練の丘で修行じゃ
ここは古代の英勇が自らを鍛えるために作ったと言われる、すんごい場所じゃぞ
腕を養い、進むべきはただ一つ!
…ん?またわしなんか喋っていたかのぅ?
次回、韋駄天翔『伝説の練習場、翔の特訓!』
燃えろ、フレイムカイザー!

今の俺のライディングは、全て父さんから教わった物だ
俺自身のライディングを見つけない限り、父さんに勝つ事はできない
試練の丘最後の難関を、俺の力で何としてもクリアしてやるぜ!
…っ、何でこんな大事な時にチームXの残党が来ちゃうんだよ
次回、韋駄天翔『奇跡の力、新必殺技炸裂』
燃えろ、フレイムカイザー!

恐るべき山登猛のパワー
これほどまでの力を持っていたとは
しかし、一刻も早く装置を止めなければ、Xゾーンが崩壊してしまうんだ
翔、お前が身につけたという技を俺達に見せてくれ
その技が、今の俺達の希望なんだ
次回、韋駄天翔『フレイムカイザーVS.チーム韋駄天ライダー』
吠えろ、サンダーエンペラー!

このままじゃXゾーンと俺達の世界は消滅してしまう
いや、絶対そんな事させるもんか
必ず俺達の手で父さんの暴走を食い止めてみせる
獅堂、牙舞、アーサー、狐影、まこと、あゆむ
行くぞ、真のインペリアルアイランドに
そして禁断の通路を開くんだ
次回、韋駄天翔『決戦! インペリアルアイランド!』
燃えろ、フレイムカイザー!

翔、禁断の通路は俺達が開いた
早く古代の装置に辿り着いて下さい
山登猛の暴走を止められるとしたら、お前のあの技だけだ
後は頼みましたよ、翔君。絶対に世界の破滅を食い止めるんだ。俺達の世界を救ってくれ
次回、韋駄天翔『運命の対決、山登翔 最後の大バトル!』
燃えろ、フレイムカイザー!

お兄ちゃんはどんな時だって諦めない
例えそれがお父さんとのバトルだって
私は信じてる、翔が必ず勝つって
僕も信じてる、翔の走りが、奇跡を起こすって
俺は父さんを超えてみせる。みんな、俺の走りを最後まで見ててくれ
最終回、韋駄天翔『新しい旅立ち、世界よ蘇れ!』
燃えろ、フレイムカイザー!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 韋駄天翔 IDATEN翔 藤原としひろ コミックボンボン MTB 自転車 渡辺明乃 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)