蒼き伝説 シュート!

和広、健二、ありがとう
三人揃えば負けない
一美のおかげで俺達掛西中トリオは復活した
さぁ、二年生チームに反撃開始だ
ゴールに向かって駆け抜けろ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 2『オフサイド』
俺達のサッカーを、見せてやる

掛川サッカー部に、憧れの久保さんが帰ってきた
でも俺は、いきなり久保さんに叱られてしまい、左足シュートの特訓を命じられたんだ
俺の利き足は右なのに、どうして?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 3『エースナンバー』
俺のシュートを、見せてやる!

相変わらずみんなと離れ、一人左のシュートの練習をしてる俺
でも、久保さんと一美の事が気になって集中できないし
あ~、駄目だ、こんなんじゃレギュラーになれっこない
そんなある日、俺は凄い奴に会った
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 4『ライバル』
俺達のサッカーを、見せてやる!

いよいよレギュラー発表だ
左シュートの練習ばかりやってる俺は、レギュラーになれるんだろうか?
そんな時、一美が和広にプレゼントしてるのを見てしまった
インターハイの予選が始まるのに、一美の事ばっかり気になって、どうしたらいいんだ?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 5『レギュラー』
今、俺達の伝説が始まる

いよいよインターハイ予選が始まり、俺達は順調に勝ち進んでいた
そんなある日、健二のもとに昔のバイク仲間が助けを求めに現れた
行くな健二、誰が掛校のゴールを守るんだ!?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 6『ゴールキーパー』
今、俺達の伝説が始まる

いよいよシード校浜野との試合の日が来た
え?あの小坂部がエースナンバーでセンターフォワード
久保先輩にはマークが三人もついた
浜野の作戦は一体何を狙っているんだ
予選開始以来初めての苦戦、掛川の危機だ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 7『チームプレー』
掛川頑張るぞ!

強豪シード校浜野との後半戦、40分の勝負だ
名倉監督のもと、浜野イレブンは一丸となって掛川先制の一点を追ってきた
危ない!
小坂部の猛タックルに、久保キャプテンは新田を出場させた
頑張れ新田!
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 8『チャンス』
まだまだ試合はこれからだ、行くぜ!

遂にPK戦が始まった
俺達のキーパーの健二は負傷して使えない
相手浜野校のキーパーは…、何?小坂部だって?
神谷さん、和広が失敗した
このままでは俺達の負けだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 9『ペナルティ・キック』
健二、お前のキーパー魂を見せてやれ

決勝トーナメント出場を決めた俺達は、優勝候補藤田東のすげー試合を見たんだ
その日、町でばったりと美奈子さんに会った
それでみんなで盛り上がってしまって…
しかし夜、和広に大変な事を告白されたんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 10『トライアングル』
一美、あんまりかっかすんなよ

和広の告白が気になって、練習に身が入らない
そんな時、美奈子さんから久保さんがドイツにいた時の話を聞いた
久保さんのサッカーをまた一つ知って、自分もちょっとだけ変わったような気がする
よーし、この調子で次の試合も頑張るぞ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 11『デコイラン』
待ってろよ、松下!

袋井工業の藤井大介が練習を見に来た
久保さんとはジュニアユース時代に対戦した事があるようで、ライバル意識むき出しだ
しかし、何と久保さんはその藤井さんを挑発して、一対一の勝負を挑んだんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 12『ストライカー』
俺の左シュート、決めてやるぞ!

久保さん無しで挑む袋井工業戦
おまけに、掛川サッカーは徹底的に分析されている
俺達に勝ち目はあるのか?
神谷さんは俺に左ウィングに入るように指示してきた
よーし、練習の成果を見せてやるぜ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 13『レフト』
俺の左を、受けてみろ!

インターハイ県大会
ベスト8に勝ち進んだ俺達
帝王と言われる藤田東の加納さん
優勝候補掛北の斉木さん、三橋さん
決勝トーナメントは強豪揃いだ
でも、俺達には久保キャプテンがいる
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 14『ベストエイト』
優勝目指して決めてやるぜ!

大変だ
ドイツのプロリーグが、久保キャプテンをスカウトしてるって言うんだ
そんな噂を、神谷さんは、久保の事を信じられないのかって
それで初めて、久保さんと神谷さんが出会った時の話をしてくれたんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 15『アイコンタクト』
久保さん、ドイツに行くって本当ですか?

さぁ、いよいよ準決勝開始のホイッスルが鳴る
掛北のキャプテン斉木さんと、神谷さんの因縁の対決だ
そして、秘密兵器広瀬清隆の登場
一体どんなプレーを見せるんだろう?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 16『シークレット・ウェポン』
秘密兵器なんて、怖くないぜ!

ボールが消えた
消えるシュートなんてあるのか?
広瀬の球が、健二には掴めないって言うんだ
しかも俺達のアタックは、鉄壁のキーパー、三橋さんによって全て弾き返されてしまう
このままでは、俺達掛校の決勝進出はない
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 17『カウンターアタック』
俺の左シュートで、ぶっちぎれ!

遂に久保さんが動いた
掛北ゴールに向かって突進する久保さんを、誰も止める事はできない
底知れぬ光を放ち、フィールドを駆け抜けていく久保さんを、大歓声が包み込んでいった
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 18『レジェンド』
その時、背番号10は伝説に生まれ変わった

11人抜きを果たした直後、久保さんが倒れた
一体何が起こったんだ?
残り時間はもう無い
久保さんの闘志は無駄にしないぞ
俺達だけで、逆転のゴールを決めるんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 19『サドンデス』
立ち上がって下さい久保さん、いよいよ決勝戦です

久保さんが死んだ?嘘だろ?
突然の出来事に、俺達は何が起こったのか、全然把握できないでいた
藤田東との決勝戦が始まるっていうのに、俺達は、俺達は…
どうにかしなければ…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 20『レクイエム』
久保さん、俺達を見ていて下さい

暑い夏が過ぎていった
冬の大会に備え、練習をしている俺達の前に、ブラジル帰りの転校生、抜群のテクニックを持った馬堀圭吾が現れた
彼は何故かサッカー部に入ろうとしないんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 21『ニューフェイス』
俺は誰にも負けないぐらい、サッカーが好きだ!

文化祭だ
馬堀に引っ掻き回されてる俺達サッカー部は、神谷さんの発案で、なんとねるとんをやる事になった
告白のチャンスだけど、一美が和広に、好きな人がいると言っているのを聞いてしまった
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 22『プロポーズ』
一美の好きな相手って、一体誰なんだ?

紅白戦をやる事になった
久保さんの立てた練習メニューにケチをつける馬堀
和広はその馬堀の味方につくという
やっぱり俺と一美の事を誤解しているのか?
でも和広、久保さんを否定されても平気なのか?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 23『イエローカード』
俺は絶対負けない!

俺達の反撃が始まった
懸命になってボールを追う内、いつの間にか俺はサッカーに夢中になっていた
和広とのわだかまりも吹っ飛んでいた
忘れていた大切な事が、今蘇ってきたんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 24『スタート』
久保さん、見ていて下さい

冬の選手権大会に向けて、新レギュラーの発表があった
久保さんが着ていた10番のユニフォームを、神谷さんは俺に渡したんだ
10番っていうのはチームの中心だろ?
俺にはまだそんな力はない
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 25『ユニフォーム』
神谷さん、俺久保さんの代わりはできません

俺達は休みを利用して、東京へ
帝光学園の練習を見に行った
雑誌で俺と帝光の恩田朝之の左足の特集を組んでいたけど、やっぱり恩田は凄いや
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 26『マドンナ・シュート』
俺達はそれぞれの思いを胸に、高校選手権のホイッスルを待っていた

いよいよ、冬の選手権大会が始まった
みんな好調で、次々にゴールを決めていく
それなのに、俺だけ焦れば焦るほど空回りしてしまう
思わず一美に、言ってはいけない事まで言ってしまった
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 27『レッドカード』
10番の重さに、負けてはいけない

俺が言い過ぎたために、マネージャーをやめると言い出した一美
すまない、戻って欲しい、どうしたら許してくれるんだ?
どしゃ降りの雨の中の横賀高校戦
俺達は相手のラフプレーに苦しめられ続けた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 28『マネージャー』
俺は、負け犬にはならない!

ぬかるんだグラウンド、土砂降りの雨
ラフプレーの横賀から三点を奪うなんてできっこないぜ
だけど、決める事ができたら、一美がサッカー部に戻ってくる
そうだ、サッカーは格闘技だ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 29『ハットトリック』
さぁ、俺達の反撃が始まるぞ

静岡大会もトーナメントを終え、二次リーグに突入した
俺達は相変わらず好調で、相手を圧倒していった
そんな時、久しぶりに現れた美奈子さんは、俺が久保さんに似てるって言うんだ
ひたむきにサッカーに打ち込んでいるって
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 30『インターセプト』
俺は、久保さんにもっと近づきたい

俺は、すっかり久保さん気取りで強引なプレーをして、馬堀の足を怪我さしてしまった
神谷さんにチームの和を乱していると怒られたのは当然だ
いい気になりすぎてた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 31『マイウェイ』
美奈子さん、俺は俺で、久保さんにはなれないんだ

掛北と清水学苑との準々決勝
試合中にもかかわらず、一美をナンパしようとしたり、途中出場してはあっさり二点取ってしまう、清水学苑の芹沢直茂
サッカーをただの玉転がしだなんて言う
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 32『テクニシャン』
頑張れ掛北、芹沢に負けるな

俺達との戦いを前にして、あの掛北が負けてしまった
夢破れてしまった斉木さん達だが、何と俺達の練習中に現れた
そして、芹沢の魔術を解くヒントをくれた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 33『ドリーム』
次は清水学苑、俺達は必ず勝つ!

俺達の防御の布陣に、戸惑っている清水学苑
芹沢は和広が必死にマークし、どうにか彼の動きを止めている
均衡は、俺達が先に破った
しかし…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 34『マジシャン』
俺達は、マジックなんかにかかりはしない!

後半戦、俺達の作戦は成功し、芹沢を追い詰めていった
サッカーはテクニックだけじゃないんだ
しかし、迅速に対応してくる清水学苑
その底力に圧倒される俺達
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 35『トリック』
くそっ、魔術師が復活する前に、試合を決めてやる

残り時間は10分
復活した魔術師芹沢
三段跳びシュートの西崎達を振りきって、ゴールを決めなければ勝利はない
国立に行くためには、こんな所で負けるわけにはいかないんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 36『Jリーグ』
俺の左で、必ず勝つ!

準決勝を勝ち抜いた俺達に、東京のテレビ局が取材にやって来た
注目される掛校サッカー部
そんな時、雑誌の表紙に一美の写真がのった
芸能界にスカウトされたなんて一美は言うんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 37『スポットライト』
一美、まさか芸能界だなんて

果たして、決勝の相手は藤田東か?東海学園か?
俺達はみんなで準決勝を見に行った
帝王加納、隙のないイレブン
圧倒的な試合を見せる藤田東
凄い!
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 38『フラッシュパス』
あのフラッシュパスを止めなきゃ、俺達に勝ち目はない

決勝戦が間近に迫ってるのに、俺はやっぱり一美の事が気になって…
あいつ、本当に俺達と別れてタレントになってしまうつもりだろうか
今はサッカーの事だけを考えなければいけないのに…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 39『ミサンガ』
一美、お前は一体…?

一美の事と、決勝を前にしての気持ちの高ぶりで、俺は眠れないままに試合の朝を迎えた
みんなで夢に向かって走ってきた
あと一歩で、その国立への夢が叶う
ここで藤田東に負けるわけにはいかない
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 40『ファイナル』
久保さん、見ていて下さい

いきなりフラッシュパスを繰り出してくる、自信満々の王者藤田東
こっちだって負けてられるか
でも突然、藤田東はキーパーを交代してきた
まだ試合が始まったばかりなのに
何か秘策を考えてるんだろうか?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 41『ボクサー』
俺の左を受けてみろ!

俺の左が止められるなんて
嘘だ、嘘だ!
かさにかかってフラッシュパスを放ってくる藤田東
もう左は使えないのか
激しい攻防、遂に均衡が敗れた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 42『イーブン』
どんな形でもいい、何とかしなくては

もう、俺達にフラッシュパスは通用しない
振り出しに戻った後半戦
しかし、松下が物凄いスーパーシュートを放ってきた
あいつがあんなプレーを身につけていたなんて
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 43『カウンターシュート』
俺は掛校のエースだ、負けない!

遂にニ対一でリードされてしまった
でも、残り時間はまだ17分ある
和広も健二も神谷さんも、みんな気力で頑張っている
俺だって!
この試合に勝てば、全国へ行けるんだ
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 44『チャレンジ』
奇跡を起こすぞ

和弘の活躍でスコアは振り出しに戻った
恐ろしい執念でシュートを繰り出してくる帝王加納
必死でゴールを守っている健二
あと一点入れなければ
残り時間はもう少ししか無い
その時…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 45『ミラクルチーム』
久保さん、これがあなたの求めていたプレーなんですね

一美、一体どこへ行ってしまうんだ?
一美の気持ちがどうしてもわからない
そんな俺の前に、久保さんとドイツ時代に戦ったという奴が現れ、俺が10番を背負う資格があるのかと言い残していった
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 46『オーディション』
俺は10番の資格がある事を、きっと証明してやる

もう、和広に俺の本当の気持ちを隠してるわけにはいかない
悪かった和広
県大会で戦ったライバル達が、俺達との練習試合に集まってくれた
斉木さん、芹沢、松下、そして加納さんまで
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 47『オールスターズ』
もうすぐ全国大会開幕のホイッスルが鳴る

久保さん、とうとう来ました、国立競技場へ
目指してきた夢が、今現実になりました
開会式の後、初詣の人ごみの中に、素早い動作で移動練習をしている凄い奴を見た
あいつは…?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 48『カイザー』
どんな強敵が来ても、俺達は負けない!

遂に北海の氷壁が動いた
猛然と突進してくる氷室
速い!
次々とディフェンダーをかわして、あっという間にゴール前に攻め込んできた
頼む健二、止めてくれ!
しかし…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 49『リベロ』
俺の左で、北海の氷壁をぶち破ってやる!

次は四回戦
この試合に勝てば、準決勝だ
相手の豊川高校には、あの双子の高橋兄弟がいるけど、絶対負けない
しかしその頃、俺達の知らない所で健二が…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 50『マジックシザーズ』
健二、掛校のゴールを守るのはお前しかいないんだぞ!

初めて健二のいない試合が始まった
高橋兄弟のマジックシザーズを相手に、俺達はいつもの掛校のサッカーが出来ない
あと一歩なのに、一体どこにいるんだ健二?
勝って、一緒に国立へ行くんじゃなかったのか?
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 51『キス』
勝利の女神よ、俺達に

遂にベスト4に残った
思わず高揚してくる気持ちの中で、やはり影を落としているのは一美の事だ
あいつこのまま俺達の前からいなくなっちゃうのか?
嫌だ、何とかこの俺の本当の気持ちを…
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 52『プロミス』
会いたい、一美に会いたい

遂に決勝進出を懸けた戦いがキックオフを迎える
夢に見た国立の芝のフィールドだ
一美に戻ってきてもらうためにも、ここで負けるわけにはいかない
しかし、ラインハルトの強烈なシュートが襲ってきた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 53『ウルフ』
一美も背番号10も、絶対に!

神谷さんのボールキープ力が、前山工業のディフェンダー陣を引き付ける
俺達の必勝パターンだ
しかし、スルーパスを東さんに封じられてしまった
そしてとうとう、ヴィリー・ラインハルトのシュートが牙をむいてきた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 54『オフサイドトラップ』
俺達に打つ手はあるのか?

決まった!
ゴール前、思わず俺が放ったオーバーヘッドは、実はバイシクルシュートっていう伝説のシュートだったらしい
しかし俺達が浮かれていた時、前山工業は密かに反撃を開始しようとしていた
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 55『バイシクルシュート』
ヴィリーのあの不敵な笑いは?

前山工業のゾーンプレスに手も足も出ない俺達は、一点リードされたまま前半が終わってしまった
何とか突破口を見つけなくては
その時、和広がゾーンプレスにもウィークポイントがあると
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 56『ラストステージ』
一美、絶対俺は約束を守る!

ゆ、夢じゃない、一美が戻ってきてくれた
俺が気絶している間に、プレデビューのステージがあるのに
よし、一美見ててくれ
ハットトリック決めて、決勝へ進出する
そして、全国大会で優勝する
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 57『ラブレター』
今度は必ず約束を守る

一美が戻ってきてくれた
掛校サッカー部に、俺の所に
もう二度と離さない
お前が見ている前で、今こそ約束のハットトリックを決めてやる
そして決勝に進み、必ず優勝する
次回、蒼き伝説シュート!STAGE 58『トゥモロー』
一美、お前と一緒に輝きたいんだ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 蒼き伝説 シュート! シュート 大島司 少年マガジン サッカー 木村拓哉

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)