犬夜叉-3

霧骨と凶骨の仇、とらせてもらうぜ
てめぇが七人隊の首領か
気をつけて犬夜叉、その蛮骨って男、首に四魂のかけらを三つ持ってる
奈落の場所を知りたいなら、この蛮竜に聞きな
七人隊の猛攻の中、遂に姿を現す奈落
殺生丸?そいつも殺せと?
次回、犬夜叉『激突! 蛮竜VS風の傷!』
水と花の匂い、こいつは何を意味してるんだ?

白霊山の結界が、以前より強くなってる
奈落の傀儡が残した清らかな水と花の匂い、何か関係あんのか?
聖島、その島は聖域と呼ばれてる
そこに百年前の徳の高いお坊さんが、生き仏となって祀られてるって
引っかかるな…。行ってみるか
次回、犬夜叉『湖面に浮かぶ聖島の結界』
何故だ?どうして風の傷がでねぇ!

喰らえ!竜雷閃!
無数の雷撃が!てめぇ、かごめ達まで巻き込みやがって!
戦いにきたねぇも蜂の頭もあるか
刺し違えてでも、てめぇを倒す!
犬夜叉対蛮骨の激闘。そのさなか、白心上人の意志が、蛮骨の危機を救う
次回、犬夜叉『聖なる独鈷と即身仏の謎』
まさか、上人が蛮骨に味方しているのか?

七人隊の奴らが…
消えた!?
白霊山の結界の中に逃げ込みやがったんだ。畜生、銀骨、煉骨、出てきやがれ!ぬ、ぬぉー!
まずいぞ、鋼牙が鋼の糸に捕まった!
結界の中に引きずり込まれたら、妖怪の鋼牙は浄化されちまうよ!
次回、犬夜叉『鋼牙の孤高なる戦い』
奴らのかけら、どこにあるんだ!?

奈落の刺客、七人隊の蛇骨と睡骨が殺生丸に襲いかかった
よそ見してると首が飛ぶぜ!
ふっ、よく喋る死人だ
逃げるんじゃねぇ
そして、桔梗が蛮骨と出会う
死人の末路…、この男の心、完全に闇に覆われているという事か…
次回、犬夜叉『吸い込まれる黒い光』
汚れた光の先にあるのは悲しみ…?

殺生丸の奴、立ってるのもやっとなんだろ。おい睡骨、こいつをここから逃すんじゃねぇぞ
てめぇこそさっさとそのすかした野郎を片付けちまえ。俺はこのガキを殺したくてウズウズしてんだからよ
白霊山の麓、犬夜叉の兄、殺生丸と死闘を繰り広げる七人隊
次回、犬夜叉『さらけだされた真実の顔』
思い出した、私は一度死んでいる

銀骨の弔い合戦。煉骨が鋼牙君の四魂のかけらを狙う
川にたっぷり油を流した。逃げ場はねぇぞ!
あいつ、爆雷筒を持っておるぞ
爆発させる気だわ。あんただって無事じゃ済まないのよ!
俺は死なねぇ。死ぬのはてめぇらだけだ!
てめぇ、んな事させるかよ!
次回、犬夜叉『炎の川に消えたアイツ』
犬っころ、バラバラになっちまったのかよ

白霊山の聖域の奥に邪気が
奈落はこの中にいる
本当に生身の人間二人きりで来たのか?
神楽!
度胸は買ってやるけどな、生きて帰れると思うなよ
奈落の毒虫!法師様、吸ったら毒に!
愛しのおなごと引き換えに永らえたい命など、持ちあわせてはおらん…!風穴!
次回、犬夜叉『白霊山の奥の奥』
珊瑚、すまん…、お前だけでも生き残ってくれ…

このミイラが白心上人?
あなたは生前徳の高い僧として人々を救っていた。それが何故奈落のため働く?
わしは生き仏として祀られた。だがわしの魂は救われぬまま暗闇に取り残されていた。あの男の声がわしを呼んだのだ
あなたを裁くつもりはない。だが…
次回、犬夜叉『神々しい悪意の聖者』
奈落を守る結界をこのままにしておくわけにはいかん

白心上人の魂に触れた桔梗がとる意外な行動。そして、妖力を取り戻した犬夜叉と蛇骨の戦いにも決着が
悪いな蛇骨、一つでも余計に四魂のかけらが必要なんだ
ま、いいか。結構楽しかったしな
仲間を失った蛮骨の怒りが炸裂する
次回、犬夜叉『さよなら蛇骨の鎮魂歌』
七人隊、これが最後の大喧嘩だ!

奈落を追う者達が、白霊山に集結する。それを防ぐ最後の砦、蛮骨が、犬夜叉の前に立ち塞がった
てめぇ、邪魔立てする気か?
たりめぇだろ。七人隊の弟分も全員討ち死にだ。弔い合戦させてもらうぜ
奈落の言いなりに戦うのかよ!
次回、犬夜叉『決戦! 最強最後の七人隊』
命令なんて関係ねぇ。お前とのこの決着が先だ

四魂の気配がどんどん汚れてる。白霊山の奥で何が起こってるの?
これ肉の塊?妖怪じゃないの?
まるで何かを生み出していたような…。奈落の真の目的は何なんだ?
我が敵を殺せ
人と妖怪合わせて二千、恨みを吸ったこの蛮竜に勝てるかよ
次回、犬夜叉『強烈蛮竜 白霊山の死闘』
邪気まみれの妖刀。ちきしょう、すげぇ霊圧だぜ

七人隊の四魂のかけらが奈落に奪われた
遂に動き出したか、奈落め
始まった。でもすぐ終わる
あれが
奈落の新しい体
犬夜叉達はここで死ぬ。そしてわしは新しい体を手に入れた
遂に現れた奈落。その真の目的は?
次回、犬夜叉『暗闇の先に新生奈落』
残るはあと一つ。桔梗よ…

心配すんなかごめ、野生狼は必ず連れ戻してやる
鋼牙君を助けに行った犬夜叉。その僅かな間に奈落が桔梗の前に現れた
言え奈落、貴様の真の目的は何だ?
地割れの底には我が瘴気が満ちている。貴様のまがい物の体などひとたまりもない。桔梗、貴様の墓穴だ
次回、犬夜叉『さらば愛しき桔梗よ』
助けられなかったのは犬夜叉、お前だ

ったくやんなるぜ、ガキのお守りで持って回った事させやがって
神楽、桔梗が生きているって話は嘘なの?
犬夜叉は来ない。桔梗を探すのに夢中だ
この赤ん坊、奈落の分身?一体私をどうする気?
お前は四魂のかけらが見える唯一の者。かごめ、お前の目が欲しい
次回、犬夜叉『かごめの心の闇』
犬夜叉は、助けに来ない

俺が桔梗を探している間に、かごめが捕まっちまった
人の心は脆い物。憎しみはたやすく生まれる。この女も同じだ。その汚れた四魂のかけらを使え
ふっ、これでかごめが奈落の手先に成り下がるってか
私が犬夜叉を恨んでる?桔梗を憎んでる?そうよ、だけど…
次回、犬夜叉『心の痛みを勇気にかえろ』
それは私が犬夜叉を大好きだって事よ!

折角思いっ切り勉強しようと思って現代に帰ってきたのに
合唱
演劇
お料理発表?
当たり前じゃん、文化祭だもん
かごめ、あんた準備に参加してないんだから、控え選手で全部手伝ってよ
期待してるよ、かごめちゃん
ドジったら許さないからね
次回、犬夜叉『煮ちゃダメ! 恐怖の干物妖怪』
戦国の妖怪相手の方が楽かも

文化祭の当日
きゃー!
荒らされた家庭科室
ちっ、ありゃ妖怪黒天狗茸じゃねぇか
学校中を闊歩する妖怪達。一体どこから来たの?
日暮神社のこの札で退治してくれるわ!
かごめは大事な発表があるでしょ
怖いけど、僕も手伝うよ
勝負だ、覚悟しろ妖怪め
次回、犬夜叉『干物妖怪と激闘文化祭』
何してんの北条君、相手は本物よ

突然祠が破られ、封印されていた妖怪が蘇った
そいつは美しい娘を見ると、自分の子供を産んでくれと告げ、無理矢理連れて行ってしまうそうじゃ
む~、むごい、なんて事を…
って法師様、その口で言う?
娘さん達、この私が必ずやお守りして差し上げます
次回、犬夜叉『猪九戒と略奪された花嫁』
とんかつは好きだけど、妖怪の花嫁になるのはごめんよ

七宝ちゃんの前に、子狐君達が現れた
お前らいきなり何じゃ?
我らの大先輩七宝親分とお見受けしました。俺達も親分みたいに強く鍛えて下さい
必殺技があるんでしょ?
狐妖術潰し独楽の事か?
もっと凄いの!
凄いの?ひょっとして犬夜叉のあの技か?
次回、犬夜叉『吠えろ七宝奥義 心の傷!』
戦いのために恋を捨てた、オラの悲しいお話じゃ

鬼女の集落を探さなくちゃいけないのに、法師様って鼻の下伸ばしちゃってさ
ねぇ珊瑚ちゃん、弥勒様とは何にもないの?
え?何の事?
白霊山で二人っきりだったでしょ?素敵な思い出とかなかったわけ?
やだなかごめちゃん、私と法師様はそんな関係じゃ…
私は弥勒様も珊瑚ちゃんの事好きだと思うんだけど
次回、犬夜叉『観音掛け軸 呪いの罠』
ピンチの時って本音が出るじゃない

妖怪に操られ、弥勒様を襲う珊瑚ちゃん。そんな、二人が戦うなんて
妖かしを飲まされたか、今助けてやるぞ。…っ!やはり集落のおなご達ほど簡単にはいかぬか。珊瑚、全くお前は敵に回すと恐ろしいな。だが、このまま殺されるわけにはいかん!
次回、犬夜叉『弥勒法師のもっとも危険な告白』
お前は私にとって、特別なおなごなんだ

海神の祟り?珊瑚ちゃん達がガラスの像にされちゃった
あの女怪しいぞ
鉄砕牙を狙って罠をかける謎の美女、娑蘿
やっぱりてめぇの差金だったんだな
貴様ごときを倒すのに、女の力は借りぬ
殺生丸様、あの娘は何者ですか?
綺麗な人だったね
あれは人間ではない
次回、犬夜叉スペシャル『殺生丸を愛した女』
必ずや、殺生丸様のお望みを…

何だとハチ、夢心様が死ぬ?
えぇ、残念ですが、あっしは見ちまったんです
夢心様って、法師様の育ての親の?
けっ、誰だっていつかは死ぬんだ。しんみりしたってしょうがねぇだろ
いえ、犬夜叉の言う通りです、生きとし生ける物は必ず死ぬんです
法師様
何かオラ達にできる事はないのかのぅ?
次回、犬夜叉『弥勒の師匠 最後の宴』
せめて冥土の土産、叶えてあげましょうか

夜な夜な起きる謎の事件
金持ちの家ばかりを狙い、どんなに厳重に戸締まりしても
何者かが侵入し、金目の物を奪っていくという
盗賊にしてはあまりにも不思議。姿を消せる妖怪?祓い屋のおばあさんと共同戦線で撃退できるかしら?
次回、犬夜叉『怪奇透明妖怪現る現る!』
オラに任せろ!必ず見破ってみせる!

北条家の秋時が、困り事を抱えてやって来た。聞けば、乾坤の薙刀という妖刀を封じるために、旅をしておるらしい
あの北条君のご先祖様なのよね。現代に残っていた北条君ちの家系図にかごめって名前があったけど、ひょっとして私、現代に戻れなくなって、この秋時君と結婚するの?
次回、犬夜叉『ご先祖様の名はかごめ』
ふふっ、これは嵐の予感じゃ

おめぇが 坤の刃を狙う星黄泉か。何のために妖刀を欲しがる?
お前には関わりのない事を、語る必要も無い
恐るべき妖忍法を使う妖忍達の攻撃で、私と北条君は犬夜叉達と引き離されてしまう
まさかかごめ様とたった二人で風雷神社に行かねばならぬとは…。ん?二人だけ?おぉ!
次回、犬夜叉『妖怪山河ふたりのサバイバル』
ひょっとして、これは不幸中の幸いでは?

この女、助けたければ風雷神社まで来るがいい。無論 坤の刃を忘れぬようにな
全てはそれがしの責任です。かごめ様をこんな事に巻き込んでしまったのも、星黄泉などの手に落ちてしまったのも
今はそんな事言ってる場合じゃねぇ。かごめをあのバケモンの手から助け出すんだ!
しかしどうやって!?
鉄砕牙が錆刀のままではないか
次回、犬夜叉『昇雲の滝の大決闘』
んなの、気合いがあればなんとでもなる!

私は人間を決して許さぬ!何故月黄泉は私を封じた!?
あなたに思い出していただきたかったのです
月黄泉…
かつてあなたが持っていた優しさ、私達が共に生きたあの日々を
人を愛しむ思いの強さ。それは、恐るべき刃に秘められた悲しみに打ち勝つ事ができないの?
次回、犬夜叉『永遠の想い 乾坤の薙刀』
叶わなくても、消えない思いがきっとあります

静かにしてな、すぐ終わるからさ
お前達が僧や神官を殺し回っている者達か。妖怪の赤ん坊を抱いた女と人は呼んでいたが、この赤ん坊、むしろ女より数倍禍々しい
お前のような坊主なら、あの世とこの世の境を覗けるかもしれんな
次回、犬夜叉『解き放たれた妖馬炎蹄』
馬の分際でやってくれんじゃねぇか

てめぇが化け馬の封印を解いただと?
炎蹄が乗り手に選んだという禍々しい子供
わしは白童子、察しの通り奈落の落とし子だ
お前があの世とこの世の境を覗くのは何故だ?そこに何がある?
見えたのは白い霧の世界。お前達も探してみるか、四魂のかけらを?
次回、犬夜叉『暴走炎蹄と戦慄の白童子』
いいのかよ、そんな大事な事を教えちまって

オイラは甘太、見ての通りの
狸か
カワウソじゃ
白童子に倒された甘太ちゃんのお父さん
体を見つけ出す事ができれば、助かるかもしれんのじゃな?
でも、体が退治されたら生き返れなくなるって
急げ犬夜叉、間に合うかもしれん
あぁ。でも甘太の親父の近くにややこしい奴がいる
次回、犬夜叉『父を訪ねて三千里』
天生牙が騒ぐ。救えというのか…?

四魂のかけらがある場所は、犬夜叉のお父さんのお墓がある、あの世とこの世の境
けっ、墓参りに来いってか?
でも、お墓の入口になる黒真珠は、以前私達を通した事で役目を終えてしまったの
他に入り口はねぇのか?何?色々な宝玉を育てている宝仙鬼に会えばあるいは、だと?
次回、犬夜叉『宝仙鬼と最後のかけら』
俺は腕ずくでもぶんどるぜ

あの世との境にある火の国の門。そこにあった巨大な石像が動き出す
こやつらは牛頭と馬頭、ここの番人じゃ。その門は死者しか通れぬところ
通りたき者は、奴らの手で死者となる
なっ!こいつら風の傷が効かねぇ
奴らはこの世の刀では切れぬ
次回、犬夜叉『あの世との境に異様な門番』
死んでその門を開いてもらうぞ

俺達が火の国に行っている間に、妖怪が暴れ出した
鳥を使って人を襲わせてるみたい
てめぇ奈落の手先か、周りの最猛勝が何よりの証拠だ!女をたたっ切るのは趣味じゃねぇけどな、てめぇはタチが悪過ぎるぜ
あいつ、奈落と関わりがあるらしいけど、手先って感じじゃないね
次回、犬夜叉『気性荒い鳥使い 阿毘姫』
嘘!?風の傷が弾かれた!

五十年前、桔梗姉様はこの御神木に犬夜叉を封印した。犬夜叉よ、お姉様に四魂の玉を奪われたお前が、何故安らかな顔で眠っている?
戦いをやめて、人間になってみないか?
俺が人間に?
次回、犬夜叉スペシャル『めぐり逢う前の運命恋歌』
答えは骨喰いの井戸のみぞ知る

奈落の妖怪どもじゃ
何かを探している感じです
さしずめ、聖様の行方?阿毘姫の鳥の大群を、たった一本の矢で消し飛ばしたというし
白童子の結界も破りおったぞ
奈落も気づいたって事?聖様が桔梗かもしれないって。見つけ出してまた殺すつもり?
奈落にとっちゃ邪魔もんだからな
次回、犬夜叉『聖者を導く不思議な光』
死魂虫。桔梗は生きているの?

山の麓で一人になった時、聖様に会った。それは、桔梗が操る人型だった
本当の桔梗は水の中に。生きてるの?それとも…
お選び下さい
お救いするか、しないか
お救いできるのは
あなたしかいない
あなたは今
この方の命を握っている
次回、犬夜叉『かごめ 本能の選択』
私しか救えない?だから選べと言うの?

聖様が現れた頃、阿毘姫の母は妖怪が寄りつかない場所に気づく
奈落を殺す…
あいつと関わってからろくな事がない
鳥を使ってその場所に攻め込む阿毘姫。応戦する人々の中に、琥珀君の姿が
昔こうやって戦ったような気がする。仲間と一緒に力を合わせて…
次回、犬夜叉『守れそして奪い取れ!』
琥珀、お前は赤子を守るのだ

誰なんだ俺は?
記憶を無くし、奈落に操られる琥珀君
誰なんだあの人は?
再会を果たした珊瑚ちゃんの事も思い出せない
お前、またやってしまったんだね?
また…?
阿毘姫と犬夜叉が対決するさなか、悲しい過去を背負った姉と弟が激突する
次回、犬夜叉『運命は残酷な再会』
死んだって構わない、例え刺し違えてでも

再会した桔梗はまだ完全には治っていなかった。無理だ、お前はこっちで待ってろ!
ならばこれをかごめに渡せ。使いこなせるかはかごめ次第だがな
託された一本の矢。その意味は?そして阿毘姫の母・鉄鶏と対峙した奈落が、遂にあの世とこの世の境への道を開く
次回、犬夜叉『あの世とつながる妖怪』
結界を解いたのは、奈落の罠だ

奈落を追って、血の川を下って俺達は、遂にあの世とこの世の境に辿り着く
でもいきなり光の槍が襲ってきた
気に入らねぇな、槍の出処は親父の墓じゃねぇか
四魂のかけらを狙う墓泥棒め
この髑髏、宝仙鬼殿か?
わしと共に来る事は、かけらが自ら望んだ事
次回、犬夜叉『四魂のかけらを守る鬼』
誰が来ようとも渡しはせん

遂に手に入れたぞ、四魂の玉の最後の一かけら
宝仙鬼のかけらを奈落が奪った
調子に乗ってノコノコ出てきやがって!俺はこの時を待っていたんだ!
神楽に導かれた殺生丸も決戦の場へ
弟を助けに駆けつけたか?お優しい兄上様だな
半妖風情が父上の墓を荒らしおって
次回、犬夜叉『墓前決戦! 殺生丸VS犬夜叉』
奈落を殺せるのは殺生丸しかいねぇ

わしを切り刻むたびに瘴気が満ち溢れる。この場にいる者はいずれ死に絶える
人間ごときの命と引き替えに剣を鈍らすほど、この殺生丸は甘くはないわ
ひー!や、やっぱり!?
瘴気が来る!
わしを切れ
宝仙鬼!
奈落の結界を切るために、わしを切るのだ
次回、犬夜叉『奈落を貫け金剛槍破』
この一撃で全ての決着をつけてやるぜ!

厨子ネズミを暴走させる白童子。そばには琥珀君の姿が
ネズミどもはほうぼうに散り、人里を襲う。今にこの国は食い尽くされるな
でも散らばっていたネズミが集まり始める
これはまるで、妖かしを誘い集めて滅する法。高い霊力がなければできない事だ
次回、犬夜叉『大暴走無数の妖怪ネズミ』
この流れの先に、桔梗が

桔梗一人をおびき出すために、いくつの村が食い潰されたと思ってんだ!?
奴に会ったら伝えておけ、貴様が奈落から逃げ回る限り、何度でも同じ事が起きるとな
琥珀、お前もネズミの餌食にされるんだよ
ごめん姉上、でも命令には従うしか無い
次回、犬夜叉『琥珀の決意と珊瑚の心』
一刻も早く奈落を倒さなければ

久しぶりに現代に戻った私は、犬夜叉の事でみんなから質問攻め
かごめちゃんの彼、おうちに来てるの?
見たい、見てみたい
かごめの不良の彼
でも、犬のお兄ちゃんはママが姉ちゃんにあげた自転車を壊しちゃった
任しとけ、俺が弁償してやっから
え!?金剛槍破でダイヤモンドを出すですって?
次回、犬夜叉『幸せを呼ぶフタマタ暴力男』
鉄砕牙でバンバン作るぜ!

妖怪の花嫁に望まれた娘さんが衝撃の告白
私は弥勒様と結ばれたと言っているではありませんか
許すから、昔の事は許すから、一緒に湖の底で暮らすのじゃ
珊瑚、話せばわかる
そばに来ないで。なんかやっぱり駄目みたい…
次回、犬夜叉『弥勒法師 昔のあやまち』
珊瑚、そんなに私が信用できないのか?

どうした、邪見?
りんが妖怪にさらわれました
妖怪退治を専門に請け負う法師様が助けに行ったらしいけど
その法師様は妖怪嫌い。殺生丸と鉢合わせしたらまずいですね
人間が生半可な術でもかけてみろ、殺生丸なら切り伏せちまうぞ!
私怖くないもん
次回、犬夜叉『殺生丸様と永遠に一緒』
殺生丸様、りんが死んでも忘れないで

退治屋の里、それは珊瑚ちゃんの故郷。その近くで雲母が琥珀君と再会する
心配してくれるのか雲母?ありがとう。でも今はまだ姉上のところには戻れないんだ
記憶が戻った事も隠して、奈落を狙う琥珀君。そして弟を思う珊瑚ちゃん。雲母だけが二人の心を知っていた
次回、犬夜叉『琥珀珊瑚雲母 秘密の花園』
雲母、ここで琥珀と一緒にいたの?

七宝ちゃんが宿り蛹に取り憑かれた
凶暴化していたずら三昧とは困りましたね
ははは、いい気味じゃ
村の人達カンカンだわ。早く見つけないと退治されちゃうわよ
馬~鹿、馬~鹿!狐火なんて熱くもなんともねぇんだよ
むむむ、まだ奥の手があるんじゃ
次回、犬夜叉『最強の敵 宿り蛹七宝』
何で俺にばっかきつい術仕掛けてくんだよ!?

奈落の重大な秘密に近づいた桔梗を、卑劣な罠が襲う
白霊山以来か。どうした桔梗?わしに会いたかったのだろう
後ろに立たれても気づかなかった。どういう事だ
待ちやがれ奈落!てめぇの相手はこの俺だ!
桔梗と奈落、そして犬夜叉と私達を巡る大いなる因縁の全てが、今ここに集まる
次回、犬夜叉『奈落を倒す最大の手がかり』
犬夜叉、奈落を倒す方法が一つだけある

桔梗が探し、殺生丸が追う奈落。倒すには心臓を仕留めるしかない
奈落を裏切った神楽は、遂に俺達を心臓の在処へ案内するが
誘い込まれたのは鬼の腹の中
貴様達は鬼の中で溶けて消えろ。四魂のかけらだけを残してな
生きるか死ぬか、これが最後の戦い
次回、犬夜叉『二人の絆 四魂のかけらを使え!』
頼むかごめ!俺を支えてくれ!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 雪野五月 山口勝平 戦国時代 犬夜叉 高橋留美子 少年サンデー 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)