アルドノア・ゼロ 二期

欠けた月の向こう側、静かな鼓動が脈を打つ
戦端の幕が切って落とされる
次回、『眠れる月の少女
始まりの行方を探して、消えない影に手を伸ばす

地表から遠く離れ、少年達は虚空を駆ける
再びの邂逅は、新たな戦火の種を撒く
次回、『異界の隣人たち』
交わす銃口その先に、白く冷たい星が降る

崩れる世界の片隅で、静かに刃は牙を剥く
癒えぬ傷跡は、栄誉の戴冠
次回、『旋転する罠』
叶わぬ未来と知りながら、それでも悲しい夢を見る

烈風は刃のごとく、全てを薙ぎ払っていく
過去の欠片が、彼らの行く道を阻む
次回、『熱砂の進撃』
大地は砂塵を巻き上げて、その慟哭を響かせる

胸に秘めた憧憬を、その瞳が静かに暴く
招かれざる来訪者は、かすかな望みを明日に繋ぐ
次回、『謀略の夜明け』
全ては定めを握る鍵

耳に残るその声は、心を縛って離さない
偽りの名誉を懸けて、決闘の幕が上がる
次回、『深い森を抜けて』
もう振り返る事はない

吹きすさぶ風は荒野を走り、真実を覆い隠していく
ここから彼方へ、迷う事のないように
次回、『楽園の瑕』
いつかの声は、見上げた空に溶けて消える

数多の牙が、蹄鉄の音を轟かす
その土を踏みしめて、新たな道を拓くため
次回、『名誉の対価』
重なる影は、錆びつく記憶を呼び起こす

この手に繋ぐ世界のために、優しい嘘を重ねていく
まがい物の自分を演じる、ただ幸福な愚か者
次回、『夢幻の彼方』
そうして孤独の意味を知る

再会の地に、鉛の雨が降り注ぐ
息つく果てに待ち受けるのは、無情の正義の天秤
次回、『邂逅と訣別』
まぶたに残る熱を抱く、残響が消えるまで

乾かぬ傷跡を晒して立ち上がる
例え心が砕かれても、正しくなどなかったとしても
次回、『祈りの空』
最後の言葉は、あなたへ続く道標

美しい物を守るその手が
希望を謳うその声が
築く未来を照らすように
最終回、『いつか見た流星』
そして僕らは、ゼロに帰る
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 澤野弘之 小野賢章 花江夏樹 虚淵玄 ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ アルドノアゼロ 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)