ガンダム Gのレコンギスタ (差分)

(前話まで、同じ→参考)

ジット団の脅しに乗って戦えば、全く知らない宇宙に飛び込んでしまう
巨大なバッテリーの玉やフレームがあるからだ
そういう物を壊さずに戦うなんて、神様でも無理
戦った僕も偉くないのは、壊してしまうからだ
次回、Gのレコンギスタ『フレームのある宇宙』
そんな宇宙など無いという人、見て下さい

宇宙にも海があった
僕は侵略者でもないのに、海水地獄の攻撃を受ける
ジット団は巨大なフライパンのような兵器を出して、僕を焼き殺そうとした
海の底の穴を塞ぐためなのだが、それにつき合うわけにはいかない
次回、Gのレコンギスタ『海の重さ』
これは友達と一緒に見る

アイーダ姉さんがラ・グーという人と話をしたらしいけれど、何も教えてくれず地球に戻る事になった
ジット団がフルムーン・シップを持ち出して、戦いを拡大する危険があるからだ
僕は母に会えても、マニィは僕らのそばから姿を消してしまった
次回、Gのレコンギスタ『地球圏再会』
目を回さないで見てくれ

マスク大尉の部隊がフルムーン・シップに合流しようとすれば、ドレッド軍がそれを止めようとした
それにベッカー部隊が絡めば、僕はビームカーテンを広げるモビルスーツと激突する
宇宙で人の絶叫を聞いてぞっとした
次回、Gのレコンギスタ『ニュータイプの音』
君は動画を見なければ、見えない!

二つの宇宙艦隊を一挙に撃破できるモビルスーツで、バララ・ペオールが出撃してきた
それをG-セルフの力で沈める事ができたのだが、悲劇も起こった
しかし戦場を生き延びるためには、涙を流してはいられないのだ
次回、Gのレコンギスタ『宇宙のカレイドスコープ』
これは食いついて見てはならない

生き残り戦艦クノッソスがフルムーン・シップを乗っ取ろうとすれば、戦場はビーナス・グロゥブの新型機が乱舞する事になる
僕は、お父さんに戦死された姉さんを慰める間もなく、マニィとマスクに襲われて大気圏突入をする事になった
次回、Gのレコンギスタ『死線を越えて』
目を離せるものなら、離してみろ

何のための戦いなのか、と考えている暇はなかった
武器を持つパイロットは、地球に帰っても戦う衝動は激しかった
それは僕もだ
しかしアイーダ姉さんは冷静に戦場を見ていて、一瞬にして僕をなだめてくれた
次回、Gのレコンギスタ『大地に立つ』
見てくれる君へ、感謝の心を
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 始まりのG 石井マーク G-セルフ モビルスーツ 富野由悠季 ガンダム Gのレコンギスタ 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)