黄金バット

南の海に次々と発生する奇っ怪な事件
そして突如姿を現す魚の怪物、マンモスキラー
戦うは、正義の味方、黄金バット
息詰まる黄金バットナゾーの戦い
来週放送する『マンモスキラー』にご期待下さい

平和な村を襲撃し、罪も無い村人を秘密基地に誘拐して、強力な攻撃ロボット・ゲーゲオルグの完成を急ぐ、憎い科学者ナゾー
その敵を倒す者、我らが正義の勇者、黄金バット
黄金バット対ゲーゲオルグの対決
来週お送りするナゾー編『ゲーゲオルグ』にご期待下さい

ヤマトネ博士の考えた新兵器、103号の秘密書類を盗もうとする怪しい男
103号の秘密とは一体何か?
平和のために役立つというその武器も、悪い事にも利用できるというのです
その悪い敵とは一体誰か?
そうです、宿敵ナゾーです
ナゾーを倒す者、それは正義の勇者黄金バットです
だが敵は、強力なロボット・ゲーゲオルグを使って、黄金バットに迫ります
黄金バット危うし
来週お送りする『危機一髪』にご期待下さい

無人島に緑の楽園を作ろうとする人達から、協力を頼まれたヤマトネ博士
この事を妨害しようとする恐ろしい敵ナゾー
ナゾーはこの島に咲くガーベラという花を、人喰い植物に変化させ、その魔の手を伸ばしてくるのです
迫る人喰い植物
さぁ、このピンチを救うただ一人の勇者、正義の味方黄金バット
宿敵ナゾーに対して、我らの黄金バットはいかなる戦いを展開するのでしょうか?
来週は『人食い植物』をお送りします

ダレオ君の誕生日に不思議な事件が発生したのです
プレゼントに贈られたメロンが、金属製の物なら何でも飲み込んでしまうという、恐ろしい怪物メロンだったのです
それを操る者は何?またしてもナゾーの仕業か?
対決する我らの黄金バットは、いかなる戦いを展開するのでしょうか?
黄金バット、この次の放送は『メロン爆弾大追跡』をお送りします

砂漠の真ん中に大農園を建設中のヤマトネ博士
突如襲った砂の嵐
そして不気味な笑い声と共に、姿を現したナゾー
大農園を自分の物にしようと企むナゾーは、恐ろしい新兵器を次々に使って攻撃してくるのです
憎い科学者ナゾーに、我らの黄金バットはいかなる活躍をするのでしょうか?
黄金バット、この次の放送は『サンドベロニヤ』をお送りします

シベリアのツンドラ地帯に、世界中の科学者が力を合わせて建設した素晴らしい科学の都、国際都市
しかし素早くその事に目をつけた憎い敵ナゾーは、宇宙生物アリゴンを使って、いよいよその魔の手を伸ばしてくるのです
危機に晒された国際都市
このピンチを救うために、敢然と立ち上がった、我らの黄金バット
黄金バット、この次の放送は『宇宙怪獣アリゴン』をお送りします

川の底の砂金が、突如消えてしまうという恐ろしい事件が、次々と発生したのです
原因をつきとめようと、ヤマトネ博士達は世界一砂金のある島、黄金島へと急ぎます
しかし敵は待ち受けていたように、恐ろしいカイコの怪獣を使って襲撃してくるのです
さぁ、この怪物カイコの正体は一体何か?
またしても敵はナゾーか?
いよいよ我らの黄金バットの登場です
黄金バット、この次の放送は『怪物ガイゴン』をお送りします

優秀な原子、ウランXの世界最大の生産地、ウラン島
この島に早速目をつけたナゾーは、巨大な怪獣や、全ての物体を吸い込んでしまうという不思議な壺を使って、ウラン島攻略に恐ろしい攻撃を仕掛けてくるのです
ウラン島の危機は、世界最大の科学の危機です
さぁ、いよいよ我らの黄金バットの登場です
黄金バット、この次の放送は『ウラン島大決戦』をお送りします

エジプトに眠る財宝の所在を解く秘密の箱が、突如襲ってきた怪人のために奪われるという大事件が発生したのです
一路エジプトに急行するヤマトネ博士達
だが先回りして待っていたのは、そうです、ナゾーだったんです
この危機に、敢然と登場する我らの黄金バットは、いかなる活躍を展開するのでしょうか?
黄金バット、この次の放送は『謎のフィンカーメン』をお送りします

ニューヨークで開かれた科学者会議の最中、奇っ怪な事件が発生しました
突如科学者達が狂ったように笑い出したのです
運良く逃れたヤマトネ博士は、科学者達が食べたきのこの中から毒素がある事を発見したのです
恐ろしい悪の科学者ナゾーは、世界の人達が笑い狂っている時に、世界制覇の目的を一挙に達成しようというのです
この重大な危機を救う者、我らが黄金バットの登場です
黄金バット、この次の放送は『ジンガーの毒キノコ』をお送りします

万年雪の中で、不気味に光る目、また目
ここは飢えた狼や人食い熊のさまよう、ヒマラヤの奥深くです
零下数十度の寒さに耐え、雪礫で大木を倒す不思議な五人の子供達、ミュータント5
そして彼らを操るのは、雪のママと呼ばれる恐ろしい雪女
またしてもナゾーは、彼らの能力を利用しようとします
現われよ、黄金バット
黄金バット、この次の放送は『ミュータント5』をお送りします

町の時計台が不気味に十二時の鐘を鳴らす時、ヤマトネ博士が、怪しい黒猫に襲われます
果たして黒猫の正体は?
またしてもナゾーの陰謀か?
冴え渡る三日月の下、遂に我らの黄金バットと、ブラックギャットの対決です
大木を裂くブラックギャットの爪、地を叩くシルバーバトン
そしてブラックギャットの体に隠された秘密とは一体何か?
黄金バット、この次の放送は『原子ブラックギャット』をお送りします

火を吐くレーザーガン、ミサイルに飛び込むロケット弾
ナゾーの軍の指揮官、破壊魔ネロは、防衛軍の基地を狂ったように爆破し続けます
ヤマトネ博士の一行に、飽く事無く襲い掛かるナゾーの魔手
岩噛み、踏み砕いて現れたのは、巨大な怪獣サブゴンです
その時、大空に響き渡る黄金バットの高笑い
「ははははははは!」
山奥の湖、古代インカ帝国の遺跡
バットと怪獣の死闘が繰り広げられます
黄金バット、この次の放送は『破壊魔ネロ』をお送りします

悪の科学者ナゾーが、執念かけて作らせたロボット、岩人ギルトン
世界最大のダムの建設現場に、ナゾー軍の総攻撃が仕掛けられた
上がる火柱、燃えるギルトン
その時、大空の一角に金色の光が走る
我らの黄金バットが振るう正義のシルバーバトン
だが、悪の首領ナゾーを追うバットの前に、またもや恐ろしい罠があった
耳をつんざく雷鳴
草原の怪獣カマークが、不気味な鎌を振りかざす
黄金バット、この次の放送は『岩人ギルトン』をお送りします

浮く、浮く、宙に浮く
豪華船が、快速列車が、そしてスーパーカーまでも
反重力光線を放つ、電子怪鳥ガルガー
全世界の原水爆を保管する巨大な鉛の倉庫へ、ナゾーの呪文が怪鳥ガルガーを呼ぶ
ゆらゆらと大空へ舞い上がる不気味なエネルギーの塊
黄金バット、叩け、怪鳥ガルガーの翼を
打ち砕け、人類の平和を乱すナゾーの陰謀を
黄金バット、この次の放送は『怪鳥ガルガー』をお送りします

数千年の謎に包まれたイースター島
ここに世界最大の水晶が眠っているという
その名は、ポリネシアの星
探検に行ったヤマトネ博士の一行
またもやナゾーの目が光る
突然大地が揺れ動く
怪獣バラゴを操る男、地底の支配者シッタンが現れたのだ
岩を溶かすバラゴの熱光線
その時、古代の神殿に響き渡る黄金バットの笑い声
「ははははははは!」
黄金バット、この次の放送は『ポリネシアの星』をお送りします

暗闇バットが蘇る
今を去る五万年の昔、アトランティス大陸に恐怖の嵐を巻き起こした、あの暗闇バットが
黄金バットを永久に憎み続ける悪の怪人
その棺を、ナゾーの手が開いたのだ
暗闇バットの黒バトンが蛇となって黄金バットを締めつける
一つ目怪獣ゲムチャーが、黄金バットに襲いかかる
立て、立て黄金バット
悪を永遠に葬るのだ
黄金バット、この次の放送は『バット対バット』をお送りします

深く青い水の底に、青い炎の国がある
きらめく炎に包まれて光り輝く生命の玉、コバルト70
狙うナゾーの四つの目
正義の味方よ、コバルト70を悪の手に渡すな
だが、青い炎の国の人々が、そしてナゾーの魔の手が、ヤマトネ達を襲う
糸を吐く毒蜘蛛、迫る巨大なムカデ
現われよ、黄金バット
風を切れ、シルバーバトン
黄金バット、この次の放送は『青い炎の国』をお送りします

南の島に奇っ怪な事件が発生しました
歌や踊りを楽しんでいた観光客が、突然眠り込んでしまったのです
原因は、どこからともなく聞こえてきた不思議なボンゴのリズムです
このままだとボンゴのリズムは、世界の人達をみんな眠らしてしまいます
さて、ボンゴを操る憎い敵は、またしてもナゾーか?
この危機に登場する我らの黄金バットは、いかなる活躍をするのでしょうか?
黄金バット、この次の放送は『ボンゴ作戦』をお送りします

ドラゴンストーン
宇宙の果てから流れ着いた強力な破壊エネルギーが、ナゾーに持ち去られ、ペロン火山の噴煙の中に消えた
ナゾーを追うヤマトネ達の前に、突然無数の剣が空を飛び、原始怪獣ケンダーが襲いかかる
その時、大空に燦然と光を放つ黄金バットの姿
だが、ナゾーの執念は、すでにドラゴンミサイルを完成し、世界征服の夢を追っていた
黄金バット、この次の放送は『謎のペロン火山』をお送りします

ブラック仮面の黒い姿が、ハリケーン爆弾の秘密を狙う
ヤマトネ博士を待ち受ける恐ろしい罠
博士に危機が迫る
その時、壁をもつんざく黄金の光
世界の平和に、またしても嵐を巻き起こすナゾーの鉄の爪
この悪を許すな
振るえ、シルバーバトンを
正義の味方、黄金バット
だが、目もくらむ稲妻に誘われて、地獄の怪獣ネッキーが奇っ怪な頭を振り上げる
黄金バット、この次の放送は『怪盗ブラック仮面』をお送りします

北大西洋の波の底、海の墓場サルガッソー
朽ち果てた潜水艦が横たわる所、悪魔のルビーが怪しく光る
数億年の間、地球の磁気エネルギーを蓄え続けたこの玉を、またしても狙うナゾーの世界征服の野望
その時、正義を守る光が深海の底にきらめき走る
だが黄金バットを待ち受けて、海の怪獣アナコンダが牙を剥く
黄金バット、この次の放送は『悪魔のルビー』をお送りします

強力な核エネルギーATG
地球の開発に役立てる爆薬の工場を、突然ナゾーのロボット達が占領した
だが、黄金の髑髏が空を飛ぶ、風を裂いて走る
怒りに燃えるナゾーの爪が、通りに町に、全ロボット軍の出動を命ずる
罪の無い人々を踏みにじる鋼鉄の足、また足
「ははははははははは!」
更に巨大な怪獣イーモンスが、赤い炎を吐きかける
黄金バット、この次の放送は『ロボット都市』をお送りします

怪しい光が科学センターの夜の闇を破る
疾風のように襲う光線人間ボルド
そして、大量のウラニウムがどこかへ持ち去られた
不安におののく人々の上に、遂にゴールド爆弾を完成したナゾーの勝ち誇った声が響き渡る
全世界に無条件降伏を求める不気味な笑い
その時、黄金の髑髏が眩く光り、悪に立ち向かう
だが、木を揺るがすゴールド爆弾の音に、古代の恐竜バグラーが荒れ狂う
黄金バット、この次の放送は『光線人間ボルド』をお送りします

深く淀んだ沼の底に、血に飢えた牙を鳴らす恐竜タランゲー
獰猛な叫びが、タランテの谷にこだまする
そしてシルバーバトンのきらめきも、光線銃の光に打ち消される
ナゾーの黒い影が、恐ろしい罠を作って黄金バットを待ち受けていたのだ
迫る危機、また危機
タケルを、マリーを、そしてヤマトネを襲うナゾーの魔の手
悪夢を見ているのか?正義を救う者はいないのか?
黄金バット、この次の放送は『タランゲーの眼』をお送りします

冴え渡る月の光の下、夜空に笛の音が流れる
奪われた我が子を求めて、今もなおさまよい歩く伝説の女王アキシス
噂を耳にしたナゾーがまたもや抱く悪の企み
鉄の爪が、五百年の敵を指し示す
ヤマトネを襲う狂った剣、恨みの刃
その時、黄金の光が空にきらめく
シルバーバトンが正義を救う
だが女王の身を守って、骸骨怪獣スカルパが吠え叫ぶ
黄金バット、この次の放送は『アキシスの剣』をお送りします

神秘と謎の宇宙空間に突然巨大なコウモリの黒い翼が羽ばたく
次々と繰り出すロケット部隊
ミサイルが飛ぶ、また飛ぶ
身をかわしてスーパーカーに迫る宇宙コウモリ
その時、無限の宇宙空間に光り輝く黄金バットの姿
宇宙の片隅の幽霊ステーションで、タケルが見た物は何か?
恐ろしい鉄の棒が風を裂く
髪を振り乱してバットを襲う怪人サラム
そしてまたもや背後に、ナゾーの黒い影が浮かぶ
黄金バット、この次の放送は『宇宙コウモリの謎』をお送りします

赤々と聖火が燃えて、世紀の祭典オリンピックのファンファーレが鳴り渡る
はためく万国旗
だがその中で、黒い星が嵐を呼ぶ
新興国ブラックスター活躍の影に、不気味に笑うナゾーの目
一同に集まった世界の元首達に、レーザーガンの銃口が冷たく光る
その時、青空高く翻る正義のマント
悪を砕けシルバーバトン
だが数万の大観衆を前に、怪獣ウガンギーが大地を裂いて現れる
黄金バット、この次の放送は『超能力改造人間』をお送りします

プラント岬の崖の下に、今日も荒波が打ち寄せる
七百年の歴史を秘めたこの城を、世界征服の軍事基地にするために、魔王ナゾーの目が狙う
城を守る老人を、平和のために戦うヤマトネ達を、次々と襲う魔の手
その時、夜空に響き渡る黄金バットの高笑い
「はははははははは!」
だが、古城の静けさをつんざく光線銃に狂って、奇っ怪な液体怪獣が襲い掛かる
黄金バット、この次の放送は『ゆうれい塔』をお送りします

静かな青空を裂いて、突然怪しい電波が走る
一瞬の内に破壊される平和な世界
悪の電波基地を追い求めるスーパーカーの前に、果て知れないアフリカの砂漠が、そして、底知れぬナゾーの陰謀が広がる
バロン王国の王位を巡る争いに巻き込まれるヤマトネ達
火を吐く石の巨像
危うし、タケルに襲いかかるバロンの神
その時、大空を光が駆ける
正義のマントが風をはらみ、シルバーバトンが悪を倒す
黄金バット、この次の放送は『悪魔の巨像』をお送りします

轟き叫び、大地が揺れる
踏み砕かれる鉄塔、押し潰されるビル
ナゾーの鉄の爪に操られて、透明怪獣グラスゴンが荒れ狂う
怪物の姿はどこにあるのか?防ぐ方法は無いのか?
巨大な足跡だけが、ヤマトネ研究所に迫っていく
その時、黄金のコウモリが空に舞う
シルバーバトンの光が目を射る
そしてタケル達の捨て身の攻撃に、恐ろしい悪魔の怪獣が姿を現す
黄金バット、この次の放送は『透明怪獣グラスゴン』をお送りします

暗黒の海に突然現れた巨大な怪物
うごめく赤い手、黒い手
その手に襲われるスーパーカー
その時、高らかな笑いが響き渡る
怪獣電気クラゲも、奇っ怪な正体を現して襲いかかる
黄金バット、倒せ、影で操る悪の企みを、ナゾーの陰謀を
だが、電気クラゲの恐ろしい熱量が、氷の山を溶かしていく
膨れ上がった海の水が、世界の国々に押し寄せる
迫る、人類の危機が迫る
黄金バット、この次の放送は『世界大洪水』をお送りします

晴れた空、緑の芝
人々の平和な世界がそこにある
突然天地を揺るがして火山が火を吹き、大地がひび割れる
そして吹き上がる溶岩の中から、恐ろしい地底の怪獣が姿を現す
何者の仕業か?影で操る悪の手の正体は?
行け、ヤマトネ博士
行け、タケル
平和を守れ、世界を救え、岩を砕いて進め
だが、人の知らない地の底で、悪の科学者ナゾーの目が不気味に光る
きらめけシルバーバトン、怪獣モグラーの群れを倒せ
黄金バット、この次の放送は『地底怪獣モグラー』をお送りします

深く暗い地の底で、ナゾーの陰謀はなおも続く
秘密を知った人々に魔の手は伸びる
またしても岩を砕いて出動する、ヤマトネ博士のドリルカー
恐ろしい地球爆発の大計画を巡って、善と悪との戦いが渦巻く
神秘に満ちた地底の空洞に、恐竜メガトンザウルスが吠える
正義を救え、黄金バット
きらめけ、シルバーバトン
しかし、ナゾーの執念も燃える
地球大爆発のボタンは押された
そして、地底の怪獣ドゲラが赤い炎を吐く
黄金バット、この次の放送は『地球大爆発』をお送りします

血の匂いを求めて水を切るふかの群れ
怪獣ゲゲラの凶暴な二つの首が荒れ狂う
地球防衛軍の最新型潜水艦を追って、アフリカの深海に伸びるナゾーの魔の手
危うし!タケルとマリーがゲゲラの牙に身を晒す
更に巨大な海蛇が、不気味な体をくねらせる
その時、大空を裂いて飛ぶ正義のマント
「はははははははは!」
あくまでも青い熱帯の海に、シルバーバトンが光る
黄金バット、この次の放送は『双頭怪獣ゲゲラ』をお送りします

巨大な恐竜が大地を揺るがし、凶暴な牙を剥く
原始鳥が怪しい声で鳴き叫ぶ
弱い物が滅び、強い物だけが勝ち誇る前世紀の世界に、またもやナゾーの黒い影が浮かんだ
黄金バットを待ち受ける恐ろしい罠
だが、シルバーバトンはきらめき、風を切って飛ぶ
大木の生い茂る密林に、恐怖の硫黄の谷
マントがはためく、ドクロが光る
その時、この地の果ての島に、大自然の怒りが降り注いだ
黄金バット、この次の放送は『恐竜の罠』をお送りします

熱帯のジャングルに突然消えた探検隊の一行
謎の地図を手掛かりに、スーパーカーはアマゾンの奥地へと飛ぶ
なんの秘密を指し示すのか?
行く手に白い骸骨達が不気味な指(?)をあげていた
咲き乱れる花々、爽やかなせせらぎ
だがタケルは見た、美しい谷間にまたしても影を落とす、ナゾータワーの巨大な姿を
迫るレーザーガン
そして、怪獣ステゴンが一行を襲う
その時、灼熱の太陽を背に、黄金バットの笑いが響く
黄金バット、この次の放送は『骸骨の水先案内』をお送りします

黒雲が黒雲を呼んで太陽を覆い隠す
暗闇となった地球上に大混乱が訪れる
世界征服を狙うナゾーが、またしても抱く大陰謀
地球暗黒の日が遂にやって来たのだ
人類を救うため、悪の根を突き止めるため、黒雲の正体を求めて飛ぶスーパーカー
だが一行の前に、不気味な占い師が杖を振るって立ちはだかる
その時、正義のマントが風をはらむ
だが雲を吐く怪獣バスラーが、奇っ怪な叫びをあげて襲いかかる
黄金バット、この次の放送は『地球暗黒の日』をお送りします

青い青い空に太陽が燃える
色とりどりの屋根が輝く
情熱と神秘の国インドで、タケル達が巻き込まれた不思議な事件
謎のダイヤ、インドの女王を追い求める者、それはまたもやナゾーの魔の手だった
危うし、タケルとマリー
その時、光がきらめく、正義の笑いが響く
寺院の奥の秘密の部屋で、襲いかかるヨガの魔剣
シルバーバトンも風を裂く
だが、ナゾーの執念は凄まじかった
どうどうと落ちる滝の下、怪獣ゲンガルルーが奇っ怪な牙を剥く
黄金バット、この次の放送は『インドの女王』をお送りします

機銃が唸る、弾が岩をかむ
地底都市の機密書類を奪い取ろうと、ナゾーの円盤はあくまでも襲い掛かる
危機が迫る、正義に危機が迫る
そして、一行にはぐれて深い森をさまようマリー
その身にも、悪の手は伸びていく
死の沼に住む妖婆が、不気味に笑って立ちはだかる
悪が勝つのか?いないのか、正義を救う者は?
その時、大空高く黄金の光が輝く
だが、地を割って現れた怪獣ヒードロの鋭い舌が風を裂く
黄金バット、この次の放送は『妖婆の怪獣ヒードロ』をお送りします

空を撃つ陽子銃、炸裂する岩
黄金バットの戦いに敗れた部下達に、ナゾーの目が厳しく光る
残酷な裁きに怯えて、ナゾータワーを脱出する一人の部下
助けを求める必死の声に、スーパーカーは飛ぶ
だが危うし、後ろには悪の追手が
そして前には一つ目の怪獣ベッガーが、不思議な口を開けて叫ぶ
その時、大地を割って、またしても高らかな笑い声が響く
「はははははははは!」
黄金バット、この次の放送は『廃坑の一つ眼怪獣』をお送りします

鋭い爪の先から無数の針が飛ぶ
野獣の群れを焼き尽くす炎
ライガーマンは吠え叫ぶ
暗黒大陸アフリカのケニア草原
科学調査に向かうヤマトネ博士の前に、合成怪獣が立ちはだかった
世界征服を狙うナゾーの陰謀が、またしてもここに渦巻いていたのだ
立て、立て黄金バット
人々の平和な暮らしが脅かされている
振るえ、正義のシルバーバトンを
悪を滅ぼせ、ライガーマンを倒すのだ
黄金バット、この次の放送は『ライガーマンの逆襲』をお送りします

オラの全財産を科学のために使ってくんろと、変な紳士が町に出た
百億ドルのダイヤを狙うナゾーの目
悪の一味の企みが、可愛い殺し屋を空から呼び寄せた
にっこり笑って人を撃つ
人を撃ってはまた笑う、そのガンさばき
姿を現わせ黄金バット
マリーが危ない
貴重なダイヤをナゾーに渡すな
だが、海の波をかき分けて、不思議な怪獣フォンタムが迫ってくる
「はははははははは!」
黄金バット、この次の放送は『死を呼ぶ女』をお送りします

ヤマトネ研究所へ舞い込んだ不思議な手紙
象形文字の謎に誘われて、スーパーカーは飛ぶ
火を吐くケムラー火山へ
突然一行を襲う炎、吹き出す毒ガス
噴煙の中に待ち受けていたのは、またもやナゾーの悪の罠だった
そして、死の洞窟に響く老婆の笑い
無数の吸血コウモリが、血を求めて羽ばたく
立て、立て黄金バット
戦え、正義のために
だが、流れ出る溶岩の中から、怪獣シェルゴンが不気味な姿を現した
黄金バット、この次の放送は『こうもり老女と怪獣シェルゴン』をお送りします

催眠電波がスパークする
偉大な生物学者の頭脳がみるみる悪の脳細胞に作り変えられていく
そして何も知らないヤマトネ博士に、ナゾーの罠が誘いをかける
赤く光る幻の鉱石、ゲロンチューム90の謎に惹かれて、スーパーカーは飛ぶ
悪の一味が待ち受ける岩山へ
危ない、光よ走れ
正義を守れシルバーバトン
だが、大地が割れて、怪獣ゲロンが襲いかかる
火を吐くゲロン、バットも宙を飛ぶ
黄金バット、この次の放送は『幻のゲロンチューム90』をお送りします

悪の科学者ナゾーが、新しい殺し屋と手を結んだ
奇っ怪なせむし男が指笛吹けば、二人の可愛い坊やが飛び出す
鉄を引き裂くその力
巨大なロボットもたちまち分解されていく
小さい暗殺者に襲われて、危ない、ヤマトネ博士が危ない
そして、恐ろしい罠が黄金バットを待ち受ける
枯葉地獄がバットを包む
怪獣ホムラーの鋭い舌が風を切る
戦え、黄金バット
黄金バット、この次の放送は『小さい暗殺者』をお送りします

無数のコウモリが風を裂いて襲いかかる
死人の国のこうもり怪人が、黄金バットに戦いを挑んだのだ
行く、バットは行く、怪人を追って死の城へ
人食い花が、様々な怪獣達が待ち受けるアマゾンの奥地へ
底無し沼のほとり、不気味にそそり立つ死の城で、繰り広げられるバットと怪人の死闘
恐ろしい氷地獄がバットを襲う
コウモリが飛ぶ
そしてついに、こうもり怪人が奇っ怪な正体を現した
黄金バット、この次の放送は『怪人こうもり男』をお送りします

トラックが宙を飛ぶ、燃え上がる
サーカス団の怪獣が檻を破って暴れ出した
ワニの体にサイの首
巨大な尾を降るその姿に、ナゾーの目が吸いつけられていた
そして、恐ろしい悪の企みが成功した
ナゾーの爪が操れば、大怪獣ガブラーは荒れ狂う
悪の怪獣と化して人々に襲いかかる
光れ、シルバーバトン
風を切れ正義のマント
戦え黄金バット、平和のために
黄金バット、この次の放送は『サーカス怪獣ガブラー』をお送りします

炎がゆらめき、怪しい老婆の呪文が高まる
風が吹く、大地が轟く
耳を裂く雷鳴の中に、あの凶悪な暗闇バットが蘇った
地の底に広がるナゾー帝国を守って、正義の味方を待ち受ける恨みのブラックバトン
だが、黄金バットは行く、タケルを救いに
稲妻が走る、銀の杖が唸る、正義のマントが宙を飛ぶ
その時、怪獣ウーゲルモの巨体がバットを襲う
倒せ、悪を倒せシルバーバトン
黄金バット、この次の放送は『よみがえる暗闇バット』をお送りします

地底の大基地が完成して、世界に危機が迫った
その時、地下基地のレーダーに金色の光が迫る
黄金バット、悪を倒せ
今こそ暴くのだ、ナゾーの正体を
地球征服の夢を破られて、悪の帝王は怒り狂う
どこから現れたのか巨大な怪獣が、鉄の爪を振るってバットを襲う
死闘、また死闘
ナゾー帝国が崩れていく
そして、人の知らない四次元の世界で、暗闇バットが最後の対決を迫る
黄金バット、この次の放送は『ひび割れるナゾー帝国』をお送りします
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : ヤマトネ 小林修 少年キング ナゾー 永松健夫 紙芝居 黄金バット 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)