牙狼 -紅蓮ノ月-

『縁刀』
いくら欲っしても届かぬ物がある
望めば遠のく
ならば望まねば?

『呪詛』
光に群がる物
それは人も虫も同じ
求める物も、果たして同じ…?

『赫夜』
むか~しむかし、ある所に、竹取の翁という…
いやいや、そんな話では…

『袴垂』
ささやかな願い
それは罪?
交錯する思いの果ては?

『伏魔』
親は子を思い、子は親の心知らず
そして闇は、静かに

『母娘』
月を読み、夜を見る
闇を追い、魔を狩る
それぞれの真意がそこに

『兄弟』
失う事から得た物
得られぬからこそ、芽生えた光

『光滅』
光と影~
黒と白~
相反するから面白い

『一寸』
視点が変われば、映る世も変わる
勿論友も

『斬牙』
望まぬ光
望んだ力
伸ばした手には、まばゆい白銀

『曲宴』
平安に、思い馳せれば虫が鳴く
その虫の名は、腹の虫なり

『相克』
変わらぬ重さの両天秤
いずれか選べば、いずれか溢れる

『星明』
漆黒の闇の中、道標は明けの明星

『月華』
歪んだ鏡
本当に美しい物は、人それぞれ

『最低』
いつの世も、変わらぬ理
人間だもの

『兇悪』
主君がため、おのがため、求め続けて、歪んだ形

『星滅』
星は消え、月はなお赤く、そして、闇は深まる

『繚乱』
暗き咆哮
千切れゆく鎖
雷は、赤く染まる

『依代』
黒き者、真白き者
交わる事なき、真実の果て

『対決』
交差する光
今こそその胸に問う
おのが刃は、何のため

『共鳴』
思いは強く、闇に光を
そして、慟哭の時

『嶐鑼』
目覚めた獣
試される心
紅蓮の月、なおも赤く

『討月』
繋がれる思い
眼差しは強く、遠く、明日を見つめ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 雷吼 朴璐美 桂正和 ガロ 牙狼 紅蓮ノ月 GARO 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)