やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

#02 彼と彼女の告白は誰にも届かない。
京都か~、八幡は行きたい所あるの?
そうだな、ま、どこ行っても一緒というか、逆に一緒ならどこでもいいんだがな
八幡らしいね。僕は映画村とか嵐山とかかな。嵐山は温泉もある…
な、何っ!?温泉!?あ、あれ?と、戸塚
八幡…ZZZ…
うるさい、材木座うるさい、ちょっと静かに
一緒に行こうね…
守りたい、この寝顔

#03 静かに雪ノ下雪乃は決意する。
は~、お兄ちゃんいないと静かだね~。ねぇ、かー君?ほれほれほれほれ~
にゃ~
お兄ちゃんうまくやってるかねぇ?ねぇ、かー君?
にゃ~
はぁ、お兄ちゃんいないと暇だな~。かー君遊ぼう。よーしよしよしよしよし、可愛いでちゅね~、毛並みつやつやでちゅね~、よーしよしよし
うにゃー
わ~、かー君どこ行くの?…はぁ、早く帰ってこないかな…?

#04 そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。
あの~、あ、大丈夫なんですかね?それなりの人が出てくると私も気が楽でいいんですけど
そうなると葉山クラスになるな
葉山先輩は駄目です
まぁ、最悪どうにかする
助かります~。誰も助けてくれないんですもん。もう先輩達しか頼れないんですよ。あ、私、部活あるので。では、よろしくで~す
うぅ…

#05 その部屋には、紅茶の香りはもうしない。
えっと、ミラノ風ドリアとペペロンチーノとドリンクバー…、あぁ、あと辛味チキン!
頼み過ぎだろ
ふ~ん、サイゼはリーズナブルな価格と普通に美味いのがいいところだからな
だよな?サイゼ最高だよな。あぁ、俺はフォッカチオとドリンクバーで
それだけでよいのか?
あぁ、フォッカチオにガムシロかけて食うと超美味いしな
何それ美味しそう!我も食べようっと!…あ、あと、チョリソープロシュート!
必殺技かよ…

#06 つつがなく、会議は踊り、されど進まず。
ねぇいろはす、もう他に運ぶ物なさげ?いろはす?
あ、戸部先輩、冷蔵庫はそこじゃないです、奥です。あとヒーターは机のそばです
あ、あぁ、それ最初に聞きたかった…。いろはす、俺これからクリスマスの短期バイトなんだよね
あ、でも私、暇じゃないですか。生徒会室の模様替え早く済ませたいですし
う、うん…。いやでもバイトがね…。あ~、マジ葉山君早く来てくれよ~
え?葉山先輩が?あ、戸部先輩もう大丈夫なんで帰っていいですよ
お、おう…

#07 されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。
それぞれのタスクのプライオリティを考えた上で、優先順位をつけていくべきだね
それ行ける!
それ同じ意味だろ。何回優先してんだよ
今僕らに求められているのは、若者ならではのフレキシブルで柔軟な発想なんじゃないかな?
それある!
それ同じ意味だ。どんだけ柔らかくなっちゃうんだよ
よし、これでみんなのリソースを落とし込むスキームの準備はできたね。次のブレストが楽しみだ
んっん。ん~、準備しかできてない…

#08 それでも、比企谷八幡は。
そろそろ、次の会議のアジェンダを確認しないとね
アジェンダ!それ超~大事だよね
スケジュールはクラウドで共有してもいいよね
クラウド、それマジ強そう
レジュメもアップしておいた方がいいか
レジュメ!それ美味しそ~
バッファをしっかり取って
バッファ!それマジ超美味しい
うん、大体決まったね。じゃ、ブレストを重ねて結果にコミットしよう
結果にコミット。それある~。…で、何について話すの?
え?
え?

#09 そして雪ノ下雪乃は。
だっは、ビールが美味~い!
しかし柄にもなくいい話をしてしまった
さすが私、いい教師だな~
いや、いい女?
いい女なのに、何で結婚できないかな~?
あ、すいません、鶏わさ下さい
ついでに旦那も下さ~い、なんちゃって
あ~、もうクリスマスか
ちっ、気分悪い
仕事さえなければな、仕事さえなければクリスマス遊びに行くんだけどな
すいません、ハイボール下さ~い
…結婚したい

#10 それぞれの、掌の中の灯が照らすものは。
贈り物をする全ての人達の中で、この二人が最も賢かったのです。世界中のどこよりも誰よりも、賢者の贈り物。って、本当に?夫婦でもっとちゃんと話し合えばいいのに。この二人コミュニケーション不足で別れそう
…っ、ルミルミ容赦ねぇな
そのルミルミっていうのキモい
キ…キモっ?ちょっと、もういっぺん言ってみろ、いや、言って下さい
キモい
っ!もう一回。いや、あと三回
はぁ…、馬鹿ば~っか

#11 いつでも、葉山隼人は期待に応えている。
これはきっと自分自身の本性なんだ
だから結局手放す事ができずに
ただ封じ込めて
見てみないふりをしてきた
ただ自分を真実によって糾弾されたかった
おためごかしのお道化を見抜いてほしかったんだ
外からこちらを見る瞳によって
だから期待していた
もしかすると自分の事を見つけてくれるのではないかと
見抜いてくれるのではないかと
真実
それが空虚な妄想でないと、どうして言い切れるのだろう?
本物なんて、あるのだろうか?

#12 未だ彼の求める答えには手が届かず、本物はまちがい続ける
そっか、隼人文系行くんだ
じゃ、あーしもそれでいいかな~
そんなに簡単に決めてしまっていいの?
あーしやりたい事とか別に無いし。受験は浪人できるけど、これってそうはいかないし
大変だぞ、あれの相手は
は?ヒキオに言われるまでもないんですけど。そういう…、何?めんどいのも含めて、さ。やっぱいいって思うんじゃん
そっか、もっと簡単でよかったんだ

#13 春は、降り積もる雪の下にて結われ、芽吹き始める
欲しい物がある
でも、頭がいいわけでもないし、ずるいから
自分の答えは一つだけ
だけど、それはきっと望まれている答えじゃないんだと思う
欲しい物と望まれている物は、とってもよく似ているのに、何でこんなに違うんだろう
本当は、嘘でもいいのに
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ライトノベル 渡航 ガガガ文庫 俺ガイル 稲毛 江口拓也 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)