神無月の巫女

大蛇が村にもたらした悪夢は、黒い渦となって私を飲み込み、押し流して行きます
砕かれる日々の暮らし、巻き込まれた人達
定めの重さに逃げ出す私を、大蛇の鎖が縛り上げます
次回、神無月の巫女 第二話『重なる日月』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

こうして私の新しい日々が始まりました
寄せては返す定めの波が、私を大きく大きく揺り動かします
それでも私は信じていました
きっと大丈夫、だって千歌音ちゃんと一緒なんだから
でも、でも…
次回、神無月の巫女 第三話『秘恋貝』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

久しぶりの休日
私は大神君に遊園地に誘われました
巫女の使命と幼馴染への思いの狭間で戸惑う私を、千歌音ちゃんは励まし、優しく送り出してくれます
でも、その笑顔の裏に隠されていたのは、本当は…本当は…
次回、神無月の巫女 第四話『思い賜うや』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

ただ愛するが故に、ただ求めるが故に
優しさだけで、勇気だけで、世界がいっぱいに満たされてくれればいいのに
お願い千歌音ちゃん、私を連れて行って
次回、神無月の巫女 第五話『夜闇を越えて』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

その人は春の陽射しの中で佇んでいました
太陽よりも眩しく、胡蝶よりも優雅で、花園よりも艶やかに
この出会いの先に待つ定めも知らず、乙女は乙女に魅せられ、酔いしれていきます
次回、神無月の巫女 第六話『日溜まりの君』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

それは鏡、心を映し出す鏡
そこにだけ映る思い、胸に秘めた伝えたい事
本当の事はただ一つのはずなのに、伝えたい言葉は一つしかないのに、それだけが届かなくて…
次回、神無月の巫女 第七話『恋獄に降る雨』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

いつも私の事を守ってくれる、いつも一緒にいてくれる
どんな時だって、私の思いを優しく受け止め、支えてくれる大切な人
だから私も応えたい、その人のために私も
次回、神無月の巫女 第八話『銀月の嵐』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

日は落ちて月は陰り、ただ涙が頬を止め処なく流れ落ちていきます
走っても追いつけなくて、手を伸ばしても届かなくて
それでも私はさまよい続けます、灯火にも似た何かを求めて
次回、神無月の巫女 第九話『黄泉比良坂へ』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

抱き寄せてくれる腕は変わらずに優しいのに、微笑みはまるで刃のように私を切り刻む
月影のようにその人の本当は、私の手からすり抜けていく
でも、それでも私は…
次回、神無月の巫女 第十話『愛と死の招待状』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

空に黒い月が昇り、最後の戦いの幕が上がります
本当が欲しいから、もう一度確かめ合いたいから、私達は激しく切り結びます
血と火花で世界を赤く赤く染め上げながら
次回、神無月の巫女 第十一話『剣の舞踏会』
千歌音ちゃん、私どうしたらいいのかなぁ

手渡されたのは、血まみれの真実
悲しくて残酷な神と輪廻の物語、それが私の望んだ物
どんな安らぎよりも、幸せよりも、命よりも大切な私だけの唯一の答え
最終話『神無月の巫女』
千歌音ちゃん、私の本当受け取って
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 神無月の巫女 萌えアニメ 百合 巫女 KOTOKO 古事記 月刊少年エース 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)