機動戦士Vガンダム

ウッソがあの日、オレンジ色のモビルスーツにかじりついて、あのパイロットと出会っていなければ、今日のような事は起こらなかった
でも、ウッソは全力で危機を乗り越えようとした
次回、機動戦士Vガンダム『マシンと会った日』
見て下さい!

ウーイッグに入ったウッソが見た物は、炎に包まれた町を逃げるたくさんの人々でした
カテジナさんを捜すウッソのシャッコーを、レジスタンスが攻撃をし、ベスパのゾロは、ウッソに襲いかかるのです
次回、機動戦士Vガンダム『ウッソの戦い』
見て下さい!

イエロージャケットの攻撃はカミオンを狙い、カサレリアを狙っているように見えました
ウッソは死に物狂いで戦い続け、その恐怖のどん底の中で、ウッソは人の悲鳴を聞いたのです
次回、機動戦士Vガンダム『戦いは誰のために』
見て下さい!

ウッソは、地下工場の人達にヴィクトリーのパイロットと認められてしまいました
それが、ウッソをますます怖い目にあわせるのです
イエロージャケットの中にも、恨みを抱いてヴィクトリーに襲いかかる人がいたからです
次回、機動戦士Vガンダム『ゴッゾーラの反撃』
見て下さい!

空襲の混乱の中で、工場に隠れていた敵に、伯爵とカテジナさんが連れて行かれてしまいました
カサレリアに戻る事しか考えていない私にも、ウッソは怖いから戦ってしまうんだという事はわかるんです
次回、機動戦士Vガンダム『戦士の輝き』
見て下さい!

魂を凍えさせるオートバイの音が、カミオンを襲っても、私には何もできない
カミオンと別れたかったはずのウッソが、また戦場に立ってしまえば、戦士になってしまう
私から離れていってしまう
次回、機動戦士Vガンダム『ギロチンの音』
見て下さい!

ギロチンにうなされるウッソは、カサレリアに帰ってしまいました
けれど、カミオンを狙う新型モビルスーツ部隊の波のように続く攻撃に、ウッソはガンダムのビームサーベルを振り上げていくのです
次回、機動戦士Vガンダム『激闘!波状攻撃』
見て下さい!

カサレリアにまでモビルスーツが襲ってきました
何の因縁でしょう
ガンダムは奪われてしまって、それを取り戻そうとして、ウッソ達は戦ってしまう
これが、懐かしい故郷との別れになったのです
次回、機動戦士Vガンダム『旅立ち』
見て下さい!

カミオンを離れて、アーティジブラルタルへ向かったウッソと私は、敵の部隊に出会ってしまいました
そして、それは次にモビルスーツ同士が戦い合う狂乱の光景になったのです
次回、機動戦士Vガンダム『鮮烈!シュラク隊』
見て下さい!

他人の口から自分のお父さんの名前が出れば、ウッソだっていても立ってもいられず、戦いからも逃げ出したいんです
私は、爆撃の轟音に心がすくんでしまって、ヤナギランの種を埋めるだけ
次回、機動戦士Vガンダム『シュラク隊の防壁』
見て下さい!

綺麗な女性を見ると、ウッソはすぐ幸せになってしまいます
突然、お店の前にギロチン台が作られ、ベスパは平和な港町の人々まで、従えようとするのです
そこで、ウッソは再び戦います
次回、機動戦士Vガンダム『ギロチンを粉砕せよ』
見て下さい!

両親の事を聞くために、アーティジブラルタルに行ったウッソは、パブで出会ったお姉さんに再会してしまいました
そのファラのマシンと戦ったばかりに、ウッソはマヘリアさんを守れなかったのです
次回、機動戦士Vガンダム『ジブラルタル空域』
見て下さい!

ベスパは、とうとう総攻撃を始めてしまいました
カテジナさんが乗ったシャトルの上で、下で
そして、ウッソには、ケイトさんの叫びを聞いてしまう戦場になったのです
次回、機動戦士Vガンダム『ジブラルタル攻防』
見て下さい!

宇宙に出たウッソ達は、隕石の群れに出会ってしまいました
その宇宙のゴミの中で、ウッソはベスパのパイロットの拳銃の前に立ってしまったのです
次回、機動戦士Vガンダム『スペースダスト』
見て下さい!

両親を捜すために上がった宇宙で、ウッソはベスパの人質になった子供達と出会ってしまいました
それが、敵の宇宙船を奪い取る事になるとは、誰が予想したでしょう
次回、機動戦士Vガンダム『リーンホース浮上』
見て下さい!

カサレリアから見えた、月の近くにあるコロニー
そこのザンスカール帝国の女王が、兵士を奮い立たせて、戦争に駆り立てるのです
女王とは、一体どんな人なのでしょう
次回、機動戦士Vガンダム『帝国の女王』
見て下さい!

ジン・ジャハナムさんに会えば、両親の事がわかる
ウッソはそう考えて出撃します
敵と味方の入り乱れる戦場は、ウッソには恐ろしく、私達は宇宙に放り出されてしまうのです
次回、機動戦士Vガンダム『宇宙艦隊戦』
見て下さい!

宇宙に投げ出された私達を捜しに出た事で、ウッソやトマーシュさん達は、ベスパの正規軍に襲われてしまい、私には、信じられないような運命が降りかかってきたのです
次回、機動戦士Vガンダム『シャクティを探せ』
見て下さい!

カイラスギリーへの進撃を前に、ウッソと、マーベットさん、ジュンコさんは、気持ちが一つになきれません
こだわりの心を持ったまま、それぞれに戦えば、戦場はただ混乱するだけなのです
次回、機動戦士Vガンダム『決戦前夜』
見て下さい!

リーンホースはカイラスギリーに突入を始めました
渦巻く閃光の中で、ウッソは、使う人の意志で武器が凶暴になったり、優しくなるのを、見てしまったのです
次回、機動戦士Vガンダム『戦略衛星を叩け』
見て下さい!

ウッソはベスパのパイロット、ゴッドワルドさんと再会してしまいました
でもそれは、お互いの命を懸けた戦いをする事だったのです
戦士が生き抜くための、心を伝えるために
次回、機動戦士Vガンダム『宇宙の虎』
見て下さい!

病気のマルチナさんを、お医者さんに見せるために、ウッソ達はザンスカールのコロニーに潜入しました
そこでウッソは、見た事もないような強大なモビルスーツに出会ってしまうのです
次回、機動戦士Vガンダム『ザンスカール潜入』
見て下さい!

私はお母さんに出会いました
やはり敵の女王なのです
そんな事を知らないウッソとシュラク隊は、ザンスカールの首都を空襲します
私はウッソの敵になってしまうのでしょうか
次回、機動戦士Vガンダム『首都攻防』
見て下さい!

ザンスカールにいるシャクティの事は、みんなの心配事でした
ウッソ達は本国へ入港する艦隊に紛れ込んで、コロニーに侵入しようとしました
そこで、ウッソは、女王マリアと出会ってしまうのです
次回、機動戦士Vガンダム『敵艦と敵地へ』
見て下さい!

クロノクルとの戦いで、ペギーさんは戦死をして、ウッソとマーベットさんは捕まってしまいました
オデロさん達は、マリアとウッソが一緒にいる姿を見つけるのですが、その女王は神秘の儀式をしなければならないのです
次回、機動戦士Vガンダム『マリアとウッソ』
見て下さい!

敵になったカテジナさんとの戦いは、オリファーさん達の助けで切り抜けました
けれど、戦争はたくさんの血を求めていたのです
ジュンコさんの死を乗り越えて、ビッグキャノンを使うウッソは、悲しみに絶叫します
次回、機動戦士Vガンダム『宇宙を走る閃光』
見て下さい!

捕虜となった私達は、オリファーさんとマーベットさんの結婚式で、敵を油断させようと計画します
けれど、ベスパのタイヤに乗ったモビルスーツは、そんな私達を見逃しはしません
ウッソ達も、これを利用してガンダムを取り戻すのです
次回、機動戦士Vガンダム『大脱走』
見て下さい!

私達は船を取り戻しましたけど、ウッソはルペシノという婦人に捕まって、恐ろしい拷問を受けるのです
命からがら宇宙に脱出したウッソは、裸のまま新しいガンダムに乗り込まなければならないのです
次回、機動戦士Vガンダム『新しいスーツV2』
見て下さい!

私達はベスパの秘密警察に追われている女の人を助けてしまいました
その人は、何とウッソのお母さんその人だったんです
その夜、ミューラおばさんは、リガミリティアの戦いに参加している事を、ウッソに告白したのです
次回、機動戦士Vガンダム『母のガンダム』
見て下さい!

私はモトラッド艦隊を地球へ向かわせないために、クロノクル司令に会いに行く決心をしました
ベスパの秘密警察についていく私を、ウッソは連れ戻そうとして、私の代わりにウッソのお母さんがカテジナさんのモビルスーツに捕まってしまったのです
次回、機動戦士Vガンダム『モトラッド発進』
見て下さい!

修理中のアドラステアを叩くために、オデロさん、トマーシュさんが、初めて出撃しました
竜のようなモビルアーマーが二人の前に立ちはだかり、その上機体に取りつくベスパの兵士達とも戦わなければならないのです
次回、機動戦士Vガンダム『ドッゴーラ激進』
見て下さい!

モトラッド艦隊を追って地球に降りた私達は、海底都市アンダーフックでカテジナさんに出会います
でもカテジナさんは、ウッソの言葉を聞かずにマリア女王を信じる人達を使って、私をさらおうとするのです
次回、機動戦士Vガンダム『海に住む人々』
見て下さい!

遂に作戦は開始されました
ウッソのお母さんと私を乗せた艦隊が、町を、人を、踏みにじるのです
乱戦のさなか、ウッソは核爆発をさせてまで艦隊を止めようとする事に震えるのです
次回、機動戦士Vガンダム『巨大ローラー作戦』
見て下さい!

敵の艦隊はまだ止まりません
ウッソ達は捕虜を使って、アドラスティアに潜入する事を計画して成功しました
ウッソとオデロは、私とミューラおばさんに会う事ができたのですが、ウッソはそこで辛い選択をしなければならなくなったのです
次回、機動戦士Vガンダム『母かシャクティか』
見て下さい!

ウッソのお母さんを助け出そうと、モトラッド艦隊に突っ込むマーベットさんとシュラク隊の激しい戦いの中で、ウッソの眼にした物は、母を盾にするモビルスーツと、それを押し潰そうと迫る黒い影だったのです
次回、機動戦士Vガンダム『母よ大地にかえれ』
見て下さい!

カサレリアに帰れる事になってもベスパの部隊の追撃は続きます
ホワイトアークの逃げ込んだ島で、魚の骨とその臭いにマルチナさん達は怯え、ウッソ達は海の上の戦いに苦戦するのです
次回、機動戦士Vガンダム『逆襲ツインラッド』
見て下さい!

ヨーロッパを目の前にして、またベスパが襲ってきました
みんなを戦闘に巻き込んでしまった責任をとろうと、オデロさんは必要以上に頑張り、ウッソはV2のシールドを最大に使ってモトラッド艦を追い払おうとするのです
次回、機動戦士Vガンダム『北海を炎にそめて』
見て下さい!

ようやく帰り着いたカサレリアにも敵は潜んでいました
故郷の森がモビルスーツの爆発に焼かれていきます
でも、ウッソは強くなりすぎたV2と、自分自身の力に怯えて戦えなくなってしまうのです
次回、機動戦士Vガンダム『光の翼の歌』
見て下さい!

鈴の音が降りかかります
ウッソはマチスさんの家族をカサレリアに預けて、巨大なモビルスーツとビームを交えました
今までにない威力にウッソ達は…
ベスパの攻撃は一層ホワイトアークを苦しめ始めたのです
次回、機動戦士Vガンダム『超高空攻撃の下』
見て下さい!

宇宙に上がった私達を待っていたのは、恐ろしいビームを持つモビルスーツと鈴の音でした
ウッソはV2の翼を広げ、私達を導いてくれたのですが、艦隊の集まるハイランドで思いがけない人と再会するのです
次回、機動戦士Vガンダム『父のつくった戦場』
見て下さい!

ウッソのお父さんの援護を受けて、私達はベスパの艦隊に攻撃をかけます
ファラとタシロの動きを気にするウッソ
その前に、ルペシノさんの恐ろしい攻撃が迫り、ウッソはそれをはねのけてピピニーデンに近づこうとします
次回、機動戦士Vガンダム『鮮血は光の渦に』
見て下さい!

自分を無視する父に戸惑いながらも、鈴の音に惹かれて戦場に飛び込んでいくウッソとシュラク隊
タシロ艦隊の攻撃に、ホワイトアークはエンジェルハイロウに流されてしまいます
駄目よ、みんな早くまとまらないと
次回、機動戦士Vガンダム『戦場の彗星ファラ』
見て下さい!

これ以上戦いを広げないために、私は母マリアに会う決心をします
でも、それが誤解を生み、私は見てしまうのです
愛し合うが故にお互いをビームで貫いてしまう二人の戦士を
次回、機動戦士Vガンダム、『愛は光の果てに』
見て下さい!

完成したエンジェルハイロウは、精神コントロールの機能を発揮し始めるのです
ウッソは、次々に現れる過去の記憶や空想に悩まされながらも夢と現実の間で戦わねばならないのです
次回、機動戦士Vガンダム『幻覚に踊るウッソ』
見て下さい!

いよいよ、エンジェルハイロウが動き出しました
ウッソ達はファラの抵抗にあいながらも敵の懐に飛び込んでいきます
でもその頃、エンジェルハイロウの中では大きな事件が始まっていたのです
次回、機動戦士Vガンダム『タシロ反乱』
見て下さい!

戦いの中を、女達が駆け抜けていきます
鈴の音に憑かれた者、命をその身に宿した者、母の力を過信した者
それぞれの迷いが争いを続けさせます
だから私は全てを止めるために祈るのです
次回、機動戦士Vガンダム『女たちの戦場』
見て下さい!

消えゆく命があります
それは私の、そして全ての子供達の母の物でした
生まれくる命があります
大きな未来を宿した命が
子供達には、その輝きがとてもよくわかるのです
次回、機動戦士Vガンダム『消える命、咲く命』
見て下さい!

私を救い出すためにエンジェルハイロウに潜入するウッソとシュラク隊
光の翼の前にカテジナが仕掛ける突撃兵器は、女戦士の肉弾戦でした
人の影がモビルスーツに迫る恐怖にウッソは怯えます
次回、機動戦士Vガンダム『天使の輪の上で』
見て下さい!

宇宙の戦場は大地を悲しみの炎で焦がすまでになりました
リーンホースが、シュラク隊が敵の壁を打ち破っても、崩れゆくエンジェルハイロウの影には、悲しい業を払うかのように、ビームを撃ち、サーベルを振るうカテジナさんがいるのです
次回、機動戦士Vガンダム、『憎しみが呼ぶ対決』
見て下さい!

崩れ落ちるエンジェルハイロウの上で、憎しみと正義がぶつかり合います
平和の祈りが天使の輪を飛翔させるのでしょうか
昇天していく魂が光の翼を広げさせるのでしょうか
最終回、機動戦士Vガンダム『天使たちの昇天』
見て下さい!
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 機動戦士Vガンダム Vガンダム ガンダム 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)