ひぐらしのなく頃に祭

それは、誰もが忘れそうなほど地方の、小さな村の出来事
悲劇は幕を閉じ、その傷跡も、消え去ろうとしていたある日
青年はかつて出会った少女に、思いを馳せる
あの日、聞けなかった言葉
あの日、果たせなかった約束
その後悔と慟哭が、閉じられたままだった運命を開く、一つの光となった
ひぐらしのなく頃に祭 第零章 暇潰し
運命は、幸せだけじゃない
でも、不幸を望む人なんて、誰もいない

人は誰しも、辛い事から逃げたがるもの
人は誰しも、現実よりも夢を見続けたいもの
越えるべき壁、向き合う現実から目をそらし続けた先に、手に入れる物は、一体何なのか?
そして、失った物は…
ひぐらしのなく頃に祭 第壱章 盥回し
逃げる事は罪じゃない
でも、現実は夢のように、甘くなかった

始めは、ちょっとした不安だった
誰かを傷つけたいなんて、考えもしなかった
それでも、不安は孤独を生んで、そして疑念へと変わり、やがては黒い殺意が心を闇に閉ざしていった
戻らない日常
少年は足を踏み出す
その先が、奈落の底だとも気づかずに
ひぐらしのなく頃に祭 第弐章 鬼隠し
信じたいと思う気持ちが生んだ悲劇
流した涙は、懺悔か、それとも怨恨か

本当に伝えたいのは、違う言葉だった
本当に感じたいのは、違う心だった
すれ違いが溝を生み、ためらいの気持ちが、人を恐怖へと沈ませる
もう、誰も止められない
冷たい感情が、剥き出しの心を深く、残酷にえぐっていく
ひぐらしのなく頃に祭 第参章 綿流し
何故あの時と呟く、後悔の言葉
それはもはや、虚しい響きだった

守りたいと思う心に、嘘はなかった
大切にしたいと思う心は、誰よりも強いはずだった
優しさから生まれた黒い感情は、やがて殺意へと変わり
真っ白だった思いは、赤と黒で染まっていく
それが、守りたかった日常の崩壊を意味しているとわかっていながら
ひぐらしのなく頃に祭 第肆章 祟殺し
何が間違っていたのか
その答えを探して、悲劇は更に広がっていく

淡くて儚い、シャボン玉のような恋心
空を望めばやがて壊れて消えるように、少女の思いは虚しく叶わなかった
流した涙は、血の色となって生贄を求め、口を衝いた悲しみは、怒りとなって殺意を生み出していく
純粋過ぎる黒は全てを飲み込んで、闇を広げる
やがては、自分自身さえも
ひぐらしのなく頃に祭 第伍章 目明し
生まれてこなければよかったのか
血みどろの手は、虚空すら掴めなかった

幸せになるために、彼らは命を懸けて努力した
お互いがお互いをわかり合い、固い信頼で結びついていたはずだった
優しさ、思いやり、信頼、愛情
そんな思いが、駒を返すように白から黒へと変わっていった時、絆は脆くも崩れ去って、思いもしなかった悪夢が彼らを包み込んで、心の闇をさらけ出していく
ひぐらしのなく頃に祭 第陸章 憑落し
誰も、憎んでいたわけじゃなかった
ただ、ほんの少しの誤解が、全てを変えてしまった

笑い続けていれば、いつか幸せになれると信じてきた
誰かの事を思えば、相手も自分を思ってくれると信じてきた
悲しかった思い出を置き去りにして、少女は明日を見つめようと前を向く
甘えず、頼らず、たった一人で未来を切り開くために
その先にある物は、幸せか、それとも不幸せか
ひぐらしのなく頃に祭 第質章 罪滅し
誰かを愛したかった
でも本当は、誰かに愛されたかった

傷つけば傷つくほど、心は臆病になっていった
悲しい思いが深ければ深いほど、幸せを喜べなくなっていった
幾千度と繰り返されてきた、同じ時間、同じ世界
笑顔を忘れてしまった少女は、心に鍵をかけて引きこもるが、その隙間から差し込んでくる光に気づいて、顔を上げる
パンドラの希望は、本当に存在していたのだろうか?
ひぐらしのなく頃に祭 第捌章 皆殺し
取り戻した勇気と共に、明かされた闇の真実
諦めていた未来は、すぐ目の前にあった

祟りなんて本当は存在しなかった
ある者にとっての悲劇は、真実の中では単なる喜劇だった
神になりたかった者、神とされてしまった者
二つの思いが交差した運命は 沢山の心と一つの光に導かれて、終焉の時を迎える
最後に振られたサイコロの目は 果たして幾つの数字を打ち出すのか
ひぐらしの鳴く頃に祭 最終章 澪尽し
運命の迷い子達よ、さぁ、欠片を紡いで未来を開け
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

Tag : ひぐらしのなく頃に ひぐらし 竜騎士07 PS2 プレイステーション ゲーム 雛見沢 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)