文豪ストレイドッグス 二期

グラオガイスト、あの銃は符丁です。撃鉄に特別な彫り込みがしてあって、それがミミックの一員である事を証明します。僕もあの銃を貰い受けるのに一年かかりました
坂口安吾、お前は…
もし許されるなら、三人でもう一度飲みたかった、あの店で
次回、文豪ストレイドッグス、第十四話『戻れない場所』

我々はミミック、神の恩賞から見放されし死霊の軍団。俺と戦え、作之助。貴君だけが我らの魂を焼き尽くす事ができる
断る。俺は人を殺さない
ならば貴君にも見せてやろう、俺の頭の中にある地獄を
夢があった、いつかゆっくり机に座って…
次回、文豪ストレイドッグス、第十五話『いつか海の見える部屋で』

だが違うんだ
あいつはあまりに頭の切れる、ただの子供だ
暗闇の中で俺達が見ている世界よりも、遥かに何も無い虚無の世界で一人取り残され、ただ泣いている子供だ
今では、その孤独に土足で踏み込まなかった事を、少し後悔している
次回、文豪ストレイドッグス、第十六話『文豪ストレイドッグ』

鏡花ちゃんの武装探偵社での初めての仕事。それは書類を裁判所に届けるだけの簡単な仕事…のはずだったんだけど
私が得意なのが、色仕掛けで人目の無い所に誘い込んでから、ぐさりと刺す
それはもう忘れなさい。そんな鏡花ちゃんを追って現れる、ポートマフィアの追手。そして、更にとんでもない敵が現れた
次回、文豪ストレイドッグス、第十七話『三社鼎立』

あぁエリスちゃん、お絵描きがしたいならそんな小さな画用紙じゃなくて、この部屋の壁一面に描くがいい
お絵描きも人生も作戦も、枠に収まってたら面白くないんだから
あ、いい事思いついた
うん、敵に手紙を書こう
次回、文豪ストレイドッグス、第十八話『The strategy of conflict』
でも医療用メスでダーツをするのは、正直結構難しい

ギルドの異能力者達の魔の手が、ナオミちゃんと春野さんに迫る
国木田さんと谷崎さんは間に合うのか
一方ポートマフィアは闘争を制するために、封印していたとんでもない異能力者を解放してしまった
そいつのせいで、僕は…
次回、文豪ストレイドッグス、第十九話『ウィル・オブ・タイクーン』
僕がみんなを守る…はずだったのに

遂にギルドは、ヨコハマの町が壊滅するかもしれない恐ろしい作戦を発動させる
昔、僕が読んだ古い本に書いてあった
私は、自分のした事について後悔はした事はなかった
しなかった事にのみ、いつも後悔を感じた
次回、文豪ストレイドッグス、第二十話『頭は間違うことがあっても』
今度こそ、必ず僕がみんなを守る

ポートマフィアが武装探偵社と手を組む?
この町に生き、この町を守る組織として、異国の異能力者に町を焼かせるわけにはいかぬ
果たして過去の遺恨を超えた同盟が可能となるかな?万一そうなれば、黒社会最強のあのコンビが復活になるね
次回、文豪ストレイドッグス、第二十一話『双つの黒』
相変わらずの、幼女趣味か

わ~い、ギルドがこの僕に推理ゲームで挑戦してきた
これで少しは退屈が紛れるかな
でも僕に挑戦状出してきた、このポオって誰だっけ?
ま、いいや。勝てばギルドの飛行要塞モディービックの極秘資料をくれるらしい
凄い情報じゃないですか。手に入れば、この戦いの趨勢を左右する
次回、文豪ストレイドッグス、第二十ニ話 其の一『ポオと乱歩』、其の二『天の海をゆく白鯨のありて』
手に入れたら、社長は褒めてくれるかな?

とんだ期待外れだ。貴様がこれほどまでに愚かとは。これでは例え貴様を百回殺そうと、なんの戦果にはならぬ
戦果だと?
戦果無き限り、あの人はやつがれを認めぬ。太宰さんは決して…
この人、太宰さんって…。まさか…
次回、文豪ストレイドッグス、第二十三話『羅生門と虎と最後の大君』

君の苦悩は君だけの物じゃない
なりたい物と、向いてる物が違う時、人はどうすればいい?
生き方の正解を知りたくて、誰もが戦ってる
何を求め戦う?
どうやって生きる?
答えは誰も教えてくれない
我々にあるのは、ただ迷う権利だけだ
次回、第二十四話『若し今日この荷物を降ろして善いのなら』
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 文スト ヤングエース 春河35 朝霧カフカ 文豪ストレイドッグス 文豪 ストレイドッグス 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)