爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX

私、ミナミ。ミニ四駆の事はよく知らないけど、豪樹って子が隣に引っ越して来ちゃったでしょ。それでちょっぴり。その豪樹って、すっごい自信家。俺が世界一のミニ四レーサーだなんて威張っちゃって
悪いか
みんなはビクトリーズが世界一だって言ってるわよ
ほぉ、だったらビクトリーズと勝負してやろうじゃないか
次回、『勝負だぜ、ビクトリーズ!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

ある日俺は、ミニ四駆で遊んでいる連中と出くわし、対戦する事になった。相手は元俺がいたレーシングスクールの奴。かっとびで勝ってやるぜ。レースが白熱した時、突然割り込んできた奴がいた
こんなのがレースだって?笑わせるな
れ、烈矢?
ミニ四駆がどういう物か、俺が見せてやる
邪魔しやがって!頭来た!
次回、『嵐を呼ぶ兄弟対決』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

凄いレーサーがいると聞かされた俺は、勝負したくてそいつのいる所に出かけていった。そしてファイヤースティンガーを手に現れた噂のレーサーはなんと…女の子だった。強いのなんのって、俺はタジタジ。そんな時割り込んできたのは…烈矢!
兄貴は負けるぜ
これは俺のレース。邪魔するな
次回、『謎の少女レーサー』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

俺の入ったボルゾイレーシングスクールは、完全な実力主義。力の無い者は容赦なく振り落とされていくんだ
例え上級生だろうとな
Aクラスにいる弟の烈矢が、難しいその上のクラス、Sクラスの試験に挑んだ
ま、誰を相手にしろ、軽くクリアしてやるぜ
次回、『ボルゾイスクールの掟』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

ミニ四駆で遊んでる所に現れては、コース荒らしをやっている三人組がいるらしい。俺はびっくり!なんとその三人組の一人は…烈矢、お前!
もたもた走っているマシンを見るとムカつくからさ
それだけの理由で…
兄貴がなんと言おうと、俺はやりたい事をやるだけ
次回、『進め町内防衛隊!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

グレートジャパンカップって知ってるよな?俺知らなかった、春・夏・秋・冬の四回しかやらないミニ四駆のビッグイベントだって事
俺には興味の無いレベルの低いレース。兄貴は出るんだってな?
いいだろ、俺の勝手。どんなレースだって俺は一番になんの
次回、『炎の激闘! GJC(グレートジャパンカップ)の熱い冬!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー

一人で二台のマシンを使うレーサーがいるって話聞いたか?
何だそれ?
だから、二台のマシンにそれぞれ役割分担させ、そのコンビネーションで戦うレーサーがいるって事だ
一人で二台のマシンを使う…
よ~し、だったら俺とどっちが強いか勝負してやろうじゃないか
やめとけ、負けて恥かくだけ
冗談じゃねぇ、俺が勝つ
次回、『二台のマシンを使うすごい奴!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

百人抜きのレースにチャレンジって、本気で言ってんのか?
俺が一番強いレーサーだって事を証明するためにな
負けたらボルゾイレーシングスクールを辞めなきゃならない、それが決まりだぞ
心配無用
無茶だ!かつてその過酷なレースに挑んだものの、達成した者は何人もいない。そのレースに烈矢は挑もうというんだ
次回、『100対1の戦い!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

ボルゾイレーシングスクールのすっごいレーサーが現れた。そいつの名は真嶋左京
どうって事無いぜ
Sクラスっていえば最高のレベルだろ?
俺だってSクラスだ
その左京が烈矢より前に俺と戦う事になった。何だあの走りは!奴の持っている必殺技に俺は大苦戦。負けてたまるか!
次回、『脅威のロケットマシン!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

畜生~、何でスカっと勝てねぇんだ
負けて当たり前
何?
兄貴には決め技って物が無い
決め技って、必殺技の事か?
兄貴はいつもただ闇雲にかっとんで走っているだけ。そんなんじゃ、いつまで経っても負け犬。ふふふふ
おぉ、だったらその決め技ってやつを作ってやろうじゃないか
次回、『秘められた力』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

ボルゾイレーシングスクールが主催するレースがあるんだってな
レースの名前はボルゾイオープン。その第一回目だ
聞けば参加は誰でもOK。だったらこの俺が出て初代チャンピオンになってやるぜ
勝つのは俺だ
このレースにはスクールの有力メンバーの他に、マリナ、一馬も参加。最強の顔ぶれとなった
次回、『最悪のスタート! ボルゾイオープン開幕!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

レースは始まったばっかり。マックスブレイカーの底力を見せるのはこれからだ!
雑魚が何人向かってこようと、ボルゾイのトップ、Sクラスにいる俺に勝てると思ってるのか?
こっちには決め技ってもんがあるんだ
決め技?
名づけて、マックスストーム。見せてやるぜ
いつの間にそんな技を…
次回、『消えるマシン!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

レースは終盤に突入。俺と烈矢、そして左京、マリナの四人の対決となった
ボルゾイオープンを制するのはこの俺。プラズマでみんな弾き飛ばしてやる
烈矢も手強いが、左京も果敢にメテオバーニアで攻めてくる。貰った!俺がそう思ったゴール直前、とんでもないコースが待ち受けていた
次回、『果てしなきゴール! ボルゾイオープン決着!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

ボルゾイオープンに勝ったもんだから、ひとし達は俺の必殺技マックスストームがどうすればできるのか、それを探り出そうとつきまとう。しつこいのなんのって。ひっひ~、ま、しょうがねぇか。そんな俺が住んでいるGEN製作所に、烈矢がやって来た
兄貴、俺と勝負しろ
れ、烈矢、いきなりどうしたんだよ?
俺の走りはあんなんじゃない。兄貴に俺の本当の走りを見せてやる
次回、『烈矢の挑戦!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

久しぶりに兄弟一緒に暮らす事になった俺は、烈矢を裏庭のコースに誘ったんだけど…
やめとく。コースが短過ぎてZ-3の本当の力が発揮できない
そんなところでひとしとマリナ達が現れて、みんなでコースを作る事になった。そして完成。ゴールがどこにあるのかわからないとんでもないコースで、超ロングレースが開始された
次回、『川下町デンジャラスレース!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢、お前俺に何か隠してるだろ?
別に
烈矢の様子がどうもおかしい。そしてわかった。ボルゾイオープンに敗れた左京が、俺に挑戦状を叩きつけてきた。その事を知った烈矢が、俺に知らせずに、左京の待つ場所へ出かけたんだ。このままじゃビビって逃げたと思われる。烈矢、左京の相手はこの俺だ!
次回、『左京からの挑戦状』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

俺が世話になっているGEN製作所の風呂が故障した事から全てが始まった。借りたミナミのうちのお風呂も壊しちゃって、もう大変
兄貴、どうすんだよ?
俺にだってわかんねぇよ。その後ひとしのうちがやっている町のお風呂屋さんに行ってからがまた大変。なんととんでもないミニ四駆大会が始まってしまったのだ
次回、『セントー!? ショーブ! お風呂レースの熱き戦い!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

聞いてくれ、嫌がらせか何なのか烈矢のもとに、ミニ四駆の残骸と謎の挑戦状が送られてきた。それもしつこく。烈矢、心当たりは?
多過ぎてわからない
まったくお前って奴は…。そして現れた、烈矢のマシンを狙う謎のマシンとは?
次回、『見えない敵』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢のマシンが壊されてしまった。直すのなら手伝うぞ
自分で直す。兄貴の力は借りない
無理すんな
ほっといてくれ
烈矢に挑戦状を叩きつけてきた奴が、俺と勝負がしたいと言ってきた。でも今度は、烈矢のマシンを壊した奴の走り方とは全く違う。一体どうなってんだ?
次回、『敵は忍者!?』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢の時と違うマシン。あれは一体何だったんだ?同じ相手なのに、何故戦法が違うんだ?戸惑う俺を待っていたのは、自信たっぷりの挑戦状だった
兄貴、俺に黙っての抜け駆けは許さないぜ
そして俺は、挑戦状を送ってきた相手と戦う事になった。同じ相手なのに、何故戦法が違うのか?
次回、『忍者の正体!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

俺達のマシンを壊せと、ボルゾイの放った忍者は草薙兄弟だった。俺は反撃しようと思ったが、悔しい!熱を出して動けなくなっちまった
兄貴はじっとしてろ
烈矢
後は俺に任せろ
そう言った烈矢はなんとマリナと組み、草薙兄弟にチャレンジしたのだ
次回、『最強のパートナー怒りの炎雷攻撃!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

俺とマリナは草薙兄弟に立ち向かったが、マリナのマシン・ファイヤースティンガーがやられてしまった。となれば、俺一人であいつらを相手に…
ちょい待ち、俺を忘れるな
兄貴
兄弟同士の戦い、烈矢、こっちも力を合わせようぜ
次回、『驚異の合体技!! 2対2の激闘!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

俺達兄弟にとって、新たな敵が目の前に現れた。二人組のそいつらは、ボルゾイスクールのレーサーだ
ただ兄貴、俺、奴らに会った事も見た事も無いぞ
でも俺達に挑戦してきたって事は、ボルゾイの切り札って事も
そしてわかった、二人組が何者なのか
俺達が知らないのも当然だ
次回、『地獄の底から来たレーサー』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

GEN製作所にアルバイトの女の子が入ってきた
その子、ミニ四駆のファンなんだって
ミニ四駆の?
もっとファンなのは、ファイターなんだって
ファイターの?な~んとその女の子は噂以上。ひょんな事からその子とレースする羽目になっちまった
次回、『実況はまかせて! ファイターレディ見参』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢、お前っていいとこあんだな。知らなかったよ
やめろよその話は
みんな聞いてくれ、あの烈矢がミニ四駆が好きな年下の子供達に、どうしたら速く走れるか、そんな事を色々教えてあげていたんだ
よせよもう
いいじゃないか、悪い事じゃないんだから
次回、『プラズマ封印』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

グレートジャパンカップサマーレースが九州で開かれる事になった
兄貴、出るのか?
勿論。お前は?
興味はある
そんな時、源さん達が仕事で九州方面へ出かける事になり、一緒に乗せてってもらう事になった。途中、名古屋でミニ四駆大好き仲間から助っ人を頼まれた。何のって?
次回、『サマーレースだ南に走れ!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

近づくグレートジャパンカップサマーレースに備え、マシンのセッティングは完璧だ。ところで、早々と出かけた兄貴はどうしてんだろう?
俺?俺は元気よ。名古屋城で知り合ったミニ四レーサーに助っ人を頼まれたんだけど、お前一人じゃ勝てないって言われて、カチーンときて断っちゃった。でも気持ちが変わって助っ人を買って出たんだけど、とんだ目に
次回、『四人目のレーサー』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

サマーレースに出るには、予選大会に出なくてはならない。予選大会がある事も忘れて、現地に向かってしまった兄貴はどうするんだ?
まじぃよ。大坂に着いた俺は、同じくサマーレース出場に賭けているミニ四レーサー竜平に予選の事を知らされて真っ青。そこで慌てて大阪で開かれる予選大会に出る事に
次回、『GJC(グレートジャパンカップ)大予選』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

いよいよだ
サマーレースを目の前にし、俺は開催地の九州へ乗り込んだ
この日を待っていたミニ四レーサーが全国から続々と集まってくるはず
そんな中の一人、地元九州の手強いレーサーと知り合い、一緒に走る事になった
一方烈矢は、「俺はマイペース」
試合当日会場に乗り込んだんだ
勝手にしてるぜ
次回、『オレたちの走り』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

九州を舞台に、いよいよ夏の祭典サマーレースが始まった。各地から錚々たるレーサーが集まっての大レースだ
勝つのはこの俺さ
俺に決まってる
ちょっと待てよ、ボルゾイの奴らが一人もいないなんておかしいと思わないか?
そういえば…。お、俺達、コースを間違えて走ってんじゃないのか?
次回、『GJC(グレートジャパンカップ)サマー開催』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

兄貴、このコース、やっぱりボルゾイだ
俺達が走っていたグレートジャパンカップサマーレースは、あのプロフェッサー・ボルゾイに乗っ取られてしまっていたのだ
だからって今更やめられるか
地下だ、地下コースに入っちまったぞ
気をつけろ。人目がつかない事をいい事に、待ち伏せしていたボルゾイスクールの奴らが、俺達を潰しに狙ってきた
こんな卑怯な手に負けてたまるか!
次回、『レースジャック!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

ゴールがどこだかわからないコースを走るなんて初めてだ
情けないな、兄貴。奴らが走ってる先がゴールだ
そして待ってましたとばかりに姿を現し、襲ってきたのは草薙兄弟だった
兄貴、気をつけろ
何人ものレーサーが入り乱れての激しいレースの末、俺達を待っていたのはなんと、煙を吹き上げる恐るべき火山だった
次回、『死闘の果ての勝者』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢、元気出せよ
黙っててくれ、俺のマシンZ-3はもう走れなくなっちまった
そんな時、俺にはもう一つ気になる事が。サマーレース決勝戦直前に、俺達の父さんからミナミが受け取ったアタッシュケースに入っている物は何なんだ?苦心の末開けたアタッシュケースの中に入っていた物は…
次回、『オレの相棒(パートナー)』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

マシンを組み立てた烈矢が、突然出かけると言い出した。烈矢?
まず父さんに見てもらうんだ、俺が組み立てたマシンの走りを
だが、出かけた烈矢を待っていたのは、あのプロフェッサー・ボルゾイだった。そしてボルゾイが放ったマシンと対決。何だ…?烈矢が組み立てたマシンには、誰もが驚く凄い能力が秘められていた
次回、『烈矢の新マシン! ナックルブレイカー』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

アメリカから三人の凄いミニ四レーサーが日本に乗り込んできた
凄いレーサー?
何でも、名だたるレースを総ナメにしてきたチャンピオンばかりだって話だ
走りだけでも見てみたいな
そのチャンピオンと俺達が一緒に走る事になったんだけど、そいつら日本のレーサーなんかどうって事無いなんて言いやがる
挑戦状を叩きつけられた以上、受けてやる!
次回、『USAチャンプ上陸!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

前代未聞、航空母艦の甲板でレースが行われる事になった。アメリカから来た三人のチャンプと戦う事になったのは…
予選で残った俺と兄貴、そしてマリナの三人
日本のレーサーを完全に舐めきってる奴らに負けてたまるか!
カッカしなくても、奴らは俺が、ナックルブレイカーが倒す
次回、『空母強襲! ナックルストーム』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢大変だ、隠しておいたあれが犬に持ってかれちまった
あれって何だ?
俺達の間であれって言えばわかるだろ
兄貴、まさか、何であれを?
だって、大事なもんだから…
それで?
下水道に落っこったまではわかった
もたもたしてないで回収するんだ
狭い所に入っちまったら
俺達のマシンを使うんだ
次回、『一文字兄弟の秘密!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢、俺とお前にレースの招待状が来てるぞ
レースってどんな?
川下模型店十周年記念、大ミニ四駆レース
何だそれ?
サマーレースに出場したメンバーが、会場の東京に集まってくるって話だ
サマーレースのメンバー?
大吾、竜平、恵一達と、常連が大集合
九州でのリターンマッチってわけか。出てみる価値はあるな
次回、『再戦! サマーレース』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

あのひとしが、俺達に絶対勝つと自信たっぷり
結果はやる前から出ている。無駄な事だ
俺もそう思ったが、レースをする事になった。だが…
馬鹿な、ビクトリーチャンプがこんなに速かったなんて!
何故急にひとしのマシンが?
そして知った、ひとしのマシンを速くした影に一人の凄いレーサーがいた事を
次回、『ミニ四駆の悪魔ネロ・ステラ・ボルゾイ』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

烈矢、俺達の父さんがボルゾイタワーから出たぞ
何故だ?魔物ネロが現れたのと関係あるのか?
わからない
わからないのはそれだけではなかった
父さんを探してボルゾイタワーに出向いた俺達の前に現れたのは、なんとマリコ…違った、マリナだった。ボルゾイを憎んでいたマリナが、何故ボルゾイに?
次回、『マリナ父との再会』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

マリコ…違った、マリナが別人みたくなっちまった。何でだ?
背後にネロが何か関係してるのか?
そのマリナから挑戦を受けた俺は戦った。だが、俺のマシンはズタズタに
兄貴!
畜生、俺のマシンを葬った影に、ネロとマリナの父・大神博士がいる事を知った俺は二重のショックを受けた
次回、『悪夢の対戦』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

兄貴、マリナのマシンに負けたからって気を落とすな。俺が速いマシンに改造してやる
お前が?
いいから俺に任せとけって
本当に大丈夫か?あ、あぁ~
だが、逆にマックスブレイカーを壊す羽目になったちまった俺は、修理のためにボルゾイタワーに出向き、なんとそこでネロのニューマシンと対決する羽目になっちまった
次回、『史上最強の新マシンディオマース・ネロ』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

あいつは一体誰なんだ?
ニューマシンを手に入れやる気満々の兄貴の前に、一人のミニ四レーサーが現れた。そいつの名前は鷹羽リョウ。外国に遠征し、活躍しているビクトリーズのレーサーだ
誰だろうが、俺のマックスの走りにケチをつけやがって、許さねぇ!
鷹羽リョウが現れたのには、ある訳があった
次回、『完成! 新マックス豪樹VSリョウ』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

オータムレースになんと、あのネロが出場してきた
兄貴、あいつ絶対何か企んでる
企んでたってかまうもんか。勝負してくる以上、バシッと受けてやる
そして当日出場してきたネロのマシン、ディオマース・ネロは、コースその物をぶっ壊すという信じられない破壊力を秘めていた
次回、『勝者なきオータムレース』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

最強のミニ四駆とレーサーを決定するM1を開催すると、あのネロが発表
ならばと、全国に散らばっているレーサーが、続々と名乗りを上げてきた
絶対に負けられないぜ
こっちもだ
だがレースが行われるコースは前代未聞。信じられない、とんでもない場所だった
次回、『強豪集結M1開幕』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

M1の第一次予選のスタートが切られた
二次予選に進めるのはたったの十人。何が何でも勝ち残ってやるぜ
それはこっちの台詞。そして十人のレーサーが決定した
だが決勝に進めるのは五人。なんとマッチレースで決めるというのだ
烈矢、お前の相手って…
次回、『1対1』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

最強のミニ四駆ナンバーワンを決めるM1の決勝戦の時が来た
対戦相手は予選を勝ち抜いた俺達五人に、ボルゾイ側からネロ、草薙兄弟、そしてマリナ、研究員(?)
ぶっ飛んだのなんのって。決勝コースは前代未聞、ボルゾイタワーから宇宙へとぶち抜いた軌道エレベーターコース
どんなコースだろうが勝ってやる
俺が貰った!
次回、『決戦のグリーンシグナル』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

史上最大のレースM1の決勝戦がスタートした。ネロ、お前には絶対勝つ!
兄貴、その前に草薙兄弟に気をつけろ
わかってる。ネロが草薙兄弟を決勝戦に出場させたのは、俺達を潰させるためにだ
くそ~、苦戦している俺達を尻目に抜け出したのは、マリナのフェニックススティンガーだった
待て、マリコ!
次回、『悲しき追撃』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

M1決勝戦、中間点を通過。熾烈な争いになった
どうなってるんだ?草薙兄弟が仲間のネロにアタックをかけたぞ
みんなナンバーワンの座を狙ってるんだ
くそ~、俺も負けてられるか。ゴールを目指してかっ飛んでやる!
俺も負けない!
次回、『史上最大のレース』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!

決勝戦も大詰め。ゴールを目指すのは俺と烈矢とひとし、そして最大のライバル・ネロの四人だけとなった
兄貴、マリナのためにも負けられないぜ
絶対にな。あいつのためにも、ミニ四駆ナンバーワンの座は俺がつく
それは俺の台詞だ
ゴールだ、ゴールが見えた!
あれがゴール…?
次回、最終話『ゴール!!』
みんな、一緒に走ろうぜ!レッツ&ゴー!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー レッツ&ゴー こしたてつひろ ミニ四駆 コロコロコミック ダッシュ!四駆郎 次回予告 予告

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)