UN-GO

次回の原作は、坂口安吾、安吾捕物帳のああ無常ってお話なんだって
読んでみよう
えっと、モーロー車夫って何?酒手?イギリス巻?
ちょっと新十郎、これ全然違う話だし
犯人は(ピー)で、(ピー)なんて出てこなかったよね?
UN-GO、第二話『無情のうた』
で、キョクバナって何ー!?

次回の原作は、坂口安吾、安吾捕物帳の覆面屋敷ってお話なんだって
読んでみよう
へ~、光子とか文彦とか木々彦って、原作にも出てるんだ
で、駒守・稲守・水彦・土彦って、一体何人親戚出てくるんだよ
人の顔見ると倒れちゃう病気だから、覆面かぶせて育てたって、さすが坂口安吾、斬新だ
いやいや、そんな事でいいのか?
次回、UN-GO『覆面屋敷』
で、風守って誰?

次回の原作も、今回と同じ覆面屋敷
…だけじゃなくて、え?万引き一家って話も一緒になってるの?
読んでみよ~
あれ?なんか旧家で家族やら関係者やらが入り乱れて、みんなが隠してる秘密があって、何だか似てるよこの話
まさか、わざわざ安吾先生が、アイディアの使い回しをしている事を告発しようという狙いか?
僕好きだよ、そういう意地悪
ってわけで次回、UN-GO『素顔の家』

次回の原作は、安吾捕物帳の幻の塔ってお話
え?声に出して読んじゃ駄目?何でさ?
え?幾之進っていう人の名前が、漫画では島田白朗に変わってる
何だよ?僕達の出てるのテレビ漫画って言わない?
ノイタミナって後ろから読むとテレビ漫画って意味だって、泉ちゃんが言ってたよ
嘘!?ちっ、やっぱり役人は信用できないぜ
次回、UN-GO『幻の像』
それで何で名前が変わっ…

次回の原作は安吾捕物帳の…え?違う?
アンゴウって短編小説が原作なの?
秘密を隠す暗号と、安吾の名前をかけたタイトル…そんなのどうでもいいけど読んでみよう
え~~~~~ん、ええ話や
なんか目から汗が出てきたわ
こんないい話を僕と新十郎で引っ掻き回しちゃうなんて…へへ
次回、UN-GO『あまりにも簡単な暗号』
快……感…

次回の原作は、安吾捕物帳どころか推理小説ですらないじゃん
白痴って、あぁ、でも絶対やると思ってたんだ
こんな機会でもないと、今のテレビじゃ中々口にできないよね
白痴白痴ー、あ、パクチー入れないで
で、ミステリー要素は無いわ、戦争中の話だわ、これをどうやるつもり?
次回、UN-GO『ハクチユウム』
あれ?次回僕出てないの?
ちょっとちょっと、これどういう事?
あの、あのちょっと偉い人?あー!

ねぇ、僕の出番あれだけってどういう事?
僕怒らせるとどういう事になるか知ってる?
あのさ、次回は選挙殺人事件って話も入ってるんだけど、この原作先に読んどくともうすんごいネタバレになっちゃうらしいよ
言っちゃう?言っちゃう?ここで言っちゃう?
あ、実は…あ、かか、風守…、あ、ちょ、や、やめて!
わ、わかりました~!
次回、UN-GO『楽園の王』
もうやめて風守~、あー!あぁ…

誰かが殺さなければ、私が殺したかもしれません
わざわざこの犯人を探すぐらいなら、武田信玄が自然死であるか、他殺であるか、自殺であるか
その犯人でも探した方が、マシなくらいですよ
と、新十郎は苦り切って答えた
安吾捕物帳、冷笑鬼より
次回、UN-GO『海勝麟六の犯罪』
真面目なのにはわけがありましゅ
あ、いや、あります
あ~、あるの~

今回の予告も安吾捕物帳、赤罠の一節より…って、このパターン飽きた!つまんなーい!
元々この予告、僕が原作ちゃんと読めなかったり、時代のギャップいじったりしていこうという企画で始めたのに、脚本家がすっかりそれを忘れてて、今頃になってそれ思い出したからって遅いんだよ
えぇ、ぶっちゃけましたがそれが何か?
次回、UN-GO『海勝麟六の葬送』
えぇそうですよ、あの人死ぬんですよ、何か?

しかし真理という物は実在しない
すなわち真理は、常にただ探される物です
人は永遠に真理を探すが、真理は永遠に実在しない
探される事によって実在するけれども、実在する事によって実在する事も無い代物です
真理は地上に行われる時には、人間はすでに人間ではないのですよ
余はベンメイす、より
次回、UN-GO『私はただ探している』
さぁ新十郎、おしまいだ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : UN-GO アンゴ 坂口安吾 ノイタミナ 安吾捕物帖 復員殺人事件 勝地涼 豊崎愛生 次回予告 予告

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)