新釈 眞田十勇士

天下分け目の関ヶ原
東西両軍合わせて二十万近い将兵が激突し、一進一退を繰り返す
佐助が目の当たりにする幾多の戦人達
その時、膠着した戦局を左右する銃声が轟いた
次回、『関ヶ原の戦い(中篇)』
歴史の影で伝説が生まれる

小早川秀秋の寝返りが裏切りの連鎖を呼び、戦線は一挙に崩れた
大谷刑部に未来を託された佐助は、西軍武将の救出に手を尽くす
その時、島津が取った行動とは?
次回、『関ヶ原の戦い(後篇)』

関ヶ原の敗者の運命は過酷を極め、処刑、改易、減俸と、徳川による粛清の嵐が全国に吹き荒れた
そんな中、秀忠の深い恨みを買った上田、真田家の運命は尽きたかに思われたが…
次回、『流転生死』

昌幸から真田累代の幸の字を賜った信繁は、幸村と改名し、翌年には待望の嫡男が生まれ、二つの誕生に決意を新たにする
やがて海野、禰津、望月の三人も合流し、新たな戦いが始まろうとしていた
次回、『誕生』

幸村のもとに久々に集い、決意を新たにする六勇士
それも束の間、海野、禰津、望月の三名は、遠く旅立って行った
再会を固く誓い合いながら
そして佐助も、新たな密命を帯びて九度山を後にする
次回、『勇士の旅立ち』

幸村の命で、菊亭右大臣を尋ねた佐助と晴海は、そこで大名屋敷を荒らし回る怪盗の噂を耳にする
右大臣の依頼でその盗賊を追う事になる二人
小早川屋敷に網を張った佐助の前に現れたのは…?
次回、『霧隠』

才蔵を伴い、九度山へ戻ろうとする佐助と晴海の前に、謎の若武者が現れる
佐助達の素性を承知の上で、高野山に伴うようねだる、その若武者の正体は?
そして幸村と再会した才蔵は、改めて同士に加わる事を決意する
次回、『関白秀次の女(むすめ)』

江戸から上方へ向かう家康の一行を襲撃すべく、計画を立てる才蔵
気乗りがせぬままに協力させられる佐助
才蔵が仕掛けた地雷玉
まさに点火されようとした時、単騎で崖を駆け降りて、家康に襲いかかった騎馬武者がいた
次回、『家康暗殺計画』

伏見城に入った家康を追ってきた佐助と才蔵
秘術を使って更に、家康の心理を探ろうとする佐助
だがその前に再び立ちはだかる二代目服部半蔵
大仏再建を間近にした方広寺を舞台に、佐助、才蔵と伊賀組との死闘が始まる
次回、『厭離穢土 欣求浄土』

九度山を流感が襲い、幸村の側室阿梅と次女お市が病に倒れる
失意の幸村に追い打ちをかけるように、家康の将軍宣下、秀頼と千姫の婚儀による東西の和議と、天下の体制は固まりつつあるかに見える
その幸村を再び奮い立たせたのは…?
次回、『九度山の客』

幸村の密命を帯びた佐助らは、懐かしい上田に足を踏み入れた
姉のもとを訪れ、一時の安らぎを覚える佐助
だがそこはすでに敵地
かつて共に戦った真田の忍びが立ち塞がる
更に服部半蔵の伊賀組も現れ、三つ巴の戦いとなるが…
次回、『秘密』
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 新釈眞田十勇士 眞田十勇士 真田十勇士 真田幸村 戦国英雄伝説 保志総一朗 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)