キスダム -ENGAGE planet-

「目覚めよ」
「特異点が反転した!?」
原子多発地帯で一隻の豪華客船が遭遇する沈没事故
それは新たな時代の幕開けを告げる時の声
新番組、キスダム -ENGAGE planet-
第一節『終焉 オワリ』
シュウ、あなたとの出会いを私は待っていた
「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

由乃、教えてくれ。どうなっちまったんだ俺は?
次回、キスダム 第二節『虚身 ウツセミ』
まだか、夜明けは…?
「失格」

狼騎!命令約束ってうっせぇんだよ!俺だってなぁ・・・う!七生・・・
次回、キスダム 第三節『友輩 キズナ』
「今度こそ、死ねる」

(音声なし)
第四節『炎幻 カギロヒ』

鎖心、廃墟、出会い、復讐
ネクロダイバー、お前は何のためにある?
次回、キスダム 第五節『深淵 ヨミジ』

流姫那、由乃、お前が水をやってた白い花、あれ何て言ったっけ?
次回、キスダム 第六節『断罪 カクゴ』
「くっつかない、離れて離れて」

待たせたな、全国の子猫ちゃん。これからは俺が暖めてやるぜ。しっぽりとね
次回、キスダム 第七節『同死 シンユウ』
おらよ!
「負け惜しみだぞ、亜久里」

きっかけは些細な、出会いの記憶は夕日のように赤く
シュウ、全てはあの日から・・・
次回、キスダム 第八節『過刻 イマムカシ』
「けつバットは嫌だ!!」

絶望に閉ざされた世界にも、生まれ出ずる命の火は消える事はない
人類も、シュウもきっと
次回、キスダム 第九節『影雄 セイギ』
「今度は誰も死なせはしない」

例え名前は残らずとも、俺達が生きたあの日々が、時の彼方に埋もれる事はない
行け、哀羽
次回、キスダム 第十節『咎人 ツグナイ』
「その手を・・・」

夜の帳に響く鈴の音
蘇る幼い日の語らいが、僕らの軋みを癒してくれる
次回、キスダム 第十一節『碧雪 ユキオト』
「一緒に・・・」

私の家族を殺し、ライラまで奪ったハーディアン
殺す、絶対に許さない
だけどあれは・・・
次回、キスダム 第十二節『凍海 セイジャク』
「馬鹿野郎!!」

いい加減飽きてきちゃった
水着も新調させてくんないし
あ、裸覗いちゃ駄目だぞ、哀羽君
次回、キスダム 第十三節『明暗 アイシュウ』
ん?哀羽シュウじゃないの?

あの人の温もり、あの人の笑顔、白い手、優しく強いまなざし
僕の全て、許せん
次回、キスダム 第十四節『再離 サイカイ』
「来るって信じてた」

「何故我らがここに?」
「ネタが尽きたか、大活躍するかのどちらかだろう」
「後者であれば世界の運命も変わる。次回、キスダム」
「第十五節『風揺 サザメキ』」

最後の希望が産声を上げ、褐色の死神が駆け抜ける
それはまさに、雌豹の
次回、キスダム 第十六節『胎慟 ノロシ』
「これ以上私を・・・」

兄弟、お前の冷たさは涙
強さはさびた重り
私に肉親はいない、お前以外は
次回、キスダム 第十七節『拒溶 ツナガリ』

真実は輝きを失った瞳の彼方
嘘と幻が絡み合い、いつしか世界は曖昧に狂い出す
次回、キスダム 第十八節『嘘溝 マヤカシ』
とんだ王子様だな

夢を見た
姉さんとシュウが並んで歩き、私は微笑みながら少し寂しそうについていく
シュウ・・・
次回、キスダム 第十九節『離結 モロキモノ』
「聞こえちまったぜ」

生きていてくれたんだな
俺の、俺だけの由乃
何も怖くない、お前と生きていく、世界が滅んでも!
次回、キスダム 第二十節『砕愛 コイビト』

壊れていく、世界もシュウも
乃亜も乃亜の姉さんも、私も
ハーディアンは敵だ、敵でなきゃならないんだ
次回、キスダム 第二十一節『英屍 マヨイガ』

人類の希望だった彼が去り、抜け殻の私が生き残る
七生、お前も主任と共に消えてしまった
次回、キスダム 第二十二節『狂奏 ヘンヨウ』

心砕け、温もりは去り、喜びは一振りの腕に消え去った
思い描いたのはただあなたの・・・
次回、キスダム 第二十三節『妄蒐 ヌケガラ』
「ママと私」

遠き時、黄泉の歌
求めし者、伝承者の証
その存在を示すのだ、シュウ
次回、キスダム 第二十四節『光姫 オクリビ』
「未来を開かん」

シュウは旅立った、でも私達は生きている
何があろうと、命の絆を途切れさせはしない
戦うわシュウ
次回、キスダム 第二十五節『無眩 ヒガン』
「命を見せて」

「哀羽」
「哀羽」
「哀羽さん」
「哀羽」
「シュウ」
「シュウ、哀羽シュウ」
「哀羽君」
「哀羽」
「シュウ」
「次回、キスダム 最終節『始暁 ハジマリ』」
「目覚めよ」
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : キスダム ENGAGE_planet 無限機甲ネクロダイバー ネクロダイバー 小野大輔 遠藤綾 予告 次回予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)