うえきの法則

植木の大チェ~ック!不良ぶっ飛ばして、女子に好かれる才消去~
悪徳医者ぶっ飛ばして、勉強の才消去~ 
残る才の数は、9個!既に危うし植木の存在ー!
って時に、遂に遂に神様選抜選ばれし中学生どものバトルゲームが始まった~!
え?浴衣姿の中学生?あんたの力って一体何?」
「次回、『バトル開始 !! の法則』ゴミはゴミ箱に入れてね」

ちょっと!神候補が選ばれし中学生どものバトルゲームに手ぇ貸すなんて反則じゃーん!
ならこっちは、手拭いを鉄に代える力の佐野清一郎が相手になっちゃうんだから!
なーんて事言ってたら、綿を杭にする力の能力者登場~
次々襲い来る植木のライバル~…って、どうすんの?」
「次回、『才の法則』ゴミの分別は正確に!」

ぅわちょぉー! 木の法則の秘密発見~。それによると、己の才を増やすも減らすも自由~
型にはまらない自分の法則を作り上げる事ができるバトルー!
何言ってるかさっぱりわかりませ~ん。てな時に、すっごい能力者現る!
能力者なのに能力使わない中・国・人~
てへっ?
「次回、『体術の男!李崩の法則』この強さ、ありえねぇ」

岩窟王って何なのよ?だいたい能力使わないのに、ちょっと強すぎだってーの!
って言ってる間に、またまた新たな敵!テストぉ!?おっ、今度は弱そ~、ラッキー!
でもでも本当の敵、宿命のライバル現る
噂じゃ、あいつには気をつけろ~とか、手を出すな~とか。ふんっ、一体あんた何様よ!
「次回、『最強能力者ロベルト・ハイドンの法則』はっきり言って、まずいかも」

う、う、噂のロベルト・ハイドン現るーー!
空からシャボン玉で登場
ちょっとプリティ、なーんて思ったら大間違い
本気で怒ってる植木を手玉にとって、ボッコボコのバッコバコ
さらば植木~って感じ
その時、正義の味方現る!…って、コバセンかよ~
ん?神候補って、バトルの手助けしちゃいけないんじゃなかったっけ?
「次回、『さらばの法則』さよならなんて、言わせない」

今明かされる植木の法則、その衝撃の真実
おいおい、人にそんな厄介な事押し付けといて、勝手にいなくなんなよコバセン!
ん?新しい植木担当の神候補?やっぱりバトルやめられないのか~
って言ってたら、頭をダイヤモンドに代える力の能力者現る~?
すげっ!一体何カラットだよ、その頭!
「次回、『コバセンの法則』俺の正義は、コバセンの正義だ!」

じゃじゃ~ん!久々に植木の才、チェ~~ック!
えっと、残りたったの9、…って、たった9個かよ!
今回戦った奴は、215個も持ってたのに、あんた何でそんなに少ないの?
ひょー! 次の相手は、才数299ですと!強者現る!
その名も、鬼山紋次郎!略して、鬼紋!…何で略すんだ?
「次回、『正々堂々!鬼紋の法則』植木耕助、略してキスケ!えっと、何で?」

ぬおーーー、鬼紋強~し!とか思ってたら、何で鬼紋が植木を特訓してんのよ?
何々、あのロベルト・ハイドン率いる、超強力な能力者集団ロベルト十団に対抗するため…ですとー!?
その中の一人、黒影の男が、既に影をクレイマンに変える力で植木を狙ってるですってー!?
「次回、『鬼紋の特訓の法則』で、クレイマンって何?」

何ですと!?黒影の力って、影を粘土の人形、クレイマンに変える事ができる力ですって!?
だからって、あんな馬鹿でかいのや、自分の分身ぞろぞろ出したりすんのありかよ!
黒影、一体何があなたを変えてしまったの?
挙句の果てにこの私の分身出現~。ちょープリティーぷりぷり、ってちょいキモッ
「次回、『むくわれぬ正義の法則』これが俺の生き方なんだ!」

おっと、黒影の次は白影の男!?って事は、赤とか青もいんのかよ?
で、あんたの力って、嘘ぉー!影をロボットに変える力ですとー!
危機、また危機の大ピ~ンチ!おまけに残りのロベルト十団続々登場!
はぁ?その十団が植木をスカウトにやって来たですって!?
どうなってんの?
「次回、『「ロベルト十団」の法則』俺、入ります」

入団テスト!?ロベルト十団に入るには試験がいるの?聞いてねぇよ!
なのに、さすが植木、超逆らって滅茶苦茶十団の奴ら怒らしちゃって、それでもお前は人間かー!
って思ったら、ビックリドッキリ、ただの人間じゃなかった!
今明かされる衝撃の新事実~!やっぱり植木は宇宙人だったのか~!?
「次回、『天界人の法則』十団は、俺が倒す!」

一体アレッシオって何者なのよ?巨大な大鎌振り回して、植木またまた大ピン~チ!
その時現れた巨大生物
うひょぉ~!宇宙からの侵略者か?それとも神か悪魔か?こんなのありかよ~
ロベルト十団相手にしてる場合じゃないじゃん!
植木、あんた一体どうすんだぁ?
「次回、『天界獣の法則』そう簡単に食われてたまるか!」

なぬぅ?!アレッシオを倒した事自分で白状しちゃって、何考えてんのよ植木~!
ほら、巨漢のドンちゃんが怒っちゃって、見かけ通り凄いパワーと指輪をロケットに変える力で、ドンちゃん・爆・発~!
やっぱ、実力の違いまだまだあり過ぎ。どうすんのよ!?
何々ぃ、植木がパワーアップする方法があるってか?!
「次回、『覚醒臓器の法則』俺は絶対に強くなる」

く~、さすがロベルト十団、次から次へと出てくる出てくる
植木、本当にあんな強い奴ら、あんた一人で倒せるの?
とか言ってる間に、次は料理の鉄人マルコ・マルディーニ登場~
ついでに鈴子・ジェラード登場~
って、二人がかりかよ!おっと、その何かに揺れる乙女の瞳は~・・・何だ?
「次回、『鈴子の法則』俺はお前を信じる!」

ほーら~、植木ったら立て続けにバトルするから、ふ~らふ~らのぼ~ろぼ~ろで限界ギリギリ
どうすんのよ?!あ、何だそりゃ?治療獣で治療中~ってか?
けど、植木と鈴子ちゃんの裏切りバレバレで、怒った鬼とベッキーがやって来た~!
どうでもいいけど鬼、あんた本当に中学生か?
「次回、『新天界人(ネオ)の法則』パワーアップ完了!」

自称十団最強、明神太郎。あんたそれって反則だろうが!何で一人で2つも能力持ってんのよ!
天は許しても、あたしゃ許さん!
久々登場の神候補・犬丸まで連れて、この森あいが助っ人に参上~!
えっ?これまた久々の登場、佐野清一郎が大ピンチですと!?・・・何で?
「次回、『二つの能力(ちから)の法則』お前の弱点、見つけたぜ」

え~!?植木がパーティーに招待されたですって!?羨まし~
招待してくれたのは、あのロベルト!ますます羨まし~…くねぇよ!それって完全に罠じゃん!
しかも十団の新メンバー佐野清一郎が待ち受けてるし、おまけに鈴子ちゃんが植木の事攻撃してるし!
一体全体、人間関係どうなってんだよ~?
「次回、『戦慄!ドグラマンションの法則』俺達はお前の仲間だ!」

意外に手強い電気をお砂糖に変える力~
その限定条件を見つけない限り、植木に勝機な~し!な~んとかしろ~!
よーし、こうなったら植木チーム究極の隠し玉、普通の中学生・森あい、出撃しまーす!
相手は必殺のハンター・カバラ!…って、マジかよぉ…
「次回、『コサックダンスの法則』なぜ踊る、森?」

遂に三回戦突入!対戦カードは鈴子・ジェラードVSハンターカバラ
って、何で鈴子ちゃんがねずみになっちゃってんの?
「次回、『ネコとねずみの法則』にゃんちゅー戦いだ~」

植木、佐野清一郎と戦いたくないからって、引き分けにしようなんて甘~い!
私が許しても、敵のカルパッチョが許してくれないんだから
でもでも、な~んかやっぱ佐野の様子おかしいんだよね~
おまけに巨大縄跳びがグルングルン回ってて、戦いにくいったらありゃしない
そして遂に明かされる、佐野、ロベルト十団への入団秘話
「次回、『佐野清一郎の法則』俺はお前を倒す」

バトルの相手が佐野じゃこれ以上戦えないじゃん
その時、犬丸のおじさんが最後の切り札を放った!
え?それって私?
「次回、『犬丸の法則』そりゃ反則だろう…」

そんなのありかー、カルパッチョ!
ロベルト十団全員の力を保持してるなんて無敵じゃんかー!
力総登場~って感じで植木大ピーンチ!
更にそれ以外の力も持ってるですって?
何々?植木の考えてる事が分かっちゃう力?
ますます大ピンチ!
そして今明かされるロベルト・ハイドンの悲しき過去
「次回、『植木VS十団の法則』ロベルト、俺と勝負だ!」

知らなかったわ、ロベルトの悲しすぎる過去
だからって何も世界を消さなくったっていいじゃん
とか言ってる内に二人の戦いが始まった!
で、ロベルトの力って、理想を現実に変える力…?
えっと、絶対に当たるくろがね~とか、絶対に壊れないフード~とか…そんなの出されたら勝てないじゃん!
「次回、『少年ロベルトの法則』強くなる事、それが俺の正義だ!」

植木~、どうしてロベルト助けてんのよ?そんな事したってあいつの憎しみは消えないんだから
ほ~ら見た事か、エスカレートしたロベルトの攻撃であんたぼろぼろじゃん
え?神器も使えなくなってんの?最悪~
その時地獄の底から蘇った、最強のあの親父は~!?
「次回、『復活! コバセンの法則』仲間は俺が守る!」

ちょっとコバセン、いきなり現れて第一次選考終了ってどういう事よ?
おまけに一時休戦って、やる事が全然見えないんだけど
だいたいあんた囚人じゃなかったっけ?
え?神様の使い?何じゃそりゃ?
その上、私、森あいがバトルにエントリーですと?
聞いてないよー!更に更にロベルトのライバル出現か?
「次回、『恐怖! アノンの法則』俺はもっと強くなる」

え~!?遂に二次選考が始まりですって?
試合は何とチーム戦
1チーム五人までなら誰と組んでもOK
植木に佐野に鈴子ちゃんに私。で、あと一人。って事で新しい能力者の仲間探しが始まった
鈴子ちゃんの推薦の超強力助っ人、その名は宗屋ヒデヨシ
あんたの能力って一体?
ん?なんなんなのその力は?
「次回、『ヒデヨシの法則』ぶっちゃけ~、すごいぜ」

きゃー!一体なんなのよあのザックっていう神候補は?
あんな卑怯な奴が神様目指してていいのか?
でもあいつがヒデヨシの担当神候補だって言うから、話がこんがらがっちゃうんだよね
で、まだヒデヨシの勧誘を諦めてないみたい
今度は子供達人質にとって、そこまでやると~!?
うわ、ざっくり!じゃなくってびっくり…
「次回、『たいようの家の法則』ぶっちゃけ滑ってるかも…」

やったー!テンコの覚醒臓器で、植木8つ星レベルに実力アップ!
え?8つ星じゃ満足できないから、即9つ星に挑戦ですって?
って事は、後ちょっとでスーパー天界人・植木誕生ー!ってわけ?すっごーい!
でも世の中そんなにうまくいくわけない
そのためには、テンコが…テンコが…
「次回、『死なないでテンコの法則』俺はお前が必要なんだ」

遂に!遂に二次選考が始まった!
さぁどっからでもかかってらっしゃい!
って何それ?こんなのが二次選考なの?
んでもって、あっという間に三次選考突入~!
いたいたいた!世界のあちこちから集まった超強力能力者の中学生達が
でもって、最初の対戦チームはご覧のチームで、宝探しで勝負
宝探し…?
「次回、『三次選考の法則』それでもやっぱバトルだぜ」

どうなってんのよこの三次選考は!?
せっかくチーム組んだのに、皆バラバラに戦ってるじゃんか
え?でも佐野と鈴子ちゃんは二人で戦ってるですって?
相手は?ムーニンとパステロ
なんかこの二人すっごいチームワークいいんですけど
佐野、鈴子ちゃん負けないで!二人の最強チームワーク見せちゃいなさいよ!
って、あんたら最強に仲悪いじゃん!
「次回、『最強タッグの法則』チームワークは愛だ!」

やったー!今回の戦いで、植木チーム3勝0杯
残り二人を倒せば、私達の完全勝利確定~!
って事で、残りのメンバーは写真をオブジェに変える力のペコルと、オブジェを実物に変える力のグラノ
これって楽勝~…と思ったら大間違い
グラノの力が凄すぎ。何で巨大ロボットがこんな所に出てくんのよ!?
「次回、『本当の強さ!の法則』降参なんて絶対しねぇ」

ちょっと植木聞いた?次の対戦相手のマリリンチーム相当強いらしいわよ
なんせあの卑怯者のカプーショチームをあっという間に倒しちゃったんだから
え~、あの笑顔が不気味~。一体どうすんのよ?
と思ったら修行オタクの李崩登場
え?マリリンチームに勝ちたければ自分と戦えですって?
おいおい、どういう理屈だよ?
「次回、『激突! 植木VS李崩の法則』やるからには本気だぜ」

遂にあの強豪、マリリンチームとのバトル開始
何?私達をたった四分で倒すですと?
そんなはったり、ぺっぺっぺ…って言いたいけど、あいつら戦闘邁進軍団か?
クールで切れ味一番って感じの戦い方
って、つ、つよー!
鈴子ちゃんがあんな事やこんな事されて、いや~
植木~、どうすんのよ~?
「次回、『マリリンチームの法則』俺は、逃げる!」

植木~、あんた何て素晴らしい人なの
私達のために自らを囮にするなんて~
でもマリリンチームの強さは半端じゃなかった
あいつらって、子供の頃から鍛えあげられたスーパーグレートにしてウルトラハイパーな戦士だったのだ
んでもって、植木に襲いかかるバロンって奴がこれまた凄い
ナイフと肉弾戦の殺人鬼~
「次回、『はかったなあぁぁああ! の法則』アイツら、マジ強いぜ」

おうおうおうおう!マリリンチーム!
助け合いの精神のどこが悪いってのよ
言ってはなんだけど、私達はね、助け合わなきゃあんたらみたいな戦闘のプロにかなうわけ無いだろが
けどけど、それでも奴らの力はマジすげ~って感じ
植木~、早く戻って来てよ~
「次回、『仲間の証明の法則』皆、待ってろよ」

げ、マリリン強すぎ。佐野大ピーンチ!
その時、遂にあの男が立ち上がった
その名は、騙しの天才、宗屋ヒデヨシ!
「次回、『神器の弱点の法則』」

一体何なのよマリリンの力って?
何であんな一瞬で連続攻撃できちゃうわけ?このままじゃ植木がピーーーンチ!
え?大ピンチは植木だけじゃないですと?
佐野がマシュー相手に大苦戦
や、やっばー!佐野がやられてしまうー!
その時佐野の力に奇跡が起きた
もしかしてそれって?
「次回、『佐野・覚醒!! の法則』その力、すっげぇ」

植木、あんた本当に大丈夫なの?
マリリンの力は1秒を10秒に変える力っていう、とんでもない力なのよ
その上マリリンは生まれながらの戦闘マシン
戦いは私の生きがいですの、ほーほっほっほ・・・何て笑っちゃうような奴なのよ
え?でもでも何でマリリンの奴泣いてるの?もしかしてあんたって…?
「次回、『閉ざされた心の法則』俺はお前とは戦えねぇ」

どーーんと97%…って、何よそれ?
何々?メモリーと私の勝敗及び勝率ですとー!?
って事は、私がメモリーに勝てる可能性は、たったの3%ー!?
うえーーん、助けろ植木~!ヒロインが大ピンチって時に何やってんのよ!
その時、遂に、来た来た来た来た来たー!私の力発動ー!!
「次回、『素晴らしい『あい』の法則』森、来てます」

不戦敗!?それも唯一楽勝って感じだったカプーショチームに?
アノンの奴ぜってぇぶっ飛ばす!
だけどそのアノンに勝つには、いくら植木でもレベル2の力を手に入れない限り絶望的
どうすんのよー!?
その時植木の前に現れた一人の親父
この親父こそ…
「次回、『本物と偽物の法則』この親父、一体何者?」

ななななぬ~!?今度の相手は天界人ですと?
それもチーム全員が天界人の天界人軍団
一体全体どうなってるの?
そんなの反則じゃねぇのかよ?責任者出てこーい!
だいたい何で天界人が地獄人のアノンに協力してんだ?
一体あんたらの目的ってなんなのよ!?
「次回、『バロウチームの法則』その強さ、半端じゃねぇ」

どうなっちゃうの?ディエゴVS佐野の真の男勝負は?
とか何とか言ってる内に、始まっちゃったよ第三試合!
何々?天界人チームはIQ.179のキルノートン
対する植木チームは、うわぁー!私!?森あいかよー!?
だったら私の力って、あのとっても恥ずかしい限定条件クリアしなきゃ使えないんだぞー!
どうすんだよー!?
「次回、『ぶりっ娘ポーズの法則』」
森、いっきまーす
「…え?」

何々?一体バロンの力ってなんなのよ?
それがわからなきゃ戦いようがないじゃない
佐野、起きろー!いちゃついてる場合じゃないだろがー
よぉし、こうなったら必殺の、植木レベル2へホップ・ステップ・ジャーンプ
…って言いたいけど、何ですとー!?
植木がレベル2になるためには、えー?そんな事しなくちゃあかんのかい?
「次回、『植木・レベル2! の法則』俺は絶対に、なる!」

相手の能力を元に戻す力?凄すぎてわかんない
問題は植木がその力を使いこなせるかって事よね
「次回、『過去からの攻撃の法則』俺は、何もしてない!」

ちょっと、突然登場のこの少女は一体誰だ?
植木春子って名前からして、もしかして植木の関係者?
その人が神様とどういう繋がりがあるっていうのよ?
んにゃ?二人の出会いがこのバトルを始める切っ掛けだった…ですとー!?
んな事言ってる間に、何故か何故か神様とアノンの父ちゃんマーガレットがマジでバトル始めちゃったー!何で!?
「次回、『神と少女と未来の法則』俺、今夜はカレーだ!」

遂に遂に、最後の戦い四次選考がやって来たー!
この戦いに勝ったら、あの空白の才が手に入っちゃうんだよね~
あ~、どうしよ~。考えただけでも気絶しそ~
あ、ちょっと待てー!その前に何で神様とマーガレットが戦ってんのよ?
更にアノンまで乱入しちゃって、四次選考はどうなちゃうんだー!?
空白の才はどこ行っちゃうんだー!?
「次回、『神になったアノンの法則』ど、どういう事だ?」

えー!?今すぐ四次選考スタート?
っていうか、何でアノンが仕切ってんのよ?
なぬ~?一番最初にアノンを倒した奴が優勝?誰と協力しようが構わないですと?
そりゃあんまり舐めすぎってもんじゃあ~リませんの?
けど、体術オタクの李崩がヤバヤバ
って事は、今の植木じゃかなわないって事?
「次回、『第四次選考の法則』明日がないなんて、言わせない!」

何ですと~!?
植木を十ツ星にしてやるから自分の腹ん中に入れですって?
そんな事したら食べられちゃうじゃない?
でもこのままじゃアノンに100%勝てそうにもないし、佐野も鈴子ちゃんも大ピーンチって感じだし
どうすりゃいいのよ~!?
しゃあ!こうなったら私、森あいが、ファイトー!いっぱーっつ!
「次回、『十ツ星の法則』愛が地球を救う…ってか?」

飛びます飛びます、植木レベルアップに大成功!
よぉし、こうなったら一気にアノンをぶっ倒せー!…って言いたいんだけど、アノンも本気の100%で向かって来た
最終兵器、十ツ星神器魔王ですって?
だったら植木だって十ツ星神器出しちゃうんだから
…って、何じゃそりゃ?それがあんたの最終兵器かよ!!
「次回、『植木VSアノンの法則』やっぱこれっきゃない!」

うっひょ~!アノンがゲロゲロべー
飲み込んでたロベルトを開放したって事は、アノンを傷つける度に、植木の才数が減っちゃうって事?
って、あっという間に残り3つですと?一体どういう攻め方してんだよ?
もし、もし才の数がゼロになっちゃったら植木消滅!?
「次回、最終決戦『空白の才の法則』皆と会えて、よかった」
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : うえきの法則 福地翼 うえき 少年サンデー 朴璐美 川上とも子 保志総一朗 予告 次回予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)