ああっ女神さまっ

女神のいた聖なる場所、それは六畳間。ベルダンディーと名乗る彼女は歌うように告げる
あなたの願い叶えます
次回、『ああっ信じる者は救われるっ?』
本当に六畳間でいいんですか?

人はさまよう、約束された地を求めて
女神の指す方角へ進む時、人は心休まる場所へと到る
次回、『ああっ修業と我が家と女神さまっ』
神様がお寺に住むのって、どうなんですか?

女王様。世界の頂点に君臨し、美と力で人々を導く者
二人の出会いはやがて新たな火種となる
次回、『ああっ女王さまと女神さまっ』
学園の女王の座ぐらいでムキにならなくても…

相対する存在が共に暮らす時、そこに新たな関係が生まれる
それは男と女、女神と人間も然り
次回、『ああっひとつ屋根の下でっ』
これは蛇の生殺しってやつですかぁ?

故郷を後にし、彼女は新天地へと向かう
それが人と女神の安住の地を、脅かす事になるとも知らず
次回、『ああっ掘り出し物に恵ありっ?』
え~~~~、また家探すんですか?

人は足掻く、女神の心が計れずに
女神は考える、どうしたら、かの人に喜んでもらえるかを
次回、『ああっ想い伝える場所っ』
いくらバイクが好きだっていっても…

血の繋がり、それは運命の繋がり
女神であっても、その繋がりは何ら変わる事はない
次回、『ああっ偏差値30からの恋愛受験っ』
白衣の女神って、どうなんですか?

女神達の微笑みは太陽の如く降り注ぐ
女王様は嵐の如く怒り、その眼差しで二人の私生活を探る
次回、『ああっ女王さまと女神のヒミツっ』
戦いの狭間で、人類滅亡の危機!

女神に魅了され、女神を独占しようと企む男
かぐ者の卑劣な行為は、ついに女神の逆鱗に触れる
次回、『ああっ自動車部は勝てますかっ?』
ラリーなのに、オート3輪ってぇ

暗黒の世界より召喚されし悪魔
女神への復讐に燃える彼女は、人を異形の者へと変える
次回、『ああっ悪魔が来たりて災いを成すっ?』
え~、もしかして俺、一生この姿なのぉ?

女王様の目覚めを邪魔する悪魔の高いびき
ベッドでの二人の出会いは、人と女神の関係に亀裂を生じさせる
次回、『ああっ女神と女王を天秤にかけてっ?』
違う!俺がずっと側にいたいのは君なんだよ!

毎日が風の音と共に美しく流れていく、それは二人にとっての愛を紡ぐ音
全てはあの一言から始まった
次回、『ああっ女神さまっとの交換日記っ?』
これからもずっと側にいて欲しい

女神が地上界にもたらす物は幸せだけではなかった
次元の歪からバグと共に現れたのは、果たして…
次回、『ああっお姉さまっは誰のものっ?』
も、もしかしてライバルの登場!?

ライバル、互いを認めながら戦う運命にある者
二人の妹は己のプライドを懸け、操縦桿を握る
次回、『ああっ対決という名の教育実習っ?』
だからって巨大ロボはないだろ!

創造されし物、その名は機械
心持たぬ彼は、女神の愛によって魂を得る
次回、『ああっ女神に心奪われてっ?』
こいつの電気代、月に幾らかかるんだろう

悪魔は憤り、女神に復讐を誓う
そして魔人は蘇り、人に不幸を撒き散らす
次回、『ああっ災い来たりて茶柱立つっ?』
だから辞令(?)は走り、女の子にさらわれるぅ?

心の傷、簡単には拭えない過去からの呪縛
しかし、人はそれを乗り越え、未来へと到る
次回、『ああっ才能と努力って何ですかっ?』
いくら特訓だからって、家に住み込まなくても

海、生命の起源にして、心休まる場所
大自然に擁かれた女神は、身も心も裸になる
次回、『ああっ運命の告白は月の下でっ?』
恵、俺の勇姿を見守っていてくれよ

恋の種、何者をも魅了する愛の媚薬
女神がそれを口にした時、秘めたる想いが溢れ出す
次回、『ああっそんな瞳で見つめないでっ?』
ど、どうしちゃったんだ、ベルダンディー!?

ある夜、久々に訪れた二人だけの時間
しかし、それは試練の幕開けだった
次回、『ああっ女神を救えっオトコならっ?』
せっかく二人っきりになれたのに、この姿って…

せめぎ合う純白の心と黒き血脈
そのバランスが崩れた時、彼女は恐怖の運び手となる
次回、『ああっ悪魔のささやきは壷と共にっ?』
ああっ、俺のバイクが大変な事にぃ!?

迫り来る恐怖の大王の猛威
魔に見入られた彼女は、ついに禁断の力を解放する
次回、『ああっ救世主は笛の音と共にっ?』
ロボットの次は怪獣大決戦ですか?!

暴走を始めるプログラム
それはやがて女神と人間に最大の試練を与える事になる
次回、『ああっいつもキミと共にっ』
螢一さん、私、あなたに会えてよかった
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : ああっ女神さまっ 藤島康介 ベルダンディー 井上喜久子 冬馬由美 久川綾 伊藤美紀 予告 次回予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)