機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

広陵と広がるオーストラリアの大地に、ジオン残党と連邦の死闘は続く
遂に実戦参加したウラキを襲う試練の波
ガンダム2号機を目の前にとらえた時、ウラキは見た!
敵パイロットの比類無き力
『終わりなき追撃』

朝霧に消えたガンダム2号機、慰めの言葉もないニナ
瓦解した基地の風はコウの心を荒ませる
そして新しき仲間達との対立
試作1号機のパイロットは誰か
『出撃アルビオン』

ガンダム2号機を追い求めさまようアルビオン
そこは、遙かなるアフリカの大地
灼熱に立ち上る陽炎はクルーの焦燥を誘うのか、パイロット達の諍いは更に熱くウラキを焦がす
焦りが不協和音となって響く時、ジオンの亡霊は再び目覚める
怨念はアルビオンをも砕くのか
『熱砂の攻防戦』

ささいな一言、ささやかなすれ違い、波紋はあまねく銀河へ広がる
鉄の意志、デラーズ・フリート
その大いなる言葉が宇宙を揺るがす時、新たな強敵がウラキのガンダム1号機に立ちはだかる
撃たれゆくガンダム
ウラキの窮地に、運命の波はニナを笑った
『ガンダム、星の海へ』

大破したガンダム1号機を、ニナはアナハイムに眠らせた
消沈と暴威、パイロットとしての自信を失ったウラキはフォンブラウンをさまよう
閉じゆく心、冷えてゆく魂
若き日の夢を夜の闇に置き忘れる時、一人の男が彼の前に現れた
『フォン・ブラウンの戦士』

ガンダム1号機はフルバーニアンとなって蘇り、ウラキは再びその傍らに立った
その本来の姿に瞳輝かせるニナ
しかし、運命は人に試練を与える事を止めない
ニナに、ケリィに、ウラキに…
もつれた糸は緩む事なく、今、月面の攻防の幕を開かせた
『蒼く輝く炎で』

人は数多の中に己を知り、我を持つ者は彼を求める
策謀は空に共有の会合点を結び、結ばれた銀河は戦いの予感にうずいた
疲れ果てたバニング大尉
その囁きは来るべき嵐の前触れ
運命は再びウラキの魂に試練を刻んだ
『策謀の宙域』

ソロモン、そこは連邦軍の手に落ちるまでそう呼ばれていた
いや、今もそう呼ぶ男達がいる
脳裏をよぎるかつての栄光と誇り、そして敗北と挫折
居並ぶ連邦の艦隊を前に、この孤独の夢想家は何を見るのか
再び悪夢は訪れる
『ソロモンの悪夢』

コンペイトウに光は溢れ、激震の宇宙(そら)は泣いた
満ちゆくデラーズ・フリートの策
そして、晴れる事なきウラキの屈辱の念
ガンダム1号機対2号機、その宿命の最後の戦いが始まった
朧なる星の屑はウラキの眼前にあった
『激突戦域』

プラズマの中に星の屑は目覚め、月は孤独なるコロニーを引き寄せた
今必要なのは時
アルビオンはガンダム3号機を求めて、ラビアンローズを訪ねる
止めようのない時計の針、苛立つウラキの心
そそり立つガンダム3号機の眼前で、時はニナに決断を迫っていた
『ラビアンローズ』

阻止限界点、それはコロニーの落着を防ぐ事のできる限界
阻止限界点、それは全ての終わり
ここを超えて人は運命を変えはしない
ガンダム3号機、ノイエ・ジール、宿命のウラキとガトー
それぞれの限界まであとわずか
地球まで、あとわずか
『強襲、阻止限界点』

裏切りの宇宙(そら)を覆い、陰謀は満ち、新たな時代は顔を出す
遂にコロニーは地球を巡るのか
そしてその中で恩讐の再会
今、ウラキが戦いの果てに見る物は…
時は移ろい、0083の幕が閉じ行く
『駆け抜ける嵐』
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : 機動戦士ガンダム0083 ガンダム0083 ガンダム ソロモン 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)