ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第二幕

ここから二日で、ルクスに行けるルートがある
こいつは死神蜂のスパイだ!
レガールは、私の生まれ故郷だ。両親が、殺された場所さ…
廃墟の町、レガール。そこには今も無残な戦禍の爪跡が残っていた。故郷の土を踏みしめながら、ティナは何を思うのか?
次回、ウエルベールの物語『疵跡の章』
ずっと見張られている

こいつに合う弾が欲しい
震えているな。そんな事で実弾など撃てるのか?
これは私の問題だ
私はあなたを信じます
揺らぐはずのない決意を胸に、死神蜂の男のもとへと向かうティナ。そこにいたのは、男の帰りを待つ老婆と、一人の少年だった
次回、ウエルベールの物語『秘密の章』
一発あれば、十分だ

シェリー見ちゃったベル~。ティナが兵隊さんとイチャイチャしてるとこ
私が、ガラハドに恋…?
お前本当にガラハドの事好きになっちまったのか?
相手への思いは自分を傷つけ、真実の気持ちは相手を傷つけ、互いの思いをからませながら、ティナとジンが選ぶ道とは?
次回、ウエルベールの物語『傷心の章』
ティナ、俺と結婚してくれ

あなたを見ていると、つい姫だという事を忘れてしまう
私、ガラハドの事が好きになっちゃったんだ
…!
友を思い、人を愛する事に苦悩するリタ。ガラハドもまた、心の闇と向き合っていた
次回、ウエルベールの物語『流転の章』
俺の命、今度はお前に、委ねよう

二つの組織のどちらか一方のドンの胸に、死神蜂の刺青があるという噂だ
売り物ってのはそいつか?
二人目の死神蜂の男がいる街は、地下組織による利権争いが行われていた。一行はその渦中への潜入を試みるのだった
次回、ウエルベールの物語『抗争の章』
あなた達のボスにお話があります

私、ガラハドに思いを伝えようと思うんだ
…!
俺からもお前達なら大丈夫だ
ウエルベールへ向かう一行。そこでリタは、ティナの決意を知り、友情と愛の間で苦しむ。その一方でガラハドはある決心をしていた
次回、ウエルベールの物語『別離の章』
同情なんかごめんだよ!

実は、私は王家から新型の戦車を作るよう頼まれたのです
何としても明日までに、戦車を捜し出すのだ
ボルジュラック誕生の裏にある秘密。戦車に命を懸けた男と、それを探って動き出す男達の思いとは?
次回、ウエルベールの物語『追憶の章』
吾輩はジラノ・ド・ボルジュラックと申す

陛下、私はリタ姫の事を、心からお慕い申しております
一国の姫君を娶り、且つ、守るに相応しい男か、この俺が見極めてやる
ついにウエルベールへと辿り着いた一行。そこで思わぬ出会いが、ティナを待ち受けていた
次回、ウエルベールの物語『死神蜂の章』
お父様、私はガラハドを愛しております

一国の王子が、他国の外人部隊にいたなんて…。そんな事あるわけねぇ。きっとあの口笛は単なる偶然
ティナの前に立ち塞がる皮肉な真実。その頃、サンガトラスでは不穏な影が…
次回、ウエルベールの物語『暗殺の章』
どんな事になっても、私、リタが好きだから

ティナ達は、一刻も早くウエルベールから逃げて下さい。今ならまだ間に合います
皆の者、絶対に上陸させてはならんぞ
ついにウエルベールとグリーダムの戦いの火蓋が切って落とされた。それぞれの覚悟を胸に秘め、戦場へと向かう一行
次回、ウエルベールの物語『開戦の章』
あれが、レオンガルド…

罪のない私の両親を、ボロ布のように殺しておきながら、あんた…勝手すぎるぜ
ご機嫌うるわしゅう、兄上様
決戦の場に待ち受けていた、深く暗い憎しみの渦。運命が人々を死へと導くのか?
次回、ウエルベールの物語『天命の章』
リタ、愛している

押し付けの王、押し付けの国。私は兄上の家来ではない
行かなくちゃ…。リタが、待ってるんだ
結んだ約束、繋いだ絆。愛する人を守るために、平和な日々を取り戻すために戦った二人の運命は…?
次回、ウエルベールの物語、最終回『結実の章』
いやーーー!
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : ウエルベールの物語 トランス・アーツ 高橋美佳子 竹内順子 チョー 杉田智和 浪川大輔 予告 次回予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)