アルジェントソーマ

幸せな出会いと、不幸な出会い
出会う事に意味があるのではなく
出会った事に意味があるのだ
次回は、死と少女と

惹かれ合う二つの魂
それは純粋ゆえに美しく
危険な色を帯びる
次回は、少女と出会いと

導く者は天使か悪魔か
生きていくために時に人は
憎しみにすがりつく
次回は、出会いと憎悪と

覚悟しなければならない
剣を持つ者は
また自らが剣によって滅ぼされる事を
次回は、憎悪と争いと
 
あるいは焼け落ちた記憶
在りし日へと続く道
茨の殻が白いリボンのよう
次回は、争いと逃避と

寂寥のフォトグラフ
まぶたの裏の感光紙は、ただ黒く
見慣れた昨日すら
次回は、逃避と追憶と

追憶の空を羽ばたくも
羽はむなしく
二人、籠の中のカナリア
次回は、追憶と孤独と

ゆりかごの夢を見ない
この塔に一人
それならばと手を差し伸べて
次回は、孤独と哀と

ただ憎め、殺せと
巡り回る殺意の輪
永久のプレリュードとして
次回は、哀と殺意と

かりそめの名を叫ぶ
憎しみのメリーゴーランド
止める事も降りる事も許されない
次回は、殺意と裏切りと

絶望の背徳者は叫ぶ
我が手には錆びた槍すらないと
悪夢が血に舞い降りた
次回は、裏切りと絶望と

眠りし龍をゆり起す者がいた
しかし英雄はいない
憎しみや暗黙のルールに従って
次回は、絶望と希望と

混迷の時は明ける
白夜によって
真実は路傍の石
そこかしこに無数に転がって
次回は、希望と混沌と

死神は遅れてやって来る
ヴァルハラには死者の魂が溢れているからだ
次回は、混沌と葛藤と

悪夢には必然に続く理由がある
呪われた声で歌う
そこは再生の墓所
次回は、葛藤と決意と

過去は舞い降りた
雨土を駆け抜ける者よ
告白は強い毒をもって
次回は、決意と過去と

羽の折れた鳥は空を見つめたまま死ぬ
故郷の森に想いを馳せながら
次回は、過去と大罪と

囚人を繋ぐ重き鉄の錠
束縛と戒めの証
契約のリングと等しく
次回は、大罪と戒めと

踊る死神達は叫んだ
命を刈り取る鎌
終局が目覚める薄暮
次回は、戒めと覚醒と

吟遊詩人のごとく伝えしは
去りにし日々
慟哭の歌が響いた
次回は、覚醒と真実と

正気を保つのは難しい
終局の朝にはなおさら
ラプソディーが鳴る中で
次回は、真実と破滅と

全てを失った
掌に残された物
それはひとかけらの勇気のみ
次回は、破滅と勇気と

戦う事が勇気ならば
憎む事が愛ならば
その時彼は明日を見据えた
次回は、勇気と愛と

彼が怒る
彼が泣く
彼が笑う
彼に…会いたい
次回は、愛と再生と
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Tag : アルジェントソーマ 次回予告 予告 アニメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)